スクールライフ

« 50年目の作品展。 | メイン | 「ひとに優しい住まい」を考える。 »

卒業生の 俵藤ひでと さんが商店建築10月号に掲載されました!

 本校インテリアデザイン科1994年卒の卒業生で、先日本校で行われた50周年記念イベント『これまでの、そしてこれからのインテリアデザイン展』にも出展協力頂いた 俵藤ひでとさん が今月発売の「商店建築」10月号の「仕上げの美学」という職人にフォーカスしたページで紹介されています。

itirinnzasi.jpg

横浜・関内の茶道教室・貸茶室「茶の湯SHUHALLY(シュハリ)」の為に制作した、アクリルの花入れのデザイン/製作プロセスの紹介を通し、アクリルという素材についてや、物づくりについての思いが書かれていました。是非ご覧ください。

  syoutennkenntiku bun.jpg

 

最後に書かれている『茶道の〈守破離(しゅはり)〉 と言う言葉は物づくりの世界でも欠かせない精神です。』と言う言葉に共感しました!

「守」指導者の教えを忠実に守り、聞き、模倣する段階
「破」指導者の教えを守るだけでなく、自分の考えや工夫を模索し試みる段階
「離」指導者から離れ自分自身の形を作る段階

syoutennkenntiku.jpg  

教育運営室:田村 クール

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

About

2013年10月 4日 09:27に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「50年目の作品展。」です。

次の投稿は「「ひとに優しい住まい」を考える。」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。