スクールライフ

« 卒業パーティー!! | メイン | 入学式&ICSリニューアル! »

二村 悟先生と後藤 武先生の本が出版されました!

本日は、ICSの先生お二人が出された本をご紹介します!

インテリアデザイン理論を担当されている二村 悟(にむら・さとる)先生が監修された 『ニッポン産業遺産の旅』 が、平凡社より出版されました。

北海道から沖縄まで、ニッポン全国の「産業遺産」をめぐる一冊。炭鉱をはじめ、製鉄所、巨大ダム、造船所、鉄道など、ものづくりの情熱の跡を訪ねて旅されています。長崎・軍艦島や三池炭鉱なども徹底取材!「"行って楽しい、見て楽しい"産業遺産100」など、思わず旅に出かけたくなるような内容になっています。

これまでも多数の著書を出版されている二村先生。昨年出版された 『日本の産業遺産図鑑』 (平凡社)が好評につき重版されるなど、ますますのご活躍が期待されます!


▼二村先生が監修された 『ニッポン産業遺産の旅』
150410_hon_01.jpg


▼二村先生が監修された 『ニッポン産業遺産の旅』 の詳細はコチラ
http://www.heibonsha.co.jp/book/b193715.html

▼昨年出版、重版された 『日本の産業遺産図鑑』 の詳細はコチラ
<PC 版>https://www.ics.ac.jp/news/news/20140516.html
<スマホ版>https://www.ics.ac.jp/sp/news/news/20140516.html
<携帯版>https://www.ics.ac.jp/i/news/201420140516.html

【プロフィール】
二村 悟(にむら・さとる)先生
デザイン理論担当/近代建築史 博士(工学/東京大学)/工学院大学建築学部建築デザイン学科客員研究員
1972年 静岡県生まれ。1996年 東海大学大学院工学研究科博士課程前期修了。2008年~2010年 静岡県立大学客員准教授など歴任。2015年より日本大学建築史保存活用論非常勤講師。2001年 第1回O-CHAパイオニア学術研究奨励賞、2013年 SDAサインデザイン賞奨励賞/九州地区特別賞を受賞。著書に『日本の産業遺産図鑑』、『食と建築土木』(共著/辻静雄食文化賞受賞)など多数。

-----------------------------------------------------------

同じくインテリアデザイン理論を担当されている後藤 武(ごとう・たけし)先生が執筆(共著)された 『ヘヴンリーハウス 20世紀名作住宅をめぐる旅 吉田五十八自邸/吉田五十八』 が、東京書籍より出版されました。

数寄屋(すきや)という伝統的な日本の建築様式を現代によみがえらせた功労者である吉田 五十八(よしだ・いそや)。今、私たちが和風だと感じる建築様式の、直接の源と言っても過言ではないんだそう。名匠・吉田 五十八の手による、こだわりの住宅の謎を解き明かす一冊です。


▼後藤先生が執筆(共著)された 『ヘヴンリーハウス 20世紀名作住宅をめぐる旅 吉田五十八自邸/吉田五十八』
150410_hon_02.jpg


▼後藤先生が執筆された 『ヘヴンリーハウス 20世紀名作住宅をめぐる旅 吉田五十八自邸/吉田五十八』 の詳細はコチラ
http://www.tokyo-shoseki.co.jp/books/80096/

【プロフィール】
後藤 武(ごとう・たけし)先生
デザイン理論担当/一級建築士/後藤武建築設計事務所代表/法政大学デザイン工学部非常勤講師
1965年 神奈川県生まれ。1998年 東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。1998年 株式会社隈研吾建築都市設計事務所入所。1999年~2004年 慶応義塾大学環境情報学部専任講師。2007年 後藤武建築設計事務所設立。2012年 神奈川建築コンクール優秀賞受賞。

広報室 大新垣

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

About

2015年4月 9日 17:41に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「卒業パーティー!!」です。

次の投稿は「入学式&ICSリニューアル!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。