スクールライフ

« フローリングの納まり | メイン | 香港公開大学に、ICSを公開! »

カタマリとヌケガラ

インテリアデザイン科1学年、インテリア造形の授業。
何やら面白そうなことをしています。
何をしているのでしょう?
DSC_0147_0526.JPG

手順は、まず油土で形を作ります。
箱を作り、油土を中に入れます。
石膏02.JPG
石膏03.JPG

そして、石膏を流し込み固めます。
石膏04.JPG
白いものは石膏だったのですね。
石膏は、水の割合などなかなか難しいそうです。

固まったら、切断して油土を取り除きます。
石膏07.JPG
DSC_0067_0526.JPG

どうやら、こういうことみたいです。
Rubin2.jpg
ルビンの壺(画像出典:wikipedia)。
有名なので、知っている方も多いと思います。

つまり、カタマリとヌケガラ。
物体と、それを取り除いた時に生まれる、空間との関係を理解する課題。
出来上がるヌケガラの空間をイメージして、カタマリを作るということですね。
シンプルな形や複雑な形、様々な空間が考えられそうです。
なんとなく、蟻の巣を想像してしまいます。

この課題、まだ続きがあるそうです。
カタマリから生まれたヌケガラ。
このあと、ヌケガラはどうなるのか。
DSC_0204_0526.JPG

続きは、また後日にお知らせします!


広報室 飯泉

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

About

2014年6月 6日 09:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「フローリングの納まり」です。

次の投稿は「香港公開大学に、ICSを公開!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。