インテリアデザインの専門学校ICSカレッジオブアーツの理事・特任教授/住居・店舗デザイン担当 マニュエル・タルディッツ先生と客員教授/住居・店舗デザイン担当 加茂 紀和子(かも・きわこ)先生が共同主宰される株式会社みかんぐみが、『2016年 日本建築学会賞[業績]』を受賞されました!

明治時代に開業した旧万世橋駅の高架橋を新たに商業施設としてリノベーションした計画。

明治時代に開業した旧万世橋駅の高架橋を新たに商業施設としてリノベーションした計画。(画像のクリックで拡大表示します)

恣意的なデザインを施すのではなく、歴史的遺構が持つ特徴的な空間を活かし、歴史を体感できる場とした。

恣意的なデザインを施すのではなく、歴史的遺構が持つ特徴的な空間を活かし、歴史を体感できる場とした。(画像のクリックで拡大表示します)

1886年(明治19年)に創立された一般社団法人 日本建築学会が主催する『日本建築学会賞』は、建築に関する学術・技術・芸術の進歩発達をはかるとともに、わが国の建築文化を高める目的で、建築に関する特に優秀な業績を表彰するものです。

今年の『2016年 日本建築学会賞』では、日本建築学会大賞3件をはじめ、日本建築学会賞の「論文」9件、「作品」3件、「技術」2件、「業績」4件、日本建築学会教育賞の「教育業績」1件、「教育貢献」3件、日本建築学会著作賞6件、日本建築学会作品選奨12件、日本建築学会奨励賞15件、日本建築学会作品選集新人賞17名、日本建築学会文化賞3名が選出。

この『2016年 日本建築学会賞』にて、インテリアデザインの専門学校ICSカレッジオブアーツの理事・特任教授/住居・店舗デザイン担当 マニュエル・タルディッツ先生と客員教授/住居・店舗デザイン担当 加茂 紀和子(かも・きわこ)先生が共同主宰される「株式会社みかんぐみ」が、『2016年 日本建築学会賞[業績]』を受賞されました!

『日本建築学会賞[業績]』は、近年中に完成した学術・技術・芸術などの進歩に寄与する優れた業績を表彰するもので、「株式会社みかんぐみ」が受賞したのは、「明治の鉄道遺構としての万世橋高架橋の再生保存と地域活動」。

現役でありながら、中央線の起着点として1912年に開業した旧万世橋駅の遺構(いこう:過去の人間活動の所産)でもある万世橋高架橋を「マーチエキュート神田万世橋」という独立した商業施設として再生した業績が、鉄道遺構の再生と地域活動を通じ、現代に生き続ける遺構として社会とつながり活性化させる存在となっており、ここで実践されたプロセスと考えが、多くの示唆(しさ:ほのめかすこと)に富むものと高く評価されたものです。

<明治の鉄道遺構としての万世橋高架橋の再生保存と地域活動>
明治時代に開業した旧万世橋駅の高架橋を新たに商業施設としてリノベーションした計画。
恣意的(しいてき:思いつき)なデザインを施すのではなく、歴史的遺構が持つ特徴的な空間を活かし、歴史を体感できる場とした。
また、この施設を活用し、地域と連携したさまざまな活動や書籍出版、イベント開催など、街の活性化を担う「まちづくり」を継続的に行なっている。

タルディッツ先生、加茂先生、おめでとうございます!

マニュエル・タルディッツ先生

マニュエル・タルディッツ先生
ICSカレッジオブアーツ理事・特任教授/住居・店舗デザイン担当/建築家/株式会社みかんぐみ共同主宰
1959年 パリ生まれ。1984年 UNITE PEDAGOGIQUE D’ARCHITECTURE No.1(フランス)卒業。1992年 東京大学大学院博士課程修了。1995年 株式会社みかんぐみ共同設立。2005年 フランス芸術勲章シュバリエ受賞など受賞多数。

加茂 紀和子(かも・きわこ)先生

加茂 紀和子(かも・きわこ)先生
ICSカレッジオブアーツ特任教授/住居・店舗デザイン担当/一級建築士/株式会社みかんぐみ共同主宰
1962年 福岡県生まれ。1987年 東京工業大学大学院修士課程修了。1987年~1991年 久米設計・設計室勤務。1995年 株式会社みかんぐみ共同設立。1998年 東京建築士賞奨励賞、2001年 JSD賞優秀賞など受賞多数。

ピックアップコンテンツ

ピックアップニュース

一覧 RSS

入学関連情報

一覧 RSS

特別講義

一覧 RSS

学内の動き

一覧 RSS
  • ICSスマホサイト ICSのウェブサイトはスマートフォンからでもチェックできます
  • ICS携帯サイト ICSのウェブサイトは携帯電話からでもチェックできます
  • Apple on Campus 在校生・教職員専用