インテリアデザインのICSカレッジオブアーツ講師の大塚 則幸先生が主宰される大塚ノリユキデザイン事務所が、『ICONIC AWARDS 2014』のインテリア部門を受賞されました!

白亜のメッシュに囲まれた円筒形の空間が、際立った存在となっている「Le Ciel Blue(ル・シェル・ブルー)」。写真:平井広行

白亜のメッシュに囲まれた円筒形の空間が、際立った存在となっている「Le Ciel Blue(ル・シェル・ブルー)」。写真:平井広行

白亜のメッシュに囲まれた円筒形の空間が、際立った存在となっている「Le Ciel Blue(ル・シェル・ブルー)」。(画像のクリックで拡大表示します)写真:平井広行

ドイツ・デザイン協議会が主催する、建築とデザインの中立的な新しい国際コンペティション『ICONIC AWARDS(アイコニック・アワード)』の2014年インテリア部門にて、ICS講師の大塚 則幸(おおつか・のりゆき)先生が主宰される大塚ノリユキデザイン事務所が受賞されました!

開設2年目を迎えた『ICONIC AWARDS 2014』は、初回の建築、インテリア、プロダクト部門にコミュニケーションとコンセプト部門が加わり、5つの部門にて審査が行われました。

大塚ノリユキデザイン事務所が受賞したのは、大阪梅田地区再開発事業の商業施設ルクアのテナントとして2011年に手がけた “極彩色のホワイト空間” のショップ「Le Ciel Blue(ル・シェル・ブルー)」。

白亜のメッシュに囲まれた円筒形の空間が、際立った存在となっています。

<Le Ciel Blue(ル・シェル・ブルー)>
建築区画の天井高さ5メートル、80坪の空間をデザインするにあたり、大局感とディテールワークの二極から設計が進められ、建築区画に内包されたもうひとつの建築的インテリアデザインを提案。
構造計算で組上げたメッシュ式シリンダーのデザインが、スケールアウトにより建築区画に同化しないよう建築との軸線をずらしたレイアウトが、空間に重力感を与えている。
シリンダー内には、特注ペンダントを設置し、建築的インテリアを際立たせている。
床材のゴールドメタリックの輝きで、色彩をまとったホワイト空間を浮かび上がらせ、ショップの新規性と品格を表現している。
この完成度の高い空間のデザインができたのは、デザインに対して理解力のあるクライアントの存在が大きい。

大塚先生、おめでとうございます!

大塚 則幸(おおつか・のりゆき)先生

大塚 則幸(おおつか・のりゆき)先生
店舗デザイン担当
インテリアデザイナー/株式会社大塚ノリユキデザイン事務所代表取締役
1960年 福井県生まれ。1982年 東京デザイナー学院卒業。1982年~1990年 株式会社プラスチックスタジオ&アソシエイツ勤務。1990年 大塚ノリユキデザイン事務所設立。2005年 株式会社建報社ダントータイルデザインコンテスト大賞など受賞多数。

ピックアップコンテンツ

ピックアップニュース

一覧 RSS

入学関連情報

一覧 RSS

特別講義

一覧 RSS

学内の動き

一覧 RSS
  • ICSスマホサイト ICSのウェブサイトはスマートフォンからでもチェックできます
  • ICS携帯サイト ICSのウェブサイトは携帯電話からでもチェックできます
  • Apple on Campus 在校生・教職員専用