インテリアアーキテクチュア&デザイン科Ⅱ部

2016年2月 9日

夜間の卒業研究プレゼンテーション!

限られた時間の中でインテリアデザインを学んできた、インテリアデザイン科Ⅱ部の学生たち。
最後の集大成である卒業制作を終え、今日は卒業研究作品の講評会です!

それぞれにある昼間の生活と、ICSでの夜間の学び。
両立することの厳しさを常に感じながら、ここまで頑張ってきた2年生です。

さっそくプレゼンテーションの様子を覗いてみましょう!


トップバッターは山本くん。
世帯を超えて共に住まうことに重きをおいた、二世帯住宅を提案しました。

家の中にいながらも開放感を感じられるように、ガラス張りの窓から中庭をのぞいたり、各フロアに家族全員が集まれるスペースも考えられています。


▼少し緊張しながらも、自分の言葉でしっかりプレゼンしています。
20160205_1.JPG

▼プレゼンを聞く先生方。模型作品も順番に手に取りながら、完成度を確かめます。
20160205_2.JPG

高齢者にとって、住まいの中で危険な場所はトイレやお風呂といった気温差のあるところですが、その点も見通しが利くデザインがいいとの講評をいただきました。

山本くんのような息子を持つと、ご両親も幸せだな~と感じた作品でした!


続いては永野くんです。
「緑化」と「食育」の共存がテーマです。
どちらのキーワードも、近年の日本では非常に重要視されていますね。

▼農園の成長が「緑化」につながり、育てた野菜をいただきながら「食育」を考えます。
20160205_3.JPG

▼「学生らしくて、いい作品だ」と、伊藤先生。
20160205_4.JPG

土を作るスペースや物置場など、農園の運営に必要な現実的な要素を盛り込めば、もっと完成度の高い作品に仕上がるとのアドバイスもいただきました。

横幅3mのパースも完成させ、「良く頑張った!」の声も。
永野くん、お疲れ様でした!


杉江くんは照明家具を制作しました。
ライト部分を自由に取り付けることができ、組み替え可能なデザインです。

20160205_5.JPG

▼明かりをつけるとこんなイメージです。(写真が下手ですみません。。。)
20160205_6.JPG

▼光は「そのまま」よりも反射がキレイなので、このアイデアをさらに良くする工夫をしてみては、と大塚先生。
20160205_7.JPG

マンションの玄関ライトなどに活用できれば、特許も取れるとの意見も出ました!
さらに完成度を増して、商品化された作品に出合えることを楽しみにしています!


続いては梅澤くん。
普段本を読まない人のために、おしゃれな本の表紙を見せることで本を探す楽しさを感じてもらいたいという思いから作られた本棚です。

▼頑張って自分で加工しました!
20160205_8.JPG

▼この作品を「いくらで売りたいか?」 リアルな質問が阿部先生から飛び出ました。
20160205_9.JPG

実物を制作するのはこのサイズで問題ないが、30㎡、50㎡といった空間でどのように展開できるかまで考えると、より良くなるとのアドバイスをいただきました。


岩本さんは表参道にたたずむチャペルをデザインしました。
チャペルは扱うのにとても難しいテーマだそうです。装飾は必要ですが、しすぎはNG。
また、機能性が大いに求められる空間です。

20160205_10.JPG

▼杉浦先生からは、なかなか厳しい講評も。これも岩本さんのこれからを思ってのことです。貴重なご意見の数々、今後に活かしていきましょう!
20160205_11.JPG


鮮やかなピンク色が目をひくパネル。この作品を提案したのは小林さんです。
中目黒の目黒川沿いにある、和菓子屋さんをデザインしました。

20160205_12.JPG

年々増加している外国人旅行客がターゲット。
鮮やかなピンクは、桜をイメージしたんですね。

▼模型の質感が素晴らしいと高評価の先生方。
20160205_13.JPG

外観のイメージはすごくいいので、インテリアをさらにもっと深く考えること。
また包装紙などにもデザインを意識すれば、中目黒の立地で成功するお店になるかも!?
さらに良くするためのアドバイスが飛び交いました。


今日の講評会には参加できなかった学生も数名いましたが、見学していた1年生からそれぞれの感想が発表されました。

20160205_14.JPG

1年後のみなさんは、どんな作品を発表してくれるのか楽しみです!


最後に先生方から総評をいただきました。

▼CADのスキルをグンと引き上げてくれた山川先生
20160205_15.JPG

▼厳しいお言葉の中にも、学生への愛情があふれている秋山先生と杉浦先生。
20160205_16.JPG

▼迷いが残ってしまった作品になってしまったら、今度は納得いくまでやり切ろうと、佐々木先生。
20160205_17.JPG

▼根本先生からは、思いをもっと強く伝えて欲しい。これからもタフにチャレンジを!
20160205_18.JPG

▼もっともっと自分たちに聞きに来て欲しい。自己完結ではなく、マイナスのところからでも聞きに来て!と大塚先生。
20160205_19.JPG

▼完成させたことは必ずみんなの力になる。見えない時代だからこそ、世の中にデザインを通して問題提起していって欲しい。伊藤先生からは重みのあるエールが送られました。
20160205_20.JPG

▼社会背景を考えて、普段の中から問題を見つけることが大切。担任の阿部先生から。
20160205_21.JPG

▼最後にコースリーダーの横堀先生。デザインはじっくり読み解く力も重要。中身が薄いのに、それなりに見えてしまう作品が世の中にはたくさんある。みんなには厚みのある作品を作るという気持ちを持ち続けて欲しい。
20160205_22.JPG


納得のいく作品をつくれた学生も、納得のいかなかった学生も、ハードなICSの夜間部で最終形までたどり着けたこと、本当にお疲れ様でした!

これからの人生、ちょっとやそっとじゃくじけない精神力も鍛えられたのではないでしょうか!
みなさんの今後の活躍を祈っています!


講評会終了後、先生方と学生たちは課外授業と称して打ち上げに出かけて行きました。
きっと美味しいお酒になったことでしょう!

広報室・佐藤

2014年7月 3日

照明ショールーム授業

夜間部の7月最初の授業は1・2年生合同での照明のショールーム見学でした。
見学先は、株式会社モデュレックス(ModuleX Inc.)様です。

夜間部なので授業時間は当然夜からなのですが、遅い時間からの見学授業にも関わらず快く受け入れていただいており、毎年実施していただいています。ありがとうございます!


今回レクチャーしていただいたのは、ライティングデザイナーの熊坂 昭一先生です。
レクチャーのテーマは「光の機能について」です。

NIN_140702_01.jpg

まずはランプの種類についての説明です。

世の中で広く流通している光源は、大きく分けて白熱灯、蛍光灯、放電灯、LEDの4種類です。これらの光源の特徴や違いを実際の光源を見せていただきながら解説していただきました。

ちなみに、火を使わない人口灯は約200年前に発明され、人類初の人口灯は"ガス灯"でした。その後、"白熱灯"→"蛍光灯"→"LED"と発明されていきました。不思議な事に約60年ごとに新たな人口灯が開発されてきたそうです。そして次世代の照明として期待されているのは有機EL照明だそうです。


ランプの種類を学習したら、次は光の効果についてです。
光を機能として捉え、明かりを効果的に使用し空間を演出します。

地明かり(全体をまんべんなく上から照らす基本となる灯り)やウォール(壁を照らす灯り)、ピックアップ(対象のみを照らす灯り)などの光を組み合わせて効果を見せていただきました。

光の強さを、地明かり=1、ウォール=2、ピックアップ=5の比率で使用すると、空間が効果的に演出できるそうです。

NIN_140702_02.jpg

こちらは光を計測器で測定しています。
実際に光を調節しながら実例を見せていただいたので、その効果は一目瞭然でした。


それから『色温度』について。

みなさんは、色温度という言葉をご存知ですか?
色に温度とは不思議な感じがするかもしれません。

むずかしく言うと、光の色組成を絶対温度で表示したものです。
つまり光の色を温度表示したもので、単位はケルビンといいます。
色温度が高くなると青っぽく感じ、色温度が低くなると赤っぽく感じます。

光の色温度によって色の見え方の違いを見せていただきました。

NIN_140702_03.jpg

光が当たっているテーブルは同じ色ですが、色が違って見えませんか?
写真奥が色温度が高く、手前が低くなっています。

次にテーブルにいろいろな色の布を敷いて光の見え方の違いを見てみます。

NIN_140702_04.jpg

NIN_140702_05.jpg

NIN_140702_06.jpg

NIN_140702_07.jpg

それぞれの色も光によって見え方が違って見えるのがわかると思います。

お店で気に入った色の服を買っていざ着てみたら「思っていた色と違う!」という経験、みなさんもありませんか?これは、ショップの照明と違う色温度の光で色を見た時によく起こる現象です。

日中の太陽の色温度は5500K程度ですが、天候の状況により多少前後します。曇天では6500K、晴天の日陰では7500K、晴天の青空では12000K程度です。人口灯では白熱灯は2800K、蛍光灯では4200K程度になります。ちなみにロウソクの炎は2000K程度です。


では、同じ色のものを違う色温度ではどう見えるのでしょうか?

NIN_140702_08.jpg

これは白い陶器のコーヒーカップです。

写真ではちょっとわかりにくいかもしれませんが、奥の高い色温度では冴えた感じ。手前の低い色温度では、暖かみのある色に見えます。好みにもよるかもしれませんが、カフェなどでは低い色温度の暖かみのある照明の方が、リラックスでき寛げます。

NIN-140702_09.jpg

次にバカラのグラスでも試してみました。

クリスタルのガラスは色温度の高い冴えた光の方が、より一層ガラスがきらめいて見えました。スワロフスキーなどのショップでは、もっと高い色温度の照明を使用しているそうです。

学生達はデザインの課題でも照明計画まで考えますが、こうして光源の種類や色温度まで具体的に考えることはほとんどありません。(できればそこまで考えてもらいたのですが...(^-^;))今回学んだ事はこれからの課題や将来仕事に就いた時に、絶対に必要となる事が理解できたと思います。


最後にライティング体験をさせていただきました。

学生達は今日の見学にあたり、各自が光を当ててみたいものを持参していました。
それを、3つのグループに分かれて、照明を選び当ててみるというものです。

NIN_140702_10.jpg

NIN_140702_11.jpg

各グループ、持参したものをどのようにディスプレイするか考えます。
ディスプレイが決まったら照明を当て、見せ方を考えます。

熊坂先生は各グループをまわり、アドバイスをしてくださいました。

NIN_140702_12.jpg

では、完成した作品を見てください。


チーム:A『真夏のコスメ』
NIN_140702_13.jpg

チーム:B『失恋』
NIN_140702_14.jpg

チーム:C『砂漠の大発見』
NIN_140702_15.jpg

いかがでしょうか?
短時間で即席チームでの制作ですが、みんな楽しんで体験していました。

今回の見学でより照明に対する知識が深まったと思います。これからはもっと照明に対して高い意識をもって、空間デザインをしてもらいたいと思います。


▼ 株式会社モデュレックス
  http://www.modulex.jp/


夜間部担当:まつもとさくら


2014年6月20日

色彩授業

インテリアデザイン科Ⅱ部1学年の色彩の授業をご紹介します。

今日の授業は、日本カラーデザイン研究所の「イメージスケール」を使った色彩分析です。
3色配色されたものを言語(イメージ語)別に2軸上にプロットしてイメージスケール上にあてはめてゆきます。

担当は日本カラーデザイン研究所の稲葉先生です。
NIN_1_1.JPG

分析作業はグループごとに行われます。
NIN_1_2.JPG

稲葉先生チェック中!
NIN_1_3.JPG

グループで話し合いながら配色をプロットしてゆきます。
NIN_1_4.JPG

NIN_1_5.JPG

横軸は、
WARM(左)には赤やオレンジなどの暖色系
COOL(右)には青や青緑系などの寒色系が置かれています。
縦軸は、
SOFT(上)方向にベリーペール、ペールなどの淡いトーン
HARD(下)方向にダークグレイッシュ、ディープなどの暗いトーンがあります。

イメージスケールは言語と色、配色が同じ尺度上でプロットできるシステムなので、
言語(イメージ語)を手掛かりとすることで、色と言葉に限らず、
他の様々な事象(インテリアエレメント、ファッション、他)を同じフィールドで
比較・分析することができるのだそうです。

まさに、インテリアデザインやコーディネートを行う上での色彩計画に最適な
システムですね。

教務部/品田

2013年2月14日

卒業制作のプレゼンテーション

卒業制作展も終わりました!

今日は、卒業制作の優秀作品のプレゼンテーションです。

 

DSC00041.JPG  

 

先生たちがずらり。

これって、結構プレッシャーですね

DSC00043.JPG  

 

では、いろいろな作品を。 

DSC00045.JPG  

DSC00050_1.JPG  

DSC00051.JPG  

DSC00057.JPG  

 

家具の作品には、根本先生のチェックの眼が光ります

DSC00063.JPG  

 

1年生は、来年卒業制作をつくります。

発表者から、1年生にむけてメッセージもありました。

 

2年間がすぎるのは、あっという間。

発表をみながら、みんなが一年生の頃の作品を思い出していました。

モノの考え方や、プレゼンテーション、

2年間でこんなに成長するんですね〜。

しみじみとした、今日の授業でした。

 

hosokawa.jpg  ほそかわ

2013年2月 9日

いよいよ卒業制作展です!

2012年度卒業制作展がはじまりました!

夜間は5階です。皆様、是非学生たちの大作をみにきてください。

 

DSC09973_1.JPG

 

さて、昨日の夜間は卒業制作展の講評会でした。

先生たちが、一人一人の作品をまわって講評します。

  DSC09925.JPG  

  DSC09927.JPG  

DSC09948.JPG  

DSC09930.JPG  

 

家具の搬入にかけつけたFくん

DSC09918.JPG  

 

早速、先生が講評をはじめます。

DSC09921.JPG  

 

模型やスケッチも力がはいってます。

写真ではなかなか全部が伝えられないのが残念!

皆様、是非見にいらしてくださいね 

DSC09954.JPG  

DSC09945.JPG  

 

2013年2月 8日

日頃意識してる?サインの計画

1年制は、「サイン計画」のプレゼンです。

サインは建築、インテリアの計画の中でも大切な要素です。

 わかりやすい例は、お手洗いの表示。

男の子マークと女の子マークがなかったら大変なことになりますよね!

 

さて課題はICSの学校内でサインの計画をするというものです。

実際の大きさで、実際の質感を出して、模型を作ります。

DSC09782.JPG  

 

これは地下の喫煙スペースのサイン 

DSC09780.JPG  

実際に設置して、プレゼンです。

地下のレストラン「COTO」からでたライトコートが喫煙所ですが、

サインは、設置される「COTO」のインテリアのスタイルも意識します。

 

これも喫煙所サイン。アイアンワークの手描きのようなイメージ。 

DSC09788.JPG  

 

 

 これは、地下の工房のためのサイン。

壁の色や、照明の感じとあってますね。

空間のレトロなイメージがより強調されてます。 

DSC09790.JPG  

 

 さて、これは何のサインでしょう?

DSC09803.JPG   

 

省エネのサインでした(^^) 

DSC09804.JPG  

 

 

今度は1階のお手洗い。

お手洗いの扉のすぐそばに設置したり・・・ 

DSC09795.JPG  

 

もっと手前からお手洗いの位置を示したり。 

DSC09796.JPG

ところでこの写真には、サイン作品がふたつあります。

もうひとつはどれでしょう???

 

 

  DSC09793a.jpg   

答えはこれでした(^^) 

サインは目立ちすぎても、目立たなくてもだめ。

建築とのバランスも重要です。 

 

建物の中で部屋を探してうろうろすることがありますよね。

それは、サインが人間の認知傾向とあっていない証拠です。

駅で、手描きのサインがはってあるのも、サインがたりないのですね。

 

これからあちこち出かけたら、サインにも注目してくださいね!

 

hosokawa.jpg  細川まきこ

 

 

 

  

 

 

 

 

 

2013年2月 1日

一年生最後の作品が完成しました!

一年生最後の課題は「二人のテラスハウス」

今日はプレゼンテーションです。 

DSC09870.JPG  

 

一年間で、模型もここまできっちり作れるようになりました。

夜間はお仕事しながら通っている人も多いので、

みんな、ほんとにがんばりましたね〜。感動です! 

DSC09874.JPG

 

プレゼン修了後も、先生に細かいところを質問している学生もいます。 

DSC09877.JPG  

 

ちなみに、提出前の授業の様子はこんな感じです。

最後のチュートリアルで、細かいところをチェック 

DSC09831.JPG  

 

プランニングをまだまだ悩んでいたり。 

DSC09834.JPG  

模型をどんどん作り続けたり。 

DSC09832.JPG  

 

 

ところで、プレゼン教室の片隅で・・・

卒業制作の模型をもくもくとつくる2年生もいます。

余裕の笑顔ですね〜(^^) 

がんばれ!あとちょっと! 

DSC09872.JPG  

 

昼間部もよるまでのこって、学校で作業中!  

DSC09866.JPG  

 

hosokawa_1.jpg  細川まきこ

 

2013年1月21日

卒業制作 パネル提出

夜間の2年生は、年明け早々

卒業制作の提出でした。

 

DSC09684.JPG  

これが卒業制作の実際の大きさ。

まだパネルには貼っていませんが、大きい!

模型をだしている学生もいます。

 

DSC09687.JPG  

担当の先生は根本先生、横堀先生。

本提出に向かって、どこを直すかを アドバイス。

コンピュータの画面では、全体を見ているつもりでも、

実際の大きさにプリントアウトしてみると、

「図面が薄くて見えない」とか

「写真が大きすぎるかも」とか

「パネル全体が思ったよりもスカスカ」とか。

色々なことがわかります。

 

本提出まで、あと数週間。

学生たちは仕事に、卒業制作に

眠れない1月です。

 

がんばって! 

2012年12月19日

特別講義 谷尻誠先生② 学生作品講評会

夜間の特別講義、今年は谷尻誠先生をお招きしました。

後半は、学生の課題を講評していただきました。 

 

DSC09478.JPG  

 

夜間部だけではなく、昼間部の学生も作品を展示。

DSC09447_1.JPG  

  DSC09446.JPG

ぎりぎりまで、模型を補修する学生もいます。

谷尻さんにはいい状態の作品をみてほしいですからね。

 

 

インテリアデザイン科3年生とインテリアデコレーション科2年生は、

卒業作品の製作中。

途中段階のものを谷尻さんに相談している学生もいました。  

DSC09479.JPG   DSC09515.JPG

 

谷尻さんに、スケッチをかいてもらっている学生もいました。

いいですね〜! 

DSC09497.JPG  

 

既に完成した作品を見ていただいている学生もいます。 

DSC09507.JPG   DSC09520.JPG

DSC09519.jpg  

 

家具製作課題も講評中!

DSC09526.JPG   DSC09534.JPG

DSC09541.JPG  

 

20作品以上あったと思いますが、

谷尻先生は、学生ひとりひとりのプレゼンを見て

それはそれは、すばらしい講評をしてくださいました。

いい点、直すべき点。

共通することは、デザインを楽しんで作ってということ。 

予定の時間を大幅にオーバー・・・ごめんなさい。

 

でも、講評していただいた学生たちは、

宝物のように大切な言葉をいただきました。

谷尻先生、ありがとうございました!

 

hosokawa_1.jpg  ほそかわまきこ

 

 

 

 

 

 

 

2012年12月14日

特別講義 谷尻誠先生① レクチャー

今年の夜間特別講義のゲストは谷尻誠先生!

学生たちからも要望が多かった先生の一人です。

  DSC09488.JPG

 

 

 まずはレクチャー

DSC09449.JPG  

前半は、谷尻さんが日頃おもしろいと思って集めているビジュアルから。

何十枚ものビジュアルを通して、谷尻さんの、モノを見る視点が

少しずつ解き明かされていきます。 

ちょっとだけ紹介しますね。 

 

DSC09461.JPG  

数字が見にくい時計。

わざと、計算しないと時間がわかりにくく、

だからこそ、意識してしまう、というデザイン

とか・・・

 

DSC09462.JPG  

あけるのが大変なドアチェーン。

とか・・

 

DSC09469_1.JPG  

みなれた形が、異なったシチュエーションでみえてくるとか。

 

いつもは、あたりまえで、実はよく見ていないものたちが

ちょっとしたデザインやユーモアを加えることによって

突然、意識するものになる。

これがデザインのおもしろいところ。

 

レクチャーの後半は、谷尻さんのコンペ案が数多く登場。

これは、ブログではお見せできませんが、

本当に革新的で、おもしろいものがたくさんありました。

コンペに挑戦するときに、谷尻さんが何を考えていたか?とか

負けたコンペから、何を学んだか?とか。

ライブだからこそ聞けるという内容でした。

 

次は「講評編」です(^^)