学校案内Q & A

  • Q1昼間は仕事に就いているので、夜間や休日にしか通えないのですが、インテリアアーキテクチュア&デザイン科Ⅱ部(夜間部)とインテリアアーキテクチュア&デザイン科(昼間部)では、どのように違うのでしょうか?
    夜間に学べるインテリアアーキテクチュア&デザイン科Ⅱ部では、多くの学生が昼間に仕事をしながら、あるいは大学に通いながら学んでいます。 このインテリアアーキテクチュア&デザイン科Ⅱ部と昼間のインテリアアーキテクチュア&デザイン科との大きな違いは、修業年数と授業時間数となります。 インテリアアーキテクチュア&デザイン科は全日制3年間、週5日間の授業日数に対して、インテリアアーキテクチュア&デザイン科Ⅱ部は2年間、週3日間の夜間の授業日数です。 また、インテリアアーキテクチュア&デザイン科Ⅱ部の授業の内容は、インテリアアーキテクチュア&デザイン科のカリキュラムを凝縮したものとお考えください。 授業日数が少ないとはいえ、インテリアアーキテクチュア&デザイン科Ⅱ部は課題数が多く、自宅での作業も必須となりますが、充実した2年間の学びは、卒業後の大きな自信につながります。
  • Q2将来インテリア関係の仕事に就きたいと思っているのですが、インテリアアーキテクチュア&デザイン科とインテリアデコレーション科では、学ぶ年数以外にどのような違いがあるのでしょうか?
    インテリアアーキテクチュア&デザイン科は3年間、インテリアデコレーション科は2年間の修業年数以外の違いとしては、「将来の仕事に対する幅の違い」があげられます。 両学科とも、インテリア、建築、家具などについて学びますが、インテリアアーキテクチュア&デザイン科では「0からものを創りあげる」ことを学び、インテリアデコレーション科では「既成の製品をセレクトしてデザイン構成する」ことを中心に学びます。 将来、「デザインする人」をめざすのか、「デコレーションする人」をめざすのかで選ぶ学科が変わってきます。

教えて! ICS インテリアコーディネーター Q&A

人気の仕事[インテリアコーディネーター]の疑問・質問に徹底回答!

人気の仕事[インテリアコーディネーター]の疑問・質問に徹底回答!

インテリア関連の仕事というと、真っ先に浮かぶのがインテリアコーディネーター。女性をはじめ、最近では男性にも人気の職種です。しかし、実際にどんな仕事なのかを正しく知っている人は意外と少ないよう…。
そこで、「インテリアコーディネーターって、どんな仕事なの?」「インテリアコーディネーターには、どうすればなれるの?」など、インテリアコーディネーターの疑問・質問にICSの先生が徹底回答!
ぜひ、将来を考える参考にしてくださいね。

細川 万紀子(ほそかわ・まきこ)先生

回答者:細川 万紀子(ほそかわ・まきこ)先生

二級建築士/インテリアコーディネーター/福祉住環境コーディネーター

  • Q1インテリアコーディネーターとは、どんな仕事ですか?
    インテリアコーディネーターは、インテリアに関する幅広い製品知識を持ち、住む人にとって快適な住空間を作るためにインテリア計画の作成や製品選択の提案やアドバイスを行なうプロフェッショナルです。 部屋の中で見えるものすべての製品…床壁天井の素材、家具、照明、小物、設備など既成の製品を、製品相互の調和やコーディネートのポイントなどを考えてインテリア計画や製品選択を行ない、お客様が望む空間や住まい方をコーディネートによって実現します。
  • Q2インテリアコーディネーターのように部屋や空間をスタイリングする職業には、どんな種類がありますか?

    インテリアコーディネーターのように部屋や空間をスタイリングする職業は、あらゆるインテリアの職種で可能性があります。ざっと代表的な職種をご紹介しましょう。

    【インテリアコーディネーター、インテリアデコレーター】
    比較的長期間使用するインテリアの空間を作っていく仕事です。選択する家具や仕上げも、飽きのこないテイストや耐久性などを考慮します。
    【インテリアスタイリスト】
    撮影やディスプレイのために、短期間で最先端のコーディネートをしていきます。
    【ディスプレイヤー】
    店舗専門のウィンドウ・ディスプレイを作っていきます。最先端のものや、その店舗が一番売りたい物を魅力的に、また具体的なイメージを見る人にアピールします。
    【フードコーディネーター】
    レストラン全般のコーディネートを行ないます。インテリアのアドバイス、メニューの設定、テーブルセッティングなどに関わります。

    さらに職種は細分化して、照明コーディネーター、雑貨スタイリスト、雑貨コーディネーター、福祉住環境コーディネーター、カラーコーディネーター、キッチンスペシャリストなど多岐に渡ります。
    製品知識の専門性の違いはありますが、空間に最適な品物をセレクトしてコーディネートするという点では大きな違いはありません。