インテリアアーキテクチュア&デザイン科

« INT-1 『光と空間』プロセス発表 | メイン | INT-2 家具系課題『座る形』 »

INT-1 『光と空間』途中経過

INT-1の『光と空間』の課題が原寸大での実作に入りました!

 

中間発表まではスチレンボードやケント紙などを使ってスタディしていましたが、原寸

では段ボールを使用して制作します。


今までの紙を使ったスタディとは違い、どう作るか、 接合はどうするか、構造はどうか

などなど、原寸制作ならではの問題が生じてきます。

 

INT1_130614_01.jpg  

△ スケッチで検討....黒板じゃなくスケッチブックにしてください(^^;)


また、大きな空間になるので制作も大変です。

一人でできる作業ではないので、グループのみんなの協力が必要です。

 

INT1_130614_02.jpg  

 △ 身長より大きな空間

 

INT1_130614_03.jpg  

 △ 教室が手狭なのでテラスで作業するグループ

 

INT1_130614_04.jpg  

 △ 移動させるのもひと苦労


グループでの作業は、時には意見のぶつかり合いも、もちろんあります。 

とことん話し合って、全員が納得できるまで検討することが大切なのです。

クラスには色んな年齢、様々な国籍の学生がいます。高校生だった人、大学生だった人、

働いていた人。バックグラウンドは違えど、みんなデザイナーを目指す学生なのです。

どんどん意見を言い合って、“ 自分たちの ” 光の空間を作ってください。

課題提出は来週です!残りわずか。がんばりましょう!

 

INT1_130614_05.jpg

△ みんなで話し合い

 

 

INT-1担当:まつもとさくら

 

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

About

2013年6月13日 17:41に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「INT-1 『光と空間』プロセス発表」です。

次の投稿は「INT-2 家具系課題『座る形』」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。