ICS JOURNAL

色彩授業

インテリアデザイン科Ⅱ部1学年の色彩の授業をご紹介します。

今日の授業は、日本カラーデザイン研究所の「イメージスケール」を使った色彩分析です。
3色配色されたものを言語(イメージ語)別に2軸上にプロットしてイメージスケール上にあてはめてゆきます。

担当は日本カラーデザイン研究所の稲葉先生です。

NIN_1_1.JPG

分析作業はグループごとに行われます。

NIN_1_2.JPG

稲葉先生チェック中!

NIN_1_3.JPG

グループで話し合いながら配色をプロットしてゆきます。

NIN_1_4.JPG

NIN_1_5.JPG

横軸は、
WARM(左)には赤やオレンジなどの暖色系
COOL(右)には青や青緑系などの寒色系が置かれています。
縦軸は、
SOFT(上)方向にベリーペール、ペールなどの淡いトーン
HARD(下)方向にダークグレイッシュ、ディープなどの暗いトーンがあります。

イメージスケールは言語と色、配色が同じ尺度上でプロットできるシステムなので、
言語(イメージ語)を手掛かりとすることで、色と言葉に限らず、
他の様々な事象(インテリアエレメント、ファッション、他)を同じフィールドで
比較・分析することができるのだそうです。

まさに、インテリアデザインやコーディネートを行う上での色彩計画に最適な
システムですね。

教務部/品田