スクールライフ

« 卒業生の 俵藤ひでと さんが商店建築10月号に掲載されました! | メイン | 2013 A*CUP サッカー大会に向けて »

「ひとに優しい住まい」を考える。

10月7日、千葉県立市川工業高等学校インテリア科3年生のみなさんと、一緒に授業を行なってきました。

高校のカリキュラムに沿って、ICSのチュートリアル方式授業を導入するというスタイルです!



高校生のみなさんが取り組んでいるのは、インテリア設計課題。

3~4名で1つのグループを作り、デザイン事務所として課題に挑んでいます。

テーマは「ひとに優しい住まい」。

クライアントと化した先生からの、様々な要望に応えるべく、高校生のみなさんも真剣にプランを立てていました。

インテリアデザインを学ぶ上で、とても意味合いの深い課題ですね。



20131007_1.jpg




ICSの講師は、細川先生と佐々木先生。

ひとつひとつのグループを回り、チュートリアル授業がいよいよ開始です。



高校生のデザイン事務所。名前もバラエティ豊かです。

ここで一気にご紹介!



20131007_2.jpg


▲Beauty Control設計事務所



20131007_3.jpg


▲CID設計事務所



20131007_4.jpg


▲にんじん事務所



20131007_5.jpg


▲黒光設計事務所



20131007_6.jpg


▲ろんぐあごーん設計事務所



20131007_7.jpg


▲くじら設計事務所



20131007_8.jpg


▲ITOS設計事務所



20131007_9.jpg


▲彩設計事務所



20131007_10.jpg


▲最後にもう1グループ、「地球防衛設計事務所」。

とても元気の良い男子生徒4人組です。

課題がまとまっておらず・・・残念!

ここからの巻き返しを期待しています!!





「ひとに優しい住まい」を考えるには、「そこに住むひとの思いに添ってみる」ということが大切なんですね。



それぞれのグループが描いていく「ひとに優しい住まい」。

見ている私たちの気持ちも優しくなりました。





最後には、ICSの佐々木先生によるスライドレクチャー。

こちらのテーマは「手探り」です。



20131007_11.jpg




20131007_12.jpg




高校生のみなさんには、まだまだたくさんの可能性が広がっている未来が待っています。

頭で考えすぎず、まずは「手探り」でもがいてみる。



佐々木先生から送られたメッセージが、みなさんのプラスになってくれることを祈っています!

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

About

2013年10月 9日 10:04に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「卒業生の 俵藤ひでと さんが商店建築10月号に掲載されました!」です。

次の投稿は「2013 A*CUP サッカー大会に向けて」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。