「2」という少し不思議なテーマについて。


なぜ今回のテーマは「2」なのか。テーマを見ると皆さん「どういうこと?」と返されたり「2!?」と驚かれたりします。そして白状してしまうと実はこの「2」にそこまで深い意味はなかったりします。
何か応募作品が何となく予想がついてしまうようなテーマにはしたくないよね。突拍子も無いテーマの方が今まで見たことのないような新しい提案が生まれるのではないかというのがテーマを決める時に私たちが話し合った事でした。

衣食住が満ち足りて様々な物や情報で溢れている現代だからこそあえて限定された1つのキーワードを通して世界を見てみる。実はこれ、著名な広告クリエイターも実践しているアイデア発想法だったりもするのです。
そんな訳で身近に沢山あって抽象的なものであればなんでも良かったのですが、数字は面白いかもという話になり、その中でも「2」はコミュニケーションが発生する最小の数だったりと何か意味がありそうな...無さそうな...。でもだからこそ面白い提案が生まれるかもしれない気配を感じてエイっと「2」に決定したのでした。

「2」を形として見てみたり、「2」「二」「Ⅱ」と表記を変えてみたり、他の数字との違いに着目してみるのも面白いかもしれません。是非「2」という数字をいろんな角度から見て発想してみてください。
下記に「2」にまつわるキーワードをほんの一部ですが挙げてみました。ヒントになるかもしれない事例も少しだけピックアップしてみましたので是非参考にしてみてください。

◉「2」に単位をつけてみる
2人/2つ/2本/2個/2倍/2次元/2面/2歳/2色/2年/2日/2時間/2分化 etc…

◉2に関連する言葉・もの
対立/有無/白黒/紅白/1/2/目/◯◯2.0(次世代の◯◯という意味で使われる)/ヘリウム(2番目の原子) etc…


◉参考事例
5円玉だけ貯金できる貯金豚
これは「2」ではなく「5」ですが縁起が良くて日々の生活が楽しくなりそうですね。

夏至と冬至に2時間だけ電気を消してみるプロジェクト
夏至と冬至の夜8時から10時の2時間だけ電気を消してみるプロジェクトです。普段の暮らしの中から過剰な電飾をなくして、2時間だけ自然の光だけで過ごしてみる。それだけでいつもと同じ場所だけどいつもとは違う体験をできそうですね。2時間で消えるロウソクのデザインなんていうのもアリかも...

2次元から飛び出したようなバッグ
2次元のイラストがそのまま3次元になって不思議な感じです。

======
ニュートンはリンゴが樹から落ちるのを見て、もしもこの樹が高くなっていってもリンゴは落ちてくるのか。想像の中で樹をどんどん高くしていき、樹の高さが月まで届いた時に月はなぜ落ちてこないのだろうと気づいた事から万有引力を発見しました。
皆さんは「2」を通して見た世界から想像を広げていった時にどんなことに気づくのか、そしてそこからどんなデザインが生まれてくるのか。皆様のご応募をお待ちしています!!

ICS Design Award 2018 特設サイト