スクールライフ

« ICS卒業生の平野達郎(ひらの・たつろう)さんが「日本タイポグラフィ年鑑2013」に掲載されます! | メイン | 卒業制作展に向けて »

谷尻誠先生 レクチャーと指導・講評

講義してほしい先生として学生希望が多い谷尻誠先生が12/12の夜間の講義に来校されました。

昼間の学生、一般含め、いつもの夜間の授業とは異なった雰囲気ではじまりました。

友達・知人が多い事で知られている谷尻先生には企業研修(インターシップ)でお世話になった学生から飲み屋で知り合いになった学生、受講希望の大学生達そして友人であるICSの佐々木先生まで

笑顔が溢れていました。

tanis6_1.jpg

レクチャーしている谷尻先生の向かいの黒板の落書きです。

ちょっと優しさがあふれてあたたかい感じなので一枚パチッ!

谷尻さんのレクチャーはコンペで「敗れた作品の紹介」、それは考え方が伝わり

見ている我々もやるぞ!のモチベーションを感じるものでした。

tanis4_1.jpg

tanis7_1.jpg

講義は皆を引きつけ、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

講義後半は学生が持参した作品の講評・指導をしていただきました。

tanis2_1.jpg  

すでに社会経験を積んでいる彼は「出来て当たり前」、結構踏みこんで指導受けていました。

tanis1.jpg

造形的センスをほめていただいていたint1の学生は、やはりうれしそうでした。

通常の特別講義はレクチャーのみが普通なのですが学生が持ち寄って「プチプレゼ」をして

それに丁寧に講評いただきました。

会場の隅でその様子を見ていたのですが厳しい内容の講評も学生は素直に聞いており

やはり、「コミュニケーション力は大切です。」とおっしゃる先生だけのことはあると

感心しました。参加した学生は得しましたね!

ぜひまたお会いしたい素敵な人物です。(大村記)

2018年4月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

About

2012年12月13日 16:09に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ICS卒業生の平野達郎(ひらの・たつろう)さんが「日本タイポグラフィ年鑑2013」に掲載されます!」です。

次の投稿は「卒業制作展に向けて」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。