インテリアデコレーション科

« 大忘年会! | メイン | 建築家:中村好文さんに遭遇! »

新年の授業

新年を迎え 新たな気持ちで目標に向かうDECO科1年生の授業風景。

2013年始めの理論の授業は『エコとデザイン』について

今日は「CASA PROJECT」のHOUKO先生をゲストにお迎えして、

ソーシャルデザインやPROJECT活動の内容をレクチャーして頂きました。

レクチャーの後は学生が持ち寄った壊れた傘や使わなくなった傘を使って

ワークショップを行います。 どのような作品が出来るでしょうか楽しみです!

CIMG0003.JPG

CASA PROJECTとは「不用になった傘を新しく生まれ変わらせるプロジェクト」です。

HOUKO先生が作ったカワイイ小物たち。先生曰く「リサイクルもデザインが良くなければ皆さんに関心を持ってもらえません。だから、デザインって重要なんです。」

ほんとに同感です。

   CIMG0005.JPG

レクチャーの様子。(白い壁がスクリーン代わりデス)

CIMG0013.JPG

持ち寄った不用な傘たち。  

学生それぞれ傘を手に取り 、

CIMG0015.JPG

傘の骨と布部分をハサミで切り離します。 

CIMG0017.JPG

ビニール傘は以外と簡単に剥がせます。 

CIMG0020_1.JPG

骨組みがあらわに。右側が HOUKO先生です。  CIMG0024.JPG

よく見ると傘の構造ってカッコイイ。

CIMG0027_1.JPG  

生き物の骨のよう…。

CIMG0026.JPG

CIMG0033_2.JPG

型紙で切りそろえた様々な傘の布地。レトロな模様やシックな色合いも沢山あって見ているだけでがテンション上がります。 

CIMG0034.JPG

それぞれに好きな生地を2枚選び小物づくりに取りかかります。 何を作るかは自由です。

布選びには個性が出ますね。

CIMG0037.JPG  

色々な色の糸やホチキスを使って縫い合わせます。三角形の布地を組合せて立体にさせるには数学図形の頭が必要だとわかりました。 難しくってハマる面白さです。

  CIMG0014_1.JPG

皆で製作中、細川先生も白先生も見ていたら制作意欲に火が…たまらず参加 。

さて、完成作品は。

CIMG0012.JPG

学生さんの作品を並べると雑貨屋さんのようなかわいらしさ。 

CIMG0014_2.JPG

不用な傘が新しく生まれ変わった瞬間です。 

CIMG0015_1.JPG  

普段、雨をよけるための傘が水を溜める壁掛け花瓶に変身。水玉の布地が効いてますよね 。

 

「エコとデザイン」 の理論の授業 ワークショップを通して学生の皆さんは何を感じ取ってくれたでしょうか。しばらくは道に落ちている傘に目がいきそうです。モノの使い方や買い方、暮らし方全体に変化が起きそうです。そんな刺激を受けてDECO科1年生のこれからのデザインの作品が楽しみです。

※「CASA PROJECT」http://casaproject.com/ 

担当:佐藤尚子 

 

2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

About

2013年1月11日 14:49に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「大忘年会!」です。

次の投稿は「建築家:中村好文さんに遭遇!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。