インテリアデコレーション科

« 新年の授業 | メイン | DECO-1「ICS 50thディスプレイデザイン」課題提出前日 »

建築家:中村好文さんに遭遇!

TOTOギャラリー・間 に見学授業に行って来ました

 

 

 

今回のインテリアデコレーション科2学年の見学授業は、建築家の中村好文さんの展覧会です。

nakamura_T.jpg http://www.toto.co.jp/gallerma/ex130417/index.htm

 

建築家・中村好文さんは、30年あまり首尾一貫して、クライアントの暮らしに寄り添った、普段着のように居心地のよい住宅をつくってきました。建物に新奇性や作品性を追い求めることをせず、主役は「そこに住む人たちであり、そこで営まれる暮らし」と考える中村さんの設計思想は、初めて家を建てる若い夫婦から独り暮らしの老婦人、サラリーマンから芸術家まで、幅広い世代やジャンルの人々に共感され、絶大な信頼を得ています。
この展覧会では、「住まい」に自然体で向き合ってきた中村さんが「住宅の原型」として注目し、子供の頃から魅せられてきた「小屋」を通して、「住宅とはなにか?」を問い直す内容となっています。ー展覧会概要より抜粋ー

 

 

展示内容は、中村さんが「住宅の原型」として注目してきた「小屋」を、様々なカタチで感じ取ることのできる展示スタイルとなっていました。

nakamura_k_01.png

*展覧会エントラス

 

 

nakamura_k_02_1.png *各小屋型のブースに、中村さんに影響を与えた小屋を、中村好文流に展示しています。

 

nakamura_k_04.png *会場テラスに本物の小屋を再現

 

nakmura_k_03.png

*小屋全体

 

nakamura_k_05.png *小屋内部

 

nakamura_k_06.png *鳩時計。決まった時間になるとカワイイ鳩が顔を出します。

 

nakamura_k_07.png *夕暮れの小屋全景

 

nakamura_k_08.png *上階展示風景

 

nakamura_k_09.png *両側壁面に手描きのスケッチ、図面がビッシリ展示してます。中村さんの考え方が手に取るようにわかります。

 

 

とにかく会場全体、中村好文ワールド満載でした。

見学中、なんと中村好文さん本人が、偶然、会場に登場しました。

ギャラリー間の係の人も、当日、本人が来るのを知らされていなかったみたいで、

見学授業の究極なサプライズになりました。

 

 

早速、中村さんに、見学授業で来てることをお伝えすると、本人から直接、お話を頂けるとのことで、即席の「中村好文ミニレクチャー」が始まりました。

IMG_0512.JPG *即席「中村好文ミニレクチャー」風景。はっきりいって贅沢です!

    nakakumura_02.jpg *熱弁!?をふるう中村先生

 

学生には、またとない機会となりました。

6月22日(土)まで開催しておりますので、是非、足を運んで、中村好文ワールドを体験して欲しいなと思います。

もしかしすると中村好文さん本人にお会いできるかも…しれませんね。

 

img_galleryma_logo.gif

TOTOが運営する、建築とデザインの専門ギャラリーです。 建築家・デザイナー「個人」がもつ思想や価値観を表現する場として、出展者一人ひとりのメッセージを発信しています。

 

 

 

teacher_takakuwa-1.jpg 担当教授:高桑

 

 

 

 

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

About

2013年6月19日 16:22に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「新年の授業」です。

次の投稿は「DECO-1「ICS 50thディスプレイデザイン」課題提出前日」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。