インテリアアーキテクチュア&デザイン科 (3年制/週5日)

インテリアアーキテクチュア&デザイン科(3年制/週5日) インテリア・家具・建築のデザイン専門3年コース

卒業生作品を見る  学費の詳細を見る

What to Study

インテリアデザインを中心に、家具から建築まで取り組めるデザイナーを養成

私たちが暮らしている環境は、いったいどのように創られたのでしょうか? その問いを解く鍵は、デザインにあります。椅子をはじめ住宅から公共空間まで、それぞれたくさんの種類があるばかりか、その形もさまざまです。すなわち、人のいる空間はもちろん、そこにあるものも含めてすべてがデザインされているのです。

インテリアアーキテクチュア&デザイン科では、人が生きるすべての空間を快適にするデザイン能力を身につけるために、家具から建築までの幅広い領域の課題に取り組み、そのデザインプロセスを体で覚えていきます。そのために、ベースとなる創造力を引き出すための理論を学び、カタチとして表現するための手わざの力と自分のデザインを人に分かりやすく伝える表現技術を実践的に身につけ、デザイナーとして自らの力で社会に向けて発信できる企画力と提案力を養っていきます。

将来、デザイナーとして活躍するために、これらをしっかりと身につけ、デザインを考えていく上で一番大切なアタマと手の関係をきちんと創ることが重要です。

How to Learn

デザイナーに必要な、基礎力・実践力・創造力を段階的に養う

カリキュラムは、デザイン(Design Module)・理論(Critical Studies Module)・表現技術(Communication Skills Module)の3つの大きな系統によって構成され、デザイン、理論の授業はチュートリアル(個別指導)方式で進められます。

初年度には、インテリアデザインに必要な基礎知識や技法を身につけ、2年次にはそれを実践する力を養い、社会に向けた表現力や提案力を身につけます。さらに、最終学年で、自主的に創造し発信する力を身につけることで、実社会にも即対応できるグローバルな視点と専門性を併せ持ったデザイナーの養成をめざします。

自主的な企画力や提案力を養うための企業研修、マネージメント、産学連携授業、卒業研究制作などのプログラムや海外への留学、国家資格である二級建築士(卒業と同時に受験資格取得)の受験対策などのサポートも充実。学生たちの資格取得および就職をしっかりと支援していきます。

インテリア デザイン・インテリア デザイナー・インテリア コーディネーター 専門学校 スクール ICS

卒業後の活躍分野

建築家・建築デザイナー・建築士
あらゆる建築物の設計はもちろん、現場での施工監理までトータルに携わります。
インテリアプランナー
商業施設や建築物の室内空間の企画・立案・設計・工事監理などを担います。
インテリアデザイナー
住宅、オフィス、劇場、ホテル、レストラン、各種店舗などの室内環境設計などを担います。
インテリアデコレーター・インテリアコーディネーター
住宅・店舗などの空間提案や空間構成をしたり、インテリア全般に対してアドバイスなどを行ないます。
家具デザイナー
住宅やオフィス用家具のデザインを行ないます。
プロダクトデザイナー
家電製品、キッチン用品、日用雑貨から工業製品までのデザインを行ないます。
ディスプレイデザイナー
百貨店、専門店などのショーウィンドウや展示スペースのレイアウト、空間ディスプレイに携わります。
CGデザイナー・CADエンジニア
コンピューターによる建築・家具の図面作成、CGパースなどの制作に携わります。
照明コンサルタント
快適な照明環境をつくり出すための設計、提案を行ないます。
設計コンサルタント
住まいをはじめ建築物づくりに関して、深い知識と幅広い視野から施主・施工業者へ助言や指導を行ないます。
カラーコーディネーター
あらゆる製品や環境に対する色彩計画や色彩設計を行ないます。
キッチンスペシャリスト
住宅の台所部分の設計、設備の提案を行ないます。
福祉住環境コーディネーター
障害者、高齢者にとって住みやすい家の環境づくりのアドバイスを行ないます。
商業施設士
商業施設の運営管理システムや店舗の構成・デザインなどを総合的に計画し、監理までを行ないます。

講座詳細

デザイン(Design Module)・デザインチュートリアル
インテリア、建築、家具などデザイン系の課題を進めるため、チューター(個別指導講師)から学生個々に対してデザインに関する指導が、週2回、行なわれます。(5~8人程度のグループおよび個人チュートリアル)
理論(Critical Studies Module)・理論チュートリアル
デザインに関する基礎知識やデザイン課題で進められる作品制作の理論的裏づけを固めるための、理論に関する指導です。週1回、歴史やデザイン手法について、デザインチュートリアルと相互に関連させながら進行します。(5〜8人程度のグループチュートリアル)
表現技術(Communication Skills Module)
製図CAD、色彩演習、模型表現、プレゼンテーションボードの表現など、高度な表現技術を身につけるために、繰り返し行なわれる演習です。デザイン課題と連動しており、アイデアをより良いカタチに完成させるには、欠かすことのできない重要な授業です。
企業研修
3学年前期の約5週間、著名なインテリア・建築デザイン事務所や家具メーカーなどで企業研修を行なっています。中には海外のデザイン事務所で学んだ実績もあります。
※2学年夏期休暇中の約2週間、希望者対象の企業研修を行なっています。
産学連携授業
企業よりデザイン課題・コンペ課題の提供を受け、実務に近いデザイン連携活動を行なっています。
マネージメント
社会とデザインの関係性を知り、デザイン思考やビジネスモデルに展開させる知識を養います。
特別講義
年10回程度、現在、第一線で活躍されているデザイナー、建築家の方々などを招いて行なわれます。
カリキュラム(月〜金曜日 9:30〜17:00)

インテリアアーキテクチュア&デザイン科カリキュラム内容

(図表のクリックで拡大表示します)

取得資格

専門士称号
卒業時に「専門士」の称号が文部科学省より授与されます。
※本校は学校教育法により認可された専修学校です。修業年限2年以上の専門課程卒業者は、官庁への採用の際、人事院規則により短大卒と同等の待遇が受けられます。また、民間企業もこれに準ずる対応をしています(内閣人事院細則給実甲第326号による)。
専修学校准教員資格
財団法人 全国専修学校教育振興会の教員認定講習を受けることにより認定証が授与され、准教員資格を取得できます。
一級建築士受験資格 ※国家資格
卒業後、実務経験3年で資格試験を受けられます。
二級建築士受験資格 ※国家資格
卒業後、実務経験不要で資格試験を受けられます。
※本学科では、3年生を対象とした特別カリキュラム『二級建築士受験対策講座』(希望者対象、選択制)を実施しており、学生たちの卒業年度の資格取得を支援しています。
木造建築士受験資格 ※国家資格
卒業後、実務経験不要で資格試験を受けられます。
商業施設士受験資格
在学中から20歳以上で学科試験を受けられます。学科試験の合格者は、卒業後、実務経験1年で実技試験を受けられます。
商業施設士補認定
本校において2年の課程を修了(見込含む)以上で資格講座を経て認定されます。
Vectorworks(CAD)操作技能ベーシック認定
在学中は無償で認定試験を受けられます。
インテリアプランナー登録資格
在学中から20歳以上で資格試験を受けられます。資格試験の合格者は、卒業後、実務経験2年で登録資格の審査を受けられます。
インテリアコーディネーター受験資格
在学中から実務経験不要で資格試験を受けられます。
福祉住環境コーディネーター受験資格
在学中から実務経験不要で資格試験を受けられます。
キッチンスペシャリスト受験資格
在学中から実務経験不要で資格試験を受けられます。
照明コンサルタント受講資格
在学中から実務経験不要で資格講座を受けられます。
カラーコーディネーター受験資格
在学中から実務経験不要で資格試験を受けられます。
ライフスタイルプランナー受験資格
在学中から実務経験不要で資格試験を受けられます。

ピックアップニュース

一覧 RSS

入学関連情報

一覧 RSS

特別講義

一覧 RSS

学内の動き

一覧 RSS
  • ICSスマホサイト ICSのウェブサイトはスマートフォンからでもチェックできます
  • ICS携帯サイト ICSのウェブサイトは携帯電話からでもチェックできます
  • Apple on Campus 在校生・教職員専用