2011-2012年公開特別講義 東日本大震災復興支援特別プログラム 日経アーキテクチュア編集長・元 日経ウーマン編集長他 無料ご招待! 12/10(土)・1/31(火)・2/10(金)

インテリアデザイン・建築デザインの専門学校ICSカレッジオブアーツ 2011-2012年公開特別講義 東日本大震災復興支援特別プログラム 日経アーキテクチュア編集長・元 日経ウーマン編集長他 無料ご招待! 12/10(土)・1/31(火)・2/10(金)

「2011-2012年公開特別講義 東日本大震災復興支援特別プログラム」のお申し込み受付は終了いたしました。多数のお申し込みをいただきましてありがとうございました。

インテリアデザイン・建築デザインの専門学校ICSカレッジオブアーツ 2011-2012年公開特別講義 東日本大震災復興支援特別プログラム 日経アーキテクチュア編集長・元 日経ウーマン編集長他 無料ご招待! 12/10(土)・1/31(火)・2/10(金)

12/10(土)・1/31(火)・2/10(金)

ICSカレッジオブアーツ(旧校名インテリアセンタースクール)は、1963年に日本で最初に設立されたインテリアデザインの専門学校です。日本のインテリアデザイン業界の成長とともにその歴史を刻み、これまでに数多くのスペシャリストを世に送り出してきました。本校は、このたびの東日本大震災を受け、本校の教育理念に則り【ICSカレッジオブアーツが目指すもの】として、本校が果たすべき役割を具現化してまいります。

【ICSカレッジオブアーツが目指すもの】
ICSはインテリアデザイン・建築デザインの教育を通して、「自分」を「社会」を「未来」をデザインできる人材を育成し、グローバル社会に貢献する。
・「自分」をデザインできる:個々の知性と感性を磨く環境を提供する。
・「社会」をデザインできる:世界に通用する高度な知識と技術を提供する。
・「未来」をデザインできる:創造力と人間力を育成する。

2011年9月22日には、【第一回】東日本大震災復興支援特別プログラム『日本に夢を』と題し、日本を代表する世界的な建築家 安藤忠雄先生を迎えての公開特別講義とともに、高校生とICS学生から公募した作品の公開授業を行ない、多くの方々にご来場いただきました。このたび、東日本大震災復興支援特別プログラムの続編として、日経アーキテクチュア編集長 真部保良氏および元 日経ウーマン編集長 麓幸子氏を迎えるとともに、ICSとMISC[目黒インテリアショップコミュニティ]のコラボレーションにて公開特別講義を三回に渡り開催いたします。これから創造する未来について私たちができることを、みなさまと共に考える機会となればと思っております。公開講義ですので、一般の方も無料でご参加いただけます。どうぞ事前ご予約の上、ご来場ください。

学校法人 環境造形学園
専門学校ICSカレッジオブアーツ

【第二回/12月10日(土)】10:00 ~ 11:00[9:30 開場]
真部 保良[日経アーキテクチュア 編集長]
『震災後に必要とされる「建築」「インテリア」』

第二回のお申し込み受付は終了いたしました。多数のお申し込みをいただきましてありがとうございました。

プロフィール

真部 保良(まなべ やすお)
1961年 香川県生まれ。1984年 京都大学工学部建築学科卒業。1984年から1988年まで三井建設(現 三井住友建設)に勤務。1989年から日経BP社に勤務し、建築専門雑誌「日経アーキテクチュア」記者のほか、土木専門誌「日経コンストラクション」副編集長、戸建住宅専門士「日経ホームビルダー」編集長などを歴任。2008年より現職。一級建築士。

真部 保良
真部 保良

【第三回/1月31日(火)】19:00~20:00[18:30開場]
麓 幸子[元 日経ウーマン 編集長/現 ビズライフ局長 日経ウーマン発行人]
『復興を支える女性たちの力』

第三回のお申し込み受付は終了いたしました。多数のお申し込みをいただきましてありがとうございました。

プロフィール

麓 幸子(ふもと さちこ)
1962年 秋田県生まれ。1984年 筑波大学第一学群人文学類卒業(フランス哲学専攻)。同年 日経ホーム出版社(現 日経BP社)入社。1988年「日経ウーマン」創刊に携わる。以後、主婦向け月刊誌「ショッピング」、「グッドハウスキーピング日本版」、エコロジー雑誌「日経エコ21」、日経ウーマン別冊「ココカラ」編集部などを経て、2003年より「日経ウーマン」編集部に異動。2006年より「日経ウーマン」編集長。2009年より日経ウーマンオンライン編集長も兼任。2012年より現職。一男一女の母でもある。筑波大学非常勤講師を務める。著書に『就活生の親が今、知っておくべきこと』(日本経済新聞出版社)がある。

麓 幸子
麓 幸子

【第四回/2月10日(金)】19:00~20:00[18:30開場]
ICS×MISC[目黒インテリアショップコミュニティ]
『地域で取り組む震災支援』

第四回のお申し込み受付は終了いたしました。多数のお申し込みをいただきましてありがとうございました。

プロフィール

MISC(ミスク:MEGURO INTERIOR SHOPS COMMUNITY)
「MISC」は英語のMiscellaneous(種々雑多な)に由来。目黒通りを中心に60店舗のインテリアショップ、30店舗のカフェ、レストランの中から34店舗の個性的な目利きのショップが地域の活性化を目標に掲げMISC[目黒インテリアショップスコミュニティ]を結成。ロゴマークは著名なグラフィックデザイナーの佐藤卓氏が目黒(目利き)の目の字をモチーフにデザイン。これまで、宮城県気仙沼市を中心にさまざまな震災復興支援活動を行なっており、さらに地域連携を図るとともに被災地支援の輪を広げている。ICSもMISCに加盟。

MISC

概要

■入場料
無料(事前予約制)

■定員
各回200名

■日時
第二回/2011年12月10日(土)9:30開場 10:00~11:00
第二回のお申し込み受付は終了いたしました。多数のお申し込みをいただきましてありがとうございました。
第三回/2012年1月31日(火)18:30開場 19:00~20:00
第三回のお申し込み受付は終了いたしました。多数のお申し込みをいただきましてありがとうございました。
第四回/2012年2月10日(金)18:30開場 19:00~20:00
第四回のお申し込み受付は終了いたしました。多数のお申し込みをいただきましてありがとうございました。
※当日、会場で東日本大震災支援募金を行ないます。

■会場
めぐろパーシモンホール(小ホール)東京都目黒区八雲1-1-1 めぐろ区民キャンパス内

■主催・お問い合わせ
学校法人 環境造形学園 専門学校 ICSカレッジオブアーツ
Tel. 03-5701-2211(平日9:00~18:00) eメール info-1@ics.ac.jp
※携帯電話のeメールでお問い合わせされる場合、「迷惑メール対策設定」にてPCメールの着信を拒否されている方は、@ics.ac.jp が受信できるように設定してください。

■アクセス

電車: 東急東横線 都立大学駅より徒歩7分
バス: 渋谷駅より東京医療センター行(東急・渋34)
目黒駅より弦巻営業所行(東急・黒07)
多摩川駅より東京医療センター行(東急・多摩01)
都立大学駅北口より成城学園前駅行(東急・都立01)

※いずれも「めぐろ区民キャンパス」下車 徒歩すぐ。
※駐車場の台数に限りがありますので公共交通機関をご利用ください。

お申し込み

eメールにてお申し込みください。
※お申し込みの方にご招待状をお送りいたします。ご招待状が当日の入場券となりますので、忘れずにご持参ください。
※お席に限りがありますので、お早めにご予約ください。定員に達した場合は、ご意向にそえない場合がありますのでご容赦ください。
※当日は本校学生も受講しますので、予めご了承願います。

以下のお申し込み内容をメールにコピーして該当内容をご記入の上、ご送信ください。
携帯電話のeメールにてお申し込みされる場合、「迷惑メール対策設定」にてPCメールの着信を拒否されている方は、が受信できるように設定してください。
「*」は必須項目です。ご記入忘れのないようご注意ください。お送りいただいた「個人情報」は、学校資料・学校情報の送付以外の目的で使用することはありません。

<以下をメールにコピーして、該当内容をご記入の上、ご送信ください>

【送信先】info-1@ics.ac.jp

※件名が文字化けする方はこちらinfo-1@ics.ac.jp
【件名】公開特別講義お申し込み
【本文】


<コピーここまで>

アクセスマップ
クリックで拡大表示します。

ピックアップコンテンツ

ピックアップニュース

一覧 RSS

入学関連情報

一覧 RSS

特別講義

一覧 RSS

学内の動き

一覧 RSS
  • ICSスマホサイト ICSのウェブサイトはスマートフォンからでもチェックできます
  • ICS携帯サイト ICSのウェブサイトは携帯電話からでもチェックできます
  • Apple on Campus 在校生・教職員専用