スクールライフ

« 東北支援 女川の現地ボランティア 報告 | メイン | ナンバーワンは、果たしてどのデザイン!? »

写真の極意

12月11日(水)インテリアデコレーション科1年生は、1日中「理論」の授業です。今回の「理論」の授業では、写真家の浅川 敏先生をゲストとしてお招きし、講義とワークショップを通して「写真と展示について考える」授業を行ないました。

20131211_1.JPG
▲浅川先生は、建築、インテリア、アート、プロダクトの写真を中心に雑誌、広告、専門誌等で活躍している写真家です。好きな写真は、「都市」。名前「敏」の音読みと重ねて、2006年写真展「としのしせん」を開催されたそうです。


理論の授業で写真のワークショップとは「???」と不思議な感じかも知れませんが、大きな風景から自分の視点で何かを切り取るのは、実はデザインと同じ作業です。

まずは講義。写真の歴史、メカニズム、神髄、カメラの構造といった基礎知識に始まり、先生の写真を見ながら様々なことを学びます。講義の最後には、浅川氏が世界で撮影してきた写真を、心地よいBGMにのせて鑑賞しました。まるで世界を旅している気分!美しい景色が記録できるってすばらしい!これぞ写真の醍醐味。

20131211_2.JPG
▲理論を学ぶことで撮影する時の心構えが備わり、写真作品に深みが出るはず。


ところでみなさんは、写真を撮るのは好きですか?携帯電話やスマートフォン、デジタルカメラが登場し、写真撮影はとても身近なものになりました。
さて授業は、座って話を聞くだけでは終わりません。講義の後は、実際にカメラを持って学校の周辺を写真撮影します。

20131211_3.JPG
▲カメラを持った学生が校舎内外で撮影します。日常何気なく見ている景色を、カメラのレンズからもう一度見て、風景や物の気配を記録します。

20131211_4.JPG
▲天候は撮影日和!気を付けて撮影してきて下さいね!


撮影後は、写真を持ち寄ってグループワークで展示の準備です。A・B・C・Dの4グループに分かれて行ないました。展示場所はICS校舎内であれば自由です。

20131211_5.JPG
▲どの写真を使う?展示スタイルは?テーマは?どこに展示する?ディスカッションで意見を交換し、仲間と協力し合いながらアイデアを練ります。


アイデアが固まったチームから、展示の準備作業を始めました。

20131211_6.JPG
▲階段も展示場所になります。このグループのテーマは「懐古」。人は昔のことを懐かしむ時、見上げるのではないかと思い、階段を選んだそうです。そして「懐古」のイメージと重なる、薄暗い5階を選んだのだとか。

20131211_7.JPG
▲学食COTOの中庭に展示したグループもあります。おしゃれな空間ですね!

20131211_8.JPG
▲最後は、浅川先生と一緒に展示の見学ツアーをしました。グループごとに時間をとって先生に講評していただきます。

20131211_9.JPG
▲先生から「写真ひとつひとつがとても良い」と講評していただきました。お褒めの言葉をいただき、学生たちもニッコリ。

写真のことを学び、様々なアプローチができた1日。学生たちは写真について、カメラについて、これまで以上に興味が湧いてきたことと思います。そして自分の視点で何かを切り取り、そこから共通のテーマを見つけていくことを体験。ぜひ今後の作品作りに役立てて下さいね!


2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

About

2013年12月24日 09:35に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「東北支援 女川の現地ボランティア 報告」です。

次の投稿は「ナンバーワンは、果たしてどのデザイン!?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。