在校生の声「私がICSを選んだ理由」

2ミリって、じつは分厚い。こんな作り手のものの見方が、あっという間に身に付きました。

インテリア デザイン・インテリア デザイナー・インテリア コーディネーター 専門学校 スクール ICS インテリアアーキテクチャ&デザイン科
インテリア デザイン・インテリア デザイナー・インテリア コーディネーター 専門学校 スクール ICS 竹野 友梨さん

竹野 友梨さん 22歳

インテリアマイスター科1年

  • 2007年3月 大学文学部美学美術史学科中退

■インテリアデザインを学ぼうと思った理由

日本画家になりたくて、美大をめざしていました。一浪して文学部美学美術史学科へ入学。やはり自分で描きたいと1年で退学し、芸大をめざしてフリーターをしながら週1回、美術予備校で絵を描いていました。そんな日々を続けるうちに、画家では職業的に食べられないと考えるようになり、広告デザインやパッケージデザインの仕事に興味を持ちました。興味はさらに立体にも広がり、結局、立体へ方向転換。家具や木工の制作のできる学校を探したんです。とにかく作りたい! の一心でした。

■ICSを選んだ理由

学校探しを始めたのがもうぎりぎりで、3月の終わりにICSを知って4月に面接、即入学しました。もしICSに出会わなかったら、就職していたか、京都にある伝統工芸大学校に行って欄間(らんま)や木彫、和紙作りなどを学んでいたかもしれません。

■卒業後の希望進路

今、日本家屋、古民家に興味があります。床の間、欄間、漆(うるし)、和紙や左官作業、日本の建物ってそんなものの総合芸術でしょう。ひとりで日本家屋をある程度つくれるくらいの知識や技術を身に付けたいと考えています。

■入学希望者へのメッセージ

ICSで学ぶ前、“2ミリ” ってすごく薄いと思っていたけれど、ここで学んだ3カ月の間に、厚みがあるものだと見方が変わりました。たった3カ月で、ですよ。用語や技術もずいぶん身に付きましたね。それから、身の回りにあるいろいろなものが気になるようになりました。特に家具が気になる。構造はどうなってる? どうやって作る? 作ってみようかな? とか。部屋の壁紙を貼り直してみたくもなりました。先生に、実習で和室をやりたいと言ったら、本当にやらせてもらえることになりました。こんな柔軟な対応はとてもうれしい。インテリアマイスター科の先生は、経験豊富で、どんなこともとてもていねいに指導してくださいます。未経験だって問題ない。飛び込んでみれば、全然平気ですよ。

ピックアップコンテンツ

ピックアップニュース

一覧 RSS

入学関連情報

一覧 RSS

特別講義

一覧 RSS

学内の動き

一覧 RSS
  • ICSスマホサイト ICSのウェブサイトはスマートフォンからでもチェックできます
  • ICS携帯サイト ICSのウェブサイトは携帯電話からでもチェックできます
  • Apple on Campus 在校生・教職員専用