インテリアデザインの専門学校ICSカレッジオブアーツのインテリアアーキテクチュア&デザイン科が、2016年4月入学生より、国家資格『一級建築士』の受験資格の指定学科に認定されました!

家具からインテリア、建築まで、あらゆる空間を快適にするデザイン、設計能力が習得できるインテリアアーキテクチュア&デザイン科。

家具からインテリア、建築まで、あらゆる空間を快適にするデザイン、設計能力が習得できるインテリアアーキテクチュア&デザイン科。

建築物の設計および工事監理を行なうにあたり、必須となる国家資格『建築士』。

国土交通大臣の免許を受ける『一級建築士』は超高層建築や大規模都市施設などの大規模の設計および工事監理を行うことができ、都道府県知事の免許を受ける『二級建築士』は小規模の設計および工事監理を、『木造建築士』は小規模の木造建築物の設計および工事監理を行なうことができます。

このたび、国土交通省から、ICSカレッジオブアーツのインテリアアーキテクチュア&デザイン科が、国家資格『一級建築士』の受験資格の指定学科に認定されました。

2016年4月入学生(*1)より、インテリアアーキテクチュア&デザイン科の3年課程を修めて卒業後3年の実務経験で『一級建築士』の受験資格(*2)が得られます。
*1)2016年3月時点の在校生および卒業生は対象となりません。
*2)建築に関する学歴のない方が受験資格を得るには、通常7年以上の実務経験を経て『二級建築士』を受験、取得後、さらに4年以上の実務経験が必要となります。

ICSでは、すでに専門課程の全学科(*3)が『二級建築士』『木造建築士』の受験資格の指定学科に認定されており、今回のインテリアアーキテクチュア&デザイン科の認定は、ICSのカリキュラムが建築士法の『一級建築士』の指定内容に該当すると認められたものです。
*3)マスターコース 日本インテリアアーキテクチュア&デザイン、インテリアコーディネーター土曜日1年間コースは対象となりません。

家具からインテリア、建築まで、あらゆる空間を快適にするデザイン、設計能力が習得できるインテリアアーキテクチュア&デザイン科。
『一級建築士』の受験資格の認定により、ICS卒業生の活躍の場が、ますます広がります。

ピックアップコンテンツ

ピックアップニュース

一覧 RSS

入学関連情報

一覧 RSS

特別講義

一覧 RSS

学内の動き

一覧 RSS
  • ICSスマホサイト ICSのウェブサイトはスマートフォンからでもチェックできます
  • ICS携帯サイト ICSのウェブサイトは携帯電話からでもチェックできます
  • Apple on Campus 在校生・教職員専用