インテリアデザインの専門学校ICSカレッジオブアーツのインテリアマイスター科が、国家資格『建築施工管理技士』の受験資格の指定学科に認定されました!

インテリア・家具施工の知識と技術を身につけた、デザインができる「つくり手」を養成するインテリアマイスター科卒業生の活躍の場が、ますます広がります。

インテリア・家具施工の知識と技術を身につけた、デザインができる「つくり手」を養成するインテリアマイスター科卒業生の活躍の場が、ますます広がります。

『建築士』とならぶ国土交通省が管轄の国家資格『建築施工管理技士』。

許可建設業の営業所の専任技術者として、また工事現場の主任技術者および監理技術者として常駐が義務付けられている有資格者であり、1級建築施工管理技士は超高層建築や大規模都市施設などの大規模工事を、2級建築施工管理技士は小規模工事を扱います。

また、設計監理のスペシャリストの一級建築士(*1)に対し、施工管理のスペシャリスト(建築エンジニア)の1級建築施工管理技士は、監理技術者として幅広い職種の業務を扱うことができます。
*1)建築施工管理技士の区分は「1級」「2級」、建築士は「一級」「二級」「木造」と定義されています。

このたび、国土交通省から、ICSカレッジオブアーツのインテリアマイスター科が、国家資格『建築施工管理技士』の受験資格の指定学科に認定(*2)されました。
*2)旧科名インテリアマイスタートレイニー科(2013年3月卒業まで)の卒業生につきましては、2016年度の認定に向けて、現在、申請の手続中です。認定されしだい、ホームページにて告知いたします。

インテリアマイスター科の2年課程を修めて卒業または卒業見込み者は、2級建築施工管理技士の学科受験資格(*3)が得られ、卒業後2年以上の受験種目(種別)の実務経験で実地受験資格が得られます。
*3)2級建築施工管理技士の資格は、建築、躯体、仕上げの3種類があり、それぞれ別個の受験となります。

さらに、インテリアマイスター科の2年課程を修めて卒業後5年以上の受験種目(種別)の実務経験(指導監督的実務経験1年以上を含む)で、1級建築施工管理技士の受験資格が得られます。

インテリア・家具施工の知識と技術を身につけた、デザインができる「つくり手」を養成するインテリアマイスター科卒業生の活躍の場が、ますます広がります。

ピックアップコンテンツ

ピックアップニュース

一覧 RSS

入学関連情報

一覧 RSS

特別講義

一覧 RSS

学内の動き

一覧 RSS
  • ICSスマホサイト ICSのウェブサイトはスマートフォンからでもチェックできます
  • ICS携帯サイト ICSのウェブサイトは携帯電話からでもチェックできます
  • Apple on Campus 在校生・教職員専用