スクールライフ

« 広がる「留学生のキャリアプラン」 | メイン | 2016年スタート!〜始業式〜 »

多様に学び、多才に生きる

12月3日(木)の特別講義には、キャリアカウンセラーである、小島 貴子(こじま・たかこ)先生をお招きしました。
現在、東洋大学理工学部生体医工学科 准教授、グローバル・キャリア教育センター 副センター長を務められています。
過去には職業訓練生の就職支援を行ない、なんと7年連続で就職率100%を達成されている先生です!

sl_kojima_001.jpg

キャリアの語源は、ラテン語で「馬車の通り道」。
つまり、「車輪の跡」のことです。跡は、馬車の後ろにできます。
キャリアと聞いて、将来のことと考えがちですが、過去のさまざまな経験や学習と今の自分が将来につながっていくのです。

▼人生を24時間で表した図。
sl_kojima_003.jpg

「時間は平等ですが、時間の中身は違う。その時間に何をやったかによって、その後の居場所、仕事、人生が変わります。今日は未来の過去。未来の自分のために今日を生きてください」と、先生ご自身のことやこれまでに出会った人の話を交えながら、お話くださいました。


sl_kojima_002.jpg

これからの時代に必要な考え方についてのお話も。
みなさん、「ラテラルシンキング」をご存知ですか?
ラテラルシンキングとは、水平思考とも表現される、ある物事をいろんな角度から考え、新しい視点や可能性を見出すことを目的とした思考方法のこと。
"前提を疑う" "新しい見方" "組み合わせる"の3つを基本として、自由な発想で問題を解決していく考え方です。

今の自分がどうであるかを把握し、目指す姿に近づくために何が必要なのかを決め、その問題を解決していくこと。
そのために、さまざまな視野、視点で考えることが重要だとおっしゃっていました。


時間の捉え方、意識の仕方、思考の方法、さまざまな点からキャリアについてお話くださり、刺激を受けた学生が多いようでした。
小島先生ありがとうございました。


教育運営室
飯泉

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

About

2015年12月17日 14:54に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「広がる「留学生のキャリアプラン」」です。

次の投稿は「2016年スタート!〜始業式〜」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。