インテリアアーキテクチュア&デザイン科の学生2グループが、「第32回JAPANTEX2013」の『インテリアデザインコンペ2013』に入選しました!

右から、『インテリアデザインコンペ2013』に入選した伊藤 すず美さん・金 慶斌(キム・キョンビン)さんと、昨年、最優秀賞を受賞し、今回、ご指導いただいた卒業生の張 棋敦(チャン・ギドン)さん。

右から、『インテリアデザインコンペ2013』に入選した伊藤 すず美さん・金 慶斌(キム・キョンビン)さんと、昨年、最優秀賞を受賞し、今回、ご指導いただいた卒業生の張 棋敦(チャン・ギドン)さん。(画像のクリックで拡大表示します)

右から、同じく入選した吳 宰旭(オ・ジェウック)さん・丁 仙英(ジョン・ソンヨン)さん・玄 権哲(ゲン・ケンテツ)さん。

右から、同じく入選した吳 宰旭(オ・ジェウック)さん・丁 仙英(ジョン・ソンヨン)さん・玄 権哲(ゲン・ケンテツ)さん。(画像のクリックで拡大表示します)

一般社団法人日本インテリアファブリックス協会が主催、経済産業省や各国大使館などが後援し、国内外の200社を超えるインテリア関連メーカーや商社が出展、27,000名あまりの関連業者や一般ユーザーが来場した日本最大級のインテリアファブリックス国際見本市「第32回JAPANTEX2013」の『インテリアデザインコンペ2013』。

今年、10回目を迎えた『インテリアデザインコンペ2013』は、インテリアの可能性を追求した作品を広く募集するコンペティションです。

今回のテーマ&キーワードは、「第32回JAPANTEX2013」の開催テーマでもある「しあわせ+インテリア」~暮らし*素敵にリノベーション~。
この言葉から、インテリア素材を使用し、インテリアの可能性を自由に発想した楽しい住まいを提案するものです。

この『インテリアデザインコンペ2013』に、インテリアアーキテクチュア&デザイン科の金 慶斌(キム・キョンビン)さん・伊藤 すず美さんの作品「FREE HUGS」と吳 宰旭(オ・ジェウック)さん・玄 権哲(ゲン・ケンテツ)さん・丁 仙英(ジョン・ソンヨン)さんの作品「成長の木 Growth」が入選!

10月23日(水)~25日(金)に東京ビッグサイトで開催された「第32回JAPANTEX2013」にて、表彰式および展示が行なわれました。

作品「FREE HUGS」は、自分を愛し、一緒に寄り添ってくれる空間をコンセプトに、優しく抱きしめて、愛されているという自信をつけてくれる空間を表現。

また、作品「成長の木 Growth」は、成長をコンセプトに木の年輪の円で、成長、柔らかさ、楽な空間で本を通して人が成長して行く空間を表現しています。

ICSでは、毎年、コンペティション対策講座を希望者参加にて実施しており、今年は、昨年の『インテリアデザインコンペ2012』にて最優秀賞を受賞したインテリアデコレーション科の卒業生、張 棋敦(チャン・ギドン)さんにご指導いただきました。

ところで、入選した彼らは、なんとまだ1年生。あと2年あまりある在学期間での、彼らの成長が期待されます!

金 慶斌(キム・キョンビン)さん・伊藤 すず美さんの作品「FREE HUGS」。自分を愛し、一緒に寄り添ってくれる空間をコンセプトに、優しく抱きしめて、愛されているという自信をつけてくれる空間を表現。

金 慶斌(キム・キョンビン)さん・伊藤 すず美さんの作品「FREE HUGS」。自分を愛し、一緒に寄り添ってくれる空間をコンセプトに、優しく抱きしめて、愛されているという自信をつけてくれる空間を表現。(画像のクリックで拡大表示します)

吳 宰旭(オ・ジェウック)さん・玄 権哲(ゲン・ケンテツ)さん・丁 仙英(ジョン・ソンヨン)さんの作品「成長の木 Growth」。成長をコンセプトに木の年輪の円で、成長、柔らかさ、楽な空間で本を通して人が成長して行く空間を表現。

吳 宰旭(オ・ジェウック)さん・玄 権哲(ゲン・ケンテツ)さん・丁 仙英(ジョン・ソンヨン)さんの作品「成長の木 Growth」。成長をコンセプトに木の年輪の円で、成長、柔らかさ、楽な空間で本を通して人が成長して行く空間を表現。(画像のクリックで拡大表示します)

ピックアップコンテンツ

ピックアップニュース

一覧 RSS

入学関連情報

一覧 RSS

特別講義

一覧 RSS

学内の動き

一覧 RSS
  • ICSスマホサイト ICSのウェブサイトはスマートフォンからでもチェックできます
  • ICS携帯サイト ICSのウェブサイトは携帯電話からでもチェックできます
  • Apple on Campus 在校生・教職員専用