卒業生

« 「MicroWorks」が関わっている3つの展覧会・イベントのお知らせです! | メイン | ナチュラル&ハンドメイド雑貨のお店「ハーモニークレッシェ」開店のご案内 »

私が絵を担当した絵本『かえるのおなか』が出版されました!


石井清香さんが、「仕事をしたことによって、忘れかけていた自分にとっての大切なものを思い出すことができた」と語る絵本『かえるのおなか』の表紙(画像のクリックで拡大表示します)

こんにちは。インテリアデザイン科(現インテリアデザイン科)38期卒業生の石井 清香(いしい さやか)です。
現在、フリーのグラフィックデザイナー、イラストレーターとして活動しています。

今年7月、私が絵を担当した絵本『かえるのおなか』が文芸社から出版されました。
「いずみのやくそう」を探しに「まよいの森」へ出かけた兄妹の冒険絵本です。

文章を書いた「きむら れい」さんは、以前からの友人で、ある時、きむらさんから「暖めている物語があって、それを絵本にするのが夢なんだ。もし出版することになったら、サヤニー(私の呼び名)に絵を描いてほしい!」と言われました。

私は、専門的に絵を勉強したことも自分で本格的に描いたことも無いのですが、きむらさんは、私が日頃、自分の手帳に思うままに描いていた絵が気になっていたそうです。

その時は夢の話のような感じで受け止めていましたが、2010年の夏過ぎに、突然、出版が決まり、それからはジェットコースターのように順調に話が進みました。

私は2011年5月に韓国のソウルに移住することが決まっていたので、「今までの日本への思いを絵に叩き込むぞ!」って感じで情熱を絵に込めました。
この絵本は子供だけではなく、大人にも読んでいただきたいです!

ICSの頃は、自分らしさを表現するのがとても好きで積極的に手を動かしていましたが、社会に出てからはずっとPCでデザインする仕事をしており、手の感覚からは遠ざかっていました。
今回、絵本の仕事をしたことによって、忘れかけていた自分にとっての大切なものを思い出すことができました。

「韓国でも活動するぞ!」という野望を持って、今後もがんばっていきます!

 

かえるのおなか

『かえるのおなか』
文:きむら れい/絵:石井 清香

文芸社刊
2011年7月15日発行
1,260円(本体1,200円)

▼絵本『かえるのおなか』が紹介されている文芸社のウェブサイトはコチラ
http://kigaru2.com/bookinfo/detail/978-4-286-10411-9.jsp


石井 清香 【プロフィール】
石井 清香(いしい さやか)1979年生まれ
インテリアデザイン科(現インテリアデザイン科)38期(2003年3月)卒業
グラフィックデザイナー・イラストレーター
千葉県市川市出身。ICS卒業後、公共空間コンサルタント会社、ハウスメーカー、不動産会社に勤務。その後、音楽業界にて、プロモーションパッケージのグラフィックデザイナーとして従事。
海釣り(特に船釣り)をこよなく愛し、韓国でも毎週末に海釣りに出かけている。モットーは「サヤニーテインメント」。
ブログページ http://sayaneysayaney.blogspot.com/


2018年2月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

About

2011年8月19日 14:52に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「「MicroWorks」が関わっている3つの展覧会・イベントのお知らせです!」です。

次の投稿は「ナチュラル&ハンドメイド雑貨のお店「ハーモニークレッシェ」開店のご案内」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。