入学案内社会人の方へ

幅広い年齢層の学生が切磋琢磨しながら一緒に学んでいる環境はICSの特徴の1つ。大学や社会人経験を経てICSへ入学する学生も多く、様々な視点でデザインを・ものづくりを探求していきます。

デザイン情報サイト【JDN】に卒業生の特集記事「実践型の授業が“いま”をつくる、ICSで身につけた柔軟な思考と技術」が掲載されました。 大学・社会人経験を経てICSへ入学した家具デザイナーの木村麻人さん 、高橋亜由美さん(丹青社)、仲田裕貴さん(建築事務所エイバンバ)3人のお話です。

【JDN】実践型の授業が“いま”をつくる、ICSで身につけた柔軟な思考と技術

活躍するICS卒業生

 

仕事を始めてみてわかったんです。ICSではすごい先生に習ってたんだなあって。

仕事を始めてみてわかったんです。ICSではすごい先生に習ってたんだなあって。

武田 舞 さん
今なら逢いたいと思ってもなかなか、かなわないような各分野の第一線で活躍されている先生が、学生の未熟な作品と真剣に向かい合って、親身にアドバイスしてくれる。
そんな日々の学びからは、技術、考え方、人間関係、そして絶対に締切だけは守るということを教えられました。私は幸運にも在学中からデザインの仕事を得、卒業後すぐに独立しました。
その芽を育んでくれたICSに感謝するとともに、これからの自分のライフスタイルの変化に合わせ、さらにデザインを追究していきたいと思っています。

武田 舞
2002年 インテリアデコレーション科卒業。Design Office Gate Japanを起業。
2005年 有限会社ゲートジャパン設立。

すべては高校時代に行ったショップの、「うわぁ、こんなのつくりたい!」から始まった。

すべては高校時代に行ったショップの、「うわぁ、こんなのつくりたい!」から始まった。

小山 弘二 さん
高校生の頃に、スーパーポテトさんが手がけた「ラジオ」という店に行って、「うわぁ、こんなの作りたい」と思ったのが、この仕事に興味を持ったきっかけです。
ICSのインターンシップで6週間スーパーポテトで過ごし、卒業後はアルバイトで採用してもらいました。
憧れの現場に行けるというのは、ICSにいたからこそですし、それだけでなく、もちろん、インテリアデザインの基礎から学べました。また、そこで培われた人間関係も、今の仕事に役立っています。
現在の自分が在るのは、ICSのおかげだと思っています。

小山 弘二
1995年 インテリアアーキテクチュア&デザイン科卒業。インターンシップで通ったスーパーポテトでアルバイト勤務。
1996年 H DESIGN ASSOCIATE入社。
1997年 株式会社age入社、現在に至る。

町工場から、いつかは、世界へ。「メイド・イン・ジャパン by 俵藤」で進出したい。

町工場から、いつかは、世界へ。「メイド・イン・ジャパン by 俵藤」で進出したい。

俵藤 ひでと さん
「デザインする職人」たちと「現代手工業乃党」という団体を設立し、活動しています。
ICSを卒業したのはもう10年以上前なんですけど、ただただ物づくりが好きで、紆余曲折を経て辿り着いたのが、職人の道でした。
「俵藤さんは職人なんですか? デザイナーなんですか?」って聞かれるんですが、自分ではどっちとも決めてないんですよ。両方をわかっていた方が、良い物が作れるのではないかな。
「これは俵藤にしかできないだろう」と言われる仕事を世界に向けて出していきたいと考えています。

俵藤 ひでと
1993年 インテリアアーキテクチュア&デザイン科卒業。スチール家具メーカーやアクリル加工会社などに勤務。
2002年 デリバリーワークス デザイン事業部を設立。
2004年 同世代の職人たちと「現代手工業乃党」設立、現在に至る。

あなたの大切な将来。ICSといっしょに考えましょう。

 

インテリアデザイナーとして、卒業後に即戦力で活躍できる人材を養成する教育環境。それが、1963年に日本で最初に創設されたインテリアデザインの専門学校ICSカレッジオブアーツです。
この環境が、インテリアデザインを仕事にしていくための表現と技術と知識、そしてなによりも自信を、きっとあなたに与えてくれます。

さらにICSについて詳しく知りたい方は、以下より資料をご請求ください。

また、ICSの魅力をまるごと体感していただける『オープンキャンパス・学校説明会』を実施しております。現役講師陣による授業や実際に学生が使用している器具を使っての制作実習をはじめ、インテリアの仕事に求められる適性、あなたのキャリア診断、卒業後の将来性、インテリア業界の動向などについて、じっくりご説明いたします。もちろん、あなたのご質問やご相談にもお答えします。どうぞ、ご活用ください。

あなたの大切な将来。ICSといっしょに考えましょう。