インテリアマイスター科

« 神奈川県立生命の星・地球博物館見学 | メイン | ボードを貼り始める »

小屋製作ー天井下地、建具枠製作

皆さんお久しぶりです!春休みが終わり二年生になりました岩本です。

去年から製作している小屋の完成を見る日はまだ先のようです。
20170418-1.jpg20170418-10.jpg今日は昨日に引き続き天井下地の取り付けと、午後には建具枠の製作に入りました。
今週の木曜日には職人さんをお呼びしてボード貼りをするので作業が遅れることは許されません。
皆さんもぜひ木曜日のブログを楽しみにしていてくださいね!


さて、天井下地について。
天井下地となる部材のことを野縁(のぶち)と言います。そしてその野縁を吊っている部材は吊木(つりぎ)です。
20170418-9.jpgこの野縁にボードをビスで打っていくのでボードのつなぎ目にも部材が必要になりますね!

何事もそうですが、小屋製作においても水平垂直はとても重要です。
野縁の水平を確かめるために水糸をピンと張って部材の反りなどがあれば直しながらビス止めしていきます。
20170418-7.jpg20170418-4.jpg


天井下地が終わったので次は建具枠(たてぐわく)を取り付けていきます。
建具というのは外部や他の部屋とを仕切る開閉する開口部のことです。
私たちの小屋には玄関の扉、窓、襖(ふすま)があるのでこの三つの枠を製作していきます。
枠には面取りが必要ですが、トリマーという道具を使って加工します。
20170418-2.jpgトリマーは面を取ったり溝を掘ることができるのでどんな加工がしたいかによって様々な刃を使い分けます。
20170418-5.jpg20170418-8.jpg


小屋製作では押し切り(卓上丸鋸)が大活躍です
※イケメン二人組みは今日もキメッキメ20170418-6.jpg

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

About

2017年4月25日 17:43に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「神奈川県立生命の星・地球博物館見学」です。

次の投稿は「ボードを貼り始める」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。