インテリアデコレーション科

« 「終の住処」究極のダンボールハウス ワークショップ | メイン | DECO2 卒業研究中間発表 »

心引き締まる、マナー講座。

 「みなさん、ジェムの意味をご存知ですか?」

 この一言から始まった本日の「マナー講座」。お越し頂いた特別講師は、株式会社ツリー・オブ・ジェムズの今村道子(いまむら・みちこ)先生。「ジェム=宝石」という意味なのですが、ますます輝く宝石になれるように、入学後三ヶ月が経過したデコレーション科とインテリアマイスター科の1年生は、今日の講座でマナーを身につけ社会人に備えます。

1. マナーの基本の『キ』
2. 挨拶(あいさつ)の仕方
3. 電話対応
を教えていただき、最後に名刺交換を練習するスケジュール。


 マナーとは、相手を不快にさせない為のものです。お客様と面した時や、会社の先輩や上司に対してのコミュニケーションマナー。色んなマナーがありますが、全てに共通する基本を教えていただきました。

001.jpg


 第一印象は見た目で9割決まると言われており、身だしなみはとっても大事! 子供の時から教えられている、ハンカチを持ち歩くことや爪をきれいにすることはもちろん、服装や髪型に気配りを。女性はお化粧をしているのが基本となります。おしゃれをする為ではなく、身だしなみを整える、その違いを意識できるようになることが第一歩ですね。 

▼爪の長さをそれぞれCheck! 男性は? 女性は?
002.jpg


▼続いては挨拶の仕方です。美しいお辞儀をやってみましょう。
003.JPG


 挨拶をする時は表情も大切です。自然な笑顔は眉(まゆ)を動かすことが大事だとか。「眉をあげてみて」「え〜、動かない?!」そんなやりとりも見られました。顔の筋肉も意識して動かす訓練が必要なのですね。口角(こうかく)を上げやすい言葉として、「ミッキー」「ラッキー」「ウィスキー」とは昔も今も変わらない相言葉です。


 「クッション言葉」も学びます。「ご迷惑をおかけいたしますが」や「お手数ですが」など、柔らかく内容を伝えるための会話術の一つですが、みなさん、いくつ思い浮かびますか? 早速これらを使って電話の対応を練習してみます。

▼先生が配ってくださったカンペを見ながらですが、隣のクラスメイトと練習です。
004.jpg

 留学生も多く在籍する我が校ですが、日本で就職する際には必須のマナーですので、皆、真剣にがんばっています。


 最後に相手に失礼のない名刺交換の方法を学びます。どんな名刺入れがよいのか、名刺のしまい方や渡し方など。ルールを知っていると自信をもって初対面の方にも接することができますね!

▼全員で練習です
005.jpg


 何度も練習した甲斐(かい)あって、皆、表情に自信が見られるようになっています。女性たちは、「可愛らしさ」を十分持ち合わせていますので、今後はビジネスとしての「笑顔」や「気づかい」を、日々の生活でさりげなく出せるように学校生活を充実したものにしていきましょう。男性たちも負けずに、りりしい挨拶を期待しています!

▼短い時間ながら大切なことを、たくさん教わったマナー講座でした。今村先生、ありがとうございました!
006.jpg

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

About

2015年7月 3日 18:04に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「終の住処」究極のダンボールハウス ワークショップ」です。

次の投稿は「DECO2 卒業研究中間発表」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。