2008年度 特別講義

ICSでは、4月~12月木曜日(不定期)の2限目AM10:00~AM11:30まで、全学生を対象に、主に外部より講師をお招きして『特別講義』を行っております。講師陣は多岐にわたり、インテリアデザイン、建築、家具デザインの分野にとどまらずプロダクトデザイン、グラフィックデザイン、写真、CGなどの分野で、第一線で活躍されているクリエイターやアーティストの方々をお招きしています。常に実社会との関わりを大切にしているICS教育ならではの、特長的な授業の一つです。

※2008年度の特別講義は、終了しました。2009年度の特別講義の内容は、近日中に記載予定です。

2008年度 特 別 講 義
第8回 10月30日(木) 東海林 弘靖先生
ライティングデザイナー
【プロフィール】
1958年生まれ。光と建築との関係に興味を持ち、建築デザインから照明デザインの道に入る。建築照明を専門とし、超高層建築の外観照明、執務空間照明から住宅、レストランからバーなどの飲食空間まで幅広い光のデザインを行っている。また、臨海副都心から港北ニュータウンなどの都市空間照明についての仕事も精力的に取り組んでいる。
東海林 弘靖 先生のホームページ
【聴講受付締切】
10月28日(火)17時
第9回 11月6日(木) 長岡 勉 先生
建築・インテリア・家具デザイナー
【プロフィール】
1970年生まれ。山下設計で活動後、pointを設立。設計活動と平行してco-labを運営。建築、インテリア、家具、プロダクト、グラフィック等を分け隔てのない一つの連続した環境と捉え、人とモノと空間の新しいまとまり、「新しい風景」を作りだしている。
長岡 勉 先生のホームページ
【聴講受付締切】
11月4日(火)17時
第10回 11月13日(木) 藤本 壮介 先生
建築家
【プロフィール】
1971年生まれ。95年SDレビュー入選を皮切りに、多数の受賞歴を持つ建築界の若手エースだ。彼の経歴は異色で大学卒業後数年間は 引きこもりに近い日々を送り、『これが自分の建築だ』といえるものを模索していたという。代表作に「情緒障害児短期治療施設」(JIA日本建築大賞AR AWARDS 2006グランプリ)。2010年には設計した武蔵野美術大学美術資料図書館がオープン予定。
藤本 壮介 先生のホームページ
【聴講受付締切】
11月11日(火)17時
第11回 12月4日(木) イブ・アルノー 先生
建築家
イザベル・エロー 先生
建築家
【プロフィール】
1991年グルノーブルでエロー・アルノー・アーキテクツを設立。12月5日~21日に開催する「ヨーロッパ・アジア・パシフィック建築の新潮流2008~2010」で来日。
・イブ・アルノー先生
国立ストラスブルグ工芸学校で建築を学ぶ。
シュヴァリエ勲章受章。
・イザベル・エロー先生
グルノーブル建築学校で学ぶ。
シュヴァリエ勲章受章。
【聴講受付締切】
12月2日(火)17時
第12回 12月11日(木) 早川 恵美子 先生
建築家
アウレリウシュ・コルヴァルチック 先生
建築家
【プロフィール】
2007年に早川/コルヴァルチックアーキテクツ設立。
・早川 恵美子 先生  
神奈川大学工学部建築学科卒業。
ベルラーへ・インスティチュート ロッテルダムにて修士を取得。
ロンドンにてデヴィッド・アジャイに師事。
・アウレリウシュ・コルヴァルチック先生
ワルシャワ工科大学、ベルラーへ・インスティチュート ロッテルダムにて建築を学ぶ。
ロンドンにてトニー・フレットン、スティーブン・テイラー、アダム・カルソ、ピーター・セント・ジョンに師事。
早川/コルヴァルチックアーキテクツのホームページ
【聴講受付締切】
12月10日(水)17時

聴講にいらっしゃいませんか? 毎回5名様を無料ご招待しています!
この『特別講義』に、各回5名様限定で一般の方の聴講を受け付けております。
ご希望の方は、ページ下部のお申込み方法をご覧の上、お申し込みください。
お申し込み締め切り日時は、毎回講義の2日前(火)17時です。

アクセスマップ
■『特別講義』プログラム
9:45 集合(めぐろパーシモンホール・小ホール入口)
※東急東横線 都立大学駅より徒歩7分
10:00 特別講義 開始
11:30 特別講義 終了

■ご招待数
各回限定5名様(事前予約制)
※受講料無料
※お申し込みが5名様を超えた場合は抽選とさせていただきますので、あらかじめご了承ください。
※講師は予告なく変更になる可能性があります。

学校見学も兼ねて、クリエイターの息吹に触れるひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

お申し込み方法

フリーダイヤル [ 0120-006911 ] またはeメールにてお申し込みください。
eメールでのお申し込みは、以下のお申し込み内容をメールにコピーして該当内容をご記入の上、ご送信ください。
「*」は必須項目です。ご記入忘れのないようご注意ください。ご希望講義は、必ず第二希望までご記入ください。お送りいただいた「個人情報」は、学校資料・学校情報の送付以外の目的で使用することはありません。

<以下をメールにコピーして、該当内容をご記入の上、ご送信ください>

【送信先】info-1@ics.ac.jp
【件名】『特別講義』ご招待お申し込み
【本文】

ご希望講義*  第一希望   月  日       先生
        第二希望   月  日       先生
お名前(漢字)* 
   (フリガナ)*
性別(不要を削除)*  □男性 □女性
年令*     歳
ご住所*  〒   ─
電話番号*     ─     ─
所属(不要を削除)*  □高校生 □専門学校生 □短大生 □大学生 □留学生 □会社員 □アルバイト 
            □その他(                )
学校名(生徒・学生の方のみ)

<コピーここまで>

2011年度特別講義 | 2010年度特別講義 | 2009年度特別講義 | 2007年度特別講義
2006年度特別講義2005年度特別講義2004年度特別講義
2003年度特別講義2002年度特別講義

ピックアップコンテンツ

ピックアップニュース

一覧 RSS

入学関連情報

一覧 RSS

特別講義

一覧 RSS

学内の動き

一覧 RSS
  • ICSスマホサイト ICSのウェブサイトはスマートフォンからでもチェックできます
  • ICS携帯サイト ICSのウェブサイトは携帯電話からでもチェックできます
  • Apple on Campus 在校生・教職員専用