学校案内インテリアアーキテクチュア&
デザイン科

建築・インテリア・家具のスケールから、
空間を総合的に捉えた設計・デザインを学ぶ。
ICS のデザイン教育の全てが詰まった3年制コース。

Interior Architecture & Design Course

私たちの暮らしが快適で豊かなものになるように。そのためにはまず、人が生活するインテリア空間があり、そこで使われる家具があり、それらを包み込む建築が必要となります。本科では、人が生きるのに最適な環境全般に視野をあて、独自の感性からデザインが生み出せる能力を養います。家具から建築に至る幅広い領域のデザインプロセスを習得するため、デザインの源となる創造力を造形や理論で学び、創造したデザインを伝えるための表現技術を実践的に身につけ、自ら社会に発信できる企画力と提案力を養っていきます。

講師Teacherフランク・ラ・リヴィエレ(建築家)

フランク・ラ・リヴィエレ(建築家)

インテリアアーキテクチュア7&デザイン科 科長|株式会社フランク・ラ・リヴェイエレアーキテクツ代表取締役|オランダ出身。1988年デルフト工科大学大学院修士過程終了。主な仕事にメゾンエルメス銀座本店、ねぶたの家・ワラッセ文化観光交流施設など。International Architects Award 2011受賞、インテリアプランニング賞、グッドデザイン賞・建築部門など受賞多数。

フランク・ラ・リヴィエレ(建築家)

カリキュラム

  • 1年次

    1年次

    前期はデザイン・設計の入門編として、基礎知識や図面の読み方・描き方、模型の作り方、CAD、色彩などの表現スキルの基礎を中心に学びます。後期はヒューマンスケールや造形的なデザイン要素も組み入れながら建築・インテリア・家具を題材とした住居空間や商業空間の基本的なデザイン・設計や表現技法などさまざまな専門知識を身につけます。

  • 2年次

    2年次

    前期は住居空間や商業空間の応用編として規模や利用者数を増やし、更に用途や条件を付け加えた建築・インテリア・家具のデザインを学びます。後期は産学連携課題として、企業からのデザイン課題(空間または家具プロダクトデザインを選択)を行い、社会のニーズを通じて、より実践的なデザイン・設計や表現力、提案力を身につけます。

  • 3年次

    3年次

    前期は周辺フィールドワーク(調査分析)を通じて、自主的な視点から企画・提案した建築・インテリアデザインを創造します。加えてインターンシップに(企業研修)で、将来を見据えた建築・インテリア・家具デザインの現場を実体験します。後期は自身が抱いた問題意識からテーマを設定し、社会に向けてデザインを発信する卒業研究制作をまとめます。

1学年(基礎)

前期

デザイン インテリア基礎1 インテリア基礎2 インテリア基礎3
理論 インテリア基礎1 デザイン知識1
表現技術 インテリア基礎1 表現基礎 / CAD1 / 色彩1 / インテリア施工

後期

デザイン 家具2 / インテリア造形1 住空間2 / インテリア基礎2 商空間1 / インテリア造形3
理論 デザイン知識2
表現技術 構造・内装構成 / CAD2 / 色彩2 / 家具製作1
2学年(基礎)

前期

デザイン 住空間3 商空間2 家具2
理論 デザイン知識3
表現技術 インテリア製図(家具) / CAD3 / 色彩3 / 家具製作2

後期

デザイン 商空間3 or 家具プロダクト 公共空間 or 公共家具 インテリア詳細設計
理論 インテリア理論1
表現技術 インテリア製図(詳細図) / CAD4 / 造形表現 / ポートフォリオ
3学年(基礎)

前期

デザイン インテリア基礎2 デザイン知識1
理論 インテリア基礎1
表現技術 表現基礎 / CAD1 / 色彩1 / インテリア施工s

後期

デザイン インテリア基礎3
理論  
表現技術 表現基礎 / CAD1 / 色彩1 / インテリア施工

月曜~金曜 9:30~17:00

PICKUP STUDIES

  • インテリア造形・家具1
  • 福祉インテリアデザイン
  • 総合建築インテリア設計
  • 福祉インテリアデザイン

インテリア造形・家具1

空間を構成するヒューマンスケールを学ぶ

インテリア造形・家具1(1年次)

自分が持っているセンス(感覚)とはどのようなものなのかを発見し磨いていくため、まずは造形的な視点からデザイン・設計を試みます。そのために家具デザインを通じて空間において重要な要素であるヒューマンスケールを学び、個々のセンスやアイディアをデザイン・設計にフィードバックするためのデザイン基礎力を学びます。将来、建築家やインテリアデザイナーを志す皆さんにとって、基礎となる大事な要素です。

福祉インテリアデザイン

産学連携を通じて社会のニーズを学ぶ

福祉インテリアデザイン(2年次)

実社会における社会問題である「福祉住環境」をテーマに挑みます。これからの少子高齢化を見据え、ご高齢の方が明るく、楽しく、安全に過ごせる空間・動線の設計・デザインは社会ニーズのひとつです。ただ機能的であるだけではなく、豊かで快適な生活環境を創造し、提案します。産学連携で実践する福祉施設のインテリアデザイン課題を行うことで社会問題・社会現象にも視野を拡げ、これからの建築家・インテリアデザイナーとして解決すべき様々な要素を実践的に学びます。

総合建築インテリア設計

フィールドワークを通じて学ぶ

総合建築インテリア設計(3年次)

街のフィールドワークを通じて自らの視点で敷地やテーマを設定し、『ひと』『もの』『空間』の関係性を総合的に意識した建築・インテリアデザインを学びます。学生の自主性を重要視して課題を進めることで、社会に発信できるデザイン・設計の企画力や創造力を養います。同時に建築・インテリアデザインを原寸大で捉え、ものづくりの観点からデザイン・設計を思考できる力を学び、 3年間の集大成である卒業研究制作へと展開していきます。

福祉インテリアデザイン

建築・インテリア・家具業界を実体験で学ぶ

インターンシップ(企業研修)(3年次)

卒業後進むべき将来像を意識しながら、各自が志望企業を選択し、約5週間の企業研修に参加します。企業の現場にて、建築・インテリア・家具デザインの仕事を実際に体験することで、より実践的なデザインのプロセスを体感し、現場の空気感を感じながら、現時点の自己能力や将来の目標を再認識し、就職に対する意識や知識を高めます。

英国国立ミドルセックス(ロンドン)大学で、BA(学士号)・MA(修士号)を取得できる編入プログラム。

ミドルセックス大学とICSカレッジオブアーツの編入プログラムは、ICSのインテリアアーキテクチュア&デザイン科にて履修した単位をミドルセックス大学の特定の学科:BAインテリアデザイン科、BAインテリアアーキテクチュア科への転入、およびMAインテリア科への入学にて移行される「単位互換」制度です。転入は転入先学科の空き状況および他の転入条件により判断されます。

  • 英国国立ミドルセックス(ロンドン)大学で、BA(学士号)・MA(修士号)を取得できる編入プログラム。
  • 英国国立ミドルセックス(ロンドン)大学で、BA(学士号)・MA(修士号)を取得できる編入プログラム。
  • 英国国立ミドルセックス(ロンドン)大学で、BA(学士号)・MA(修士号)を取得できる編入プログラム。
  • 英国国立ミドルセックス(ロンドン)大学で、BA(学士号)・MA(修士号)を取得できる編入プログラム。

英国国立ミドルセックス(MDX)大学
留学コースカリキュラム

一般コース
(日本語による授業)
インテリアアーキテクチュア&デザイン科
<3年間>

ICS専門士取得

英国国立ミドルセックス(MDX)大学留学コース
(英語によるチュートリアル授業サポート)
  • インテリアアーキテクチュア&デザイン科
    <2年間>
  • MDX・プリセッショナル英語コース受講
    (オプション)
  • MDX・BAコース編入
    <1年間>

英国国立
ミドルセックス大学
BA(学士号)取得

  • インテリアアーキテクチュア&デザイン科
    <3年間> ICS専門士取得
  • MDX・プリセッショナル英語コース受講
    (オプション)
  • MDX・BAコース編入
    <1年間>

英国国立
ミドルセックス大学
MA(修士号)取得

英国国立ミドルセックス(MDX)大学
ミドルセックス大学はロンドンをベースに位置する英国国立大学で、革新的で優れた高等教育を受け継いできました。現在ではロンドン、ドバイ、マルタ、マルティウスに分校を持つほか、世界各国の一流の協定校において展開するさまざまなミドルセックス大学の学科では40,000人以上の学生が在学しています。ミドルセックス大学のビジョンは、教育とリサーチにおいて国際的に傑出(けっしゅつ)することです。英国国内では、すでに最高標準の教育とリサーチを実施している評価を受け、人々の生活に新たな変化をもたらすビジネス・ソリューションを常に提案しています。ミドルセックスの学科は工学、情報、医療、社会科学、ビジネス、芸術と教育など、300以上にもおよび、幅広い業界と連携した教育をリードしています。
アーティキュレーション(編入プログラム)協定
インテリアアーキテクチュア&デザイン科の2年、または3年修了後、ミドルセックス大学のインテリア学部内学科(BAインテリアデザイン科、BAイ ンテリアアーキテクチュア科、MAインテリア)へ単位互換において優先的に編入が認められ、最終年時をミドルセックス大学にて終業し、ミドルセックス大学の称号(BA学士号またはMA修士号)が取得できます。
※編入にはBAはIELTS 6.0、MAは6.5、またはそれらに同等する英語スキルが条件となります。
プリセッショナル英語コース
英国留学及びエラスムス・プラスの条件の英語レベルに達していない場合、ロンドンにてミドルセックス大学のプリセッショナル英語コースを事前に受けることができます。プリセッショナル英語コースとは、英国の大学で学ぶために必要な英語力を備え、自由に英語を使いこなすことで学習能力を増進し、さまざまな分野の学部レベルの要求に対応したコースです。希望の進学先や各自の英語力に沿って、受講期間や開始日の日程も柔軟に組まれており、英国の大学入学に必要な英語力に達していない、または英語力をコミュニケーションに応用する自信がない人にとって最適なコースです。規定の条件を満たしてこのコースを修業すると、IELTSなどの外部試験を受けることなく、ミドルセックス大学に編入および進学することができます。
ICS 英語サポート
ICSでは、英語を取り入れたデザインチュートリアルを実施し、コミュニ ケーションをベースとした英語力を磨き上げます。

インテリアアーキテクチュア&デザイン科3年
佐々木 雄介

佐々木 雄介

流山おおたかの森を敷地に、本来の環境の姿を大事にしたフィットネス ジムを公園内に計画します。本来、走ることや体を鍛えることは日常の 中で行われており、ジムとしての機能は自然界の中で満たされるはず。し かし現代では、フィットネスジムはビルの室内に閉じ込められてしまった。 機械だらけの環境での運動では体を動かす本来の魅力を失ってしまう ため、ジムの機能をもう一度屋外に出そうと考えました。

佐々木 雄介

インテリアアーキテクチュア&デザイン科3年
上原 照屋 ダニロ 直樹

上原 照屋 ダニロ 直樹

「undefined」は英語の「決まっていない」という意味。使われ方が決まっていない家具を製作しました。6個のパーツを使って、机や棚を作る事ができます。生活環境に合わせて机として使ったり棚として使ったり と変化に対応することができます。ハイパー消費問題があり、もっと長く使える家具を作りたいと思い、家具がフレキシブルだったら、生活が変わってもその生活に合わせて長く使えると考えました。

上原 照屋 ダニロ 直樹