スクールライフ

« 旅立ちの日!! | メイン | ピーポくん、ICSへ来たる!! »

二級建築士をめざして

 桜も開花し、すっかり春めいてきましたね。社会人へ新たな一歩を踏み出した卒業生は、生活も一変し、様々な思いを持って過ごしていることと思います。

 でも、忘れないでください!卒業はゴールではなく、スタート地点に立てた証です。これからは、プロとしての自覚をもって身を引き締めていかなければなりません。

 その第一歩として、学校が勧めているのが「二級建築士」の資格受験です。3年制のクラスを卒業した学生たちは、すでに受験資格を持っているので、今年からチャレンジすることが可能です。2年制のクラスは、1年の実務が必要ですが、来年の受験に向けて準備を始めても早くはありません!

▼昨年に行われたガイダンスの様子
160328_06.jpg

▼資格取得の為の特別講座を、日建学院協力のもと、開催しています
160328_04.jpg
160328_05.jpg

 資格取得のメリットや、留学生が受験する際のサポート、又は勉強方法のコツなどをご説明いただきました。当校では、インテリアデザインと建築の両方を学びます。「資格」と「実力」、共に必要とされる業界ですから、即戦力めざして事前準備をしましょう。

160328_03.jpg

▼覚えるまでには4回もの反復学習が必要だとか⁈
160328_02.jpg


 このガイダンスに、卒業生のお二人が特別参加!資格の重要さについて、また、今のお仕事についての貴重なお話をしてくださいました。

 イ スヒョンさんは、2年制のクラスから3年制のクラスに編入して、資格の取得に挑み、無事合格。留学生にとってむずかしい言葉の意味は、講座の後でインターネットで検索したり、動画などを見て復習したのだそう。転職の際にも、資格の有無で対応に変化があったと感じたそうです。現在は飲食店舗の設計・施工会社で主任としてご活躍です。
 
 徳永 翔さんは、主に医療・福祉系施設の企画、設計、監理、施工を行っている設計事務所にお勤めで、ICSに入学前は、経済学部からの転進だったそうです。今のお仕事が、人命を預かる、社会的に責任のある仕事と感じるからこそ、国の認める資格を持っていることが責務だとの思いがあるそうです。また、資格と実務を兼ね添える事で、自分のやりたい仕事も任してもらえるとの体験談を紹介してくれました。

▼プロとして活躍する卒業生、イ スンヒョンさんと徳永翔さん
160328_01.jpg

 お忙しい中、お時間を作って頂いてありがとうございました!

 このガイダンスの甲斐あってか、現在、資格取得に向けて動き出している卒業生が多くいるようです。今年の学科試験日は、平成28年7月3日(日)で、願書配布中です。受験の申し込み期間は短いですよ。忘れずに!

 勿論、前年度以前の卒業生で、受験勉強に励んでいる方も多くいると思いますので、プロでの知識と経験をベースに、合格できるよう頑張って下さいね!

●インターネットでの申し込み期間
平成28年3月22日(火)~3月29日(火)午後4時
●初めて受験する方の、受付場所における受付
平成28年4月7日(木)~4月11日(月)

▼詳細は以下のリンクページから
公益財団法人 建築技術教育普及センター
http://www.jaeic.or.jp/shiken/2k/index.html


事務管理室 GE

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

About

2016年3月28日 09:55に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「旅立ちの日!!」です。

次の投稿は「ピーポくん、ICSへ来たる!!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。