ICS JOURNAL

インテリアデザインの専門学校ICSカレッジオブアーツの家具デザイン・家具実習担当 野﨑 義嗣(のざき・よしつぐ)先生が、 “モノと人と暮らしをつなぐ” 雑誌『トルテ』Vol.8の特集「つくりびと・家具を極める。」にて紹介されています!

2015.11.05

ICSカレッジオブアーツの家具デザイン・家具実習担当 野﨑 義嗣(のざき・よしつぐ)先生が紹介されている、普段の何気ない日常の中で心豊かになれるちょっぴり贅沢で楽しく、美しく、機能的なモノたちを選りすぐって紹介する雑誌『トルテ』Vol.8。

ICSカレッジオブアーツの家具デザイン・家具実習担当 野﨑 義嗣(のざき・よしつぐ)先生が紹介されている、普段の何気ない日常の中で心豊かになれるちょっぴり贅沢で楽しく、美しく、機能的なモノたちを選りすぐって紹介する雑誌『トルテ』Vol.8。

昔ながらの技術・技法を用いた伝統ある和雑貨から、新進気鋭の若手デザイナーによる最新の和洋雑貨まで、普段の何気ない日常の中で心豊かになれるちょっぴり贅沢で楽しく、美しく、機能的なモノたちを選りすぐって紹介する雑誌『トルテ』(ネコ・パブリッシング社刊)。

Vol.8の特集「つくりびと・家具を極める。」では、インテリアデザインの専門学校ICSカレッジオブアーツの家具デザイン・家具実習担当 野﨑 義嗣(のざき・よしつぐ)先生が、一人ひとり違う要望に応え、世界でたった一つの家具を作り出す「オーダー家具職人」として、ご自身が代表を務める会社マカロニデザインの工房とともに紹介されています。

ICSの卒業生でもある野﨑先生。ICS卒業後は、国内外の著名な工房で12年間もの修行を積まれたツワモノ。
2008年に株式会社マカロニデザインを設立されてからは、オーダー家具やオリジナル家具のみならず、ICSで教鞭を執るなど後進の指導にも力を入れられています。

ちなみに、「マカロニデザイン」の「マカロニ」は、目の上に生えたオレンジ色の羽が特徴の「マカロニペンギン(語源は18世紀イギリスの伊達男)」が、 “他のペンギンたちより、ちょっとだけオシャレをしていてステキ” だったことが由来とか。

詳しくは、ぜひ、紙面をご覧ください。

特集「つくりびと・家具を極める。」では、一人ひとり違う要望に応え、世界でたった一つの家具を作り出す「オーダー家具職人」として野崎先生が紹介されています。

特集「つくりびと・家具を極める。」では、一人ひとり違う要望に応え、世界でたった一つの家具を作り出す「オーダー家具職人」として野崎先生が紹介されています。(画像のクリックで拡大表示します)

野﨑 義嗣(のざき・よしつぐ)先生

野﨑 義嗣(のざき・よしつぐ)先生
家具デザイン・家具実習担当/株式会社マカロニデザイン代表取締役
1974年 神奈川県生まれ。1996年 ICSカレッジオブアーツインテリアデザイン科卒業。有限会社 秋山木工勤務、株式会社 匠工芸勤務、Moebel Exquisit(ドイツ)勤務、PP Møbler(デンマーク)勤務を経て2008年 株式会社マカロニデザイン設立。

▼『トルテ』ネコ・パブリッシング社のホームページはコチラ
http://www.torte-mag.com/

▼ 野崎先生の株式会社マカロニデザインのホームページはコチラ
http://www.macaroni-design.com/