スクールライフ

« 2015年10月 | メイン | 2015年12月 »

2015年11月 アーカイブ

2015年11月 2日

SDレビュー2015入選・山中 悠嗣 先生

9月24日(木)に行われたICS特別講義は、「SDレビュー2015/第34回 建築・環境・インテリアのドローイングと模型の入選展」に入賞された、GENETO建築設計事務所共同主宰 山中 悠嗣(やまなか・ゆうじ)先生に講義していただきました!

ICSの非常勤講師もしていただいている山中先生は、社団法人商環境設計家協会JCDデザインアワード2010金賞、国際アワード「Architizer A+ Awards 2014」レストラン部門受賞など、多くの賞を受賞されていています。


sl_yamanaka_001.jpg

SDレビューとは、実際に「建てる」という厳しい現実の中で、設計者がひとつの明確なコンセプトを導き出す思考の過程を、ドローイングと模型によって示そうというもの。実施見込みのないイメージやアイデアではなく実現作を対象とした、建築家の登竜門とされている賞です。

▼SDレビュー2015に入賞された「みんなでつくるツリーハウスの集落」。
yamanaka.jpg

このプロジェクトは、自然との関わり方を考えたほうがいいと思い、自然の中に自分の身をおく方法を模索した結果生まれたとのことです。

▼ひとつの循環のかたちを具現化したプロジェクトでもあります。
sl_yamanaka_008.jpg

▼ツリーハウスのディテール。木にボルトを貫通させ建築金物で固定し、安全性を確保する構造。
sl_yamanaka_009.jpg

▼組立て方のダイアグラム。プロジェクトに賛同してくれた一般の人達が作るため、難しい工程・加工を無くした方法を考えられたそうです。
sl_yamanaka_010.jpg

▼模型制作の様子。ICSの学生数名がオープンデスクとして参加しています。
sl_yamanaka_012.jpg

先生は、学生時代にさまざまなところにオープンデスクに行き、学校とは違った多くのことを学んだ経験から、オープンデスクの重要性を感じているそうです。
「実際に働いている人の生の声を聞くこと、自分の作品と仕事として作る模型のクオリティの違いなど、勉強になることばかりなので、どこでもいいからオープンデスクに行ったほうがいい」とおっしゃっていました。

学生からの「卒業して独立するまでに必要だと感じたことはなんですか?」という質問に、「自分が何を必要とし、何を得ようとするかが重要」とお答えくださいました。


受賞された作品について、ご本人に解説していただけ、プロセスや考え方など貴重なお話を聞くことができました。

山中先生、ありがとうございました!

▼GENETO建築設計事務所
http://www.geneto.net


教育運営室
飯泉

2015年11月10日

「School of ASIA」を目指して

2015年10月24日(土)〜11月3日(火)に開催された、今年で30周年を迎えるクリエイティブの祭典「TOKYO DESIGN WEEK 2015」。デザイン・アート・ミュージック・ファッション、4つのジャンルから、企業、ブランド、デザイナー、学校がそれぞれのクリエイティブを発表するイベントです!
最先端のクリエイティブを体感できる「TOKYO DESIGN WEEK」にICSカレッジオブアーツも参加いたしました!!


tdw_0009.jpg

ICSが出展した『ASIA AWARDS 学校作品展』では「インタラクティブな遊具」をテーマに、国内46校海外9校が参加しデザイン・クリエイティブ力を競い合い『School of ASIA』の選出が行われました。
果たして、グランプリである『School of ASIA』の栄光に輝いたのはどの学校でしょうか?!


tdw_0013.jpg
tdw_0007.jpg
tdw_0008.jpg

▼ICSの作品『膜』。『空気に形はなく、この膜は形ないものと呼応する。遊ぶ気持ちにも形はない』がコンセプトです。
tdw_0001.jpg

▼中に入り、上を見上げたときの写真。
tdw_0005.jpg

▼ICSブースで遊んでくれていたお子様。楽しんでもらえたようで嬉しいです!
tdw_0012.jpg


学校作品展では、出展校全校を対象にプレゼンテーション大会も行われました。
審査員の先生方を前にし、その場で評価されるという緊張の場でしたが、どの学校の代表者も堂々と自分たちの作品をアピールしていました!
ICSのプレゼンターを務めたのは、インテリアデザイン科の1年生!
みんなの期待を胸にがんばりました!!


▼プレゼンテーション前に、本を読んで余裕の表情です。頼もしい!
tdw_0002.jpg

▼機材トラブルにあいながらも上手く対処し、わかりやすいプレゼンテーションをしてくれました。
tdw_0004.jpg


そして、2015年の『School of ASIA』に選ばれた作品はこちらです!

▼東洋大学『心衣 -Kokoromo-』。
tdw_0006.jpg


残念ながら、グランプリを逃してしまいました。。。
参加した学生たちも悔しかったようで、「来年はグランプリ目指そう!」とすでに燃えています!
来年の出展は未定ですが、出展が決まったら今年の経験を活かし学生、職員ともにグランプリ目指してがんばります!!


教育運営室
飯泉

2015年11月 5日

インテリアデザインの専門学校ICSカレッジオブアーツの家具デザイン・家具実習担当 野﨑 義嗣(のざき・よしつぐ)先生が、 "モノと人と暮らしをつなぐ" 雑誌『トルテ』Vol.8の特集「つくりびと・家具を極める。」にて紹介されています!

ICSカレッジオブアーツの家具デザイン・家具実習担当 野﨑 義嗣(のざき・よしつぐ)先生が紹介されている、普段の何気ない日常の中で心豊かになれるちょっぴり贅沢で楽しく、美しく、機能的なモノたちを選りすぐって紹介する雑誌『トルテ』Vol.8。

ICSカレッジオブアーツの家具デザイン・家具実習担当 野﨑 義嗣(のざき・よしつぐ)先生が紹介されている、普段の何気ない日常の中で心豊かになれるちょっぴり贅沢で楽しく、美しく、機能的なモノたちを選りすぐって紹介する雑誌『トルテ』Vol.8。

昔ながらの技術・技法を用いた伝統ある和雑貨から、新進気鋭の若手デザイナーによる最新の和洋雑貨まで、普段の何気ない日常の中で心豊かになれるちょっぴり贅沢で楽しく、美しく、機能的なモノたちを選りすぐって紹介する雑誌『トルテ』(ネコ・パブリッシング社刊)。

Vol.8の特集「つくりびと・家具を極める。」では、インテリアデザインの専門学校ICSカレッジオブアーツの家具デザイン・家具実習担当 野﨑 義嗣(のざき・よしつぐ)先生が、一人ひとり違う要望に応え、世界でたった一つの家具を作り出す「オーダー家具職人」として、ご自身が代表を務める会社マカロニデザインの工房とともに紹介されています。

ICSの卒業生でもある野﨑先生。ICS卒業後は、国内外の著名な工房で12年間もの修行を積まれたツワモノ。
2008年に株式会社マカロニデザインを設立されてからは、オーダー家具やオリジナル家具のみならず、ICSで教鞭を執るなど後進の指導にも力を入れられています。

ちなみに、「マカロニデザイン」の「マカロニ」は、目の上に生えたオレンジ色の羽が特徴の「マカロニペンギン(語源は18世紀イギリスの伊達男)」が、 "他のペンギンたちより、ちょっとだけオシャレをしていてステキ" だったことが由来とか。

詳しくは、ぜひ、紙面をご覧ください。


特集「つくりびと・家具を極める。」では、一人ひとり違う要望に応え、世界でたった一つの家具を作り出す「オーダー家具職人」として野崎先生が紹介されています。

特集「つくりびと・家具を極める。」では、一人ひとり違う要望に応え、世界でたった一つの家具を作り出す「オーダー家具職人」として野崎先生が紹介されています。(画像のクリックで拡大表示します)


野﨑 義嗣(のざき・よしつぐ)先生
野﨑 義嗣(のざき・よしつぐ)先生
家具デザイン・家具実習担当/株式会社マカロニデザイン代表取締役
1974年 神奈川県生まれ。1996年 ICSカレッジオブアーツインテリアデザイン科卒業。有限会社 秋山木工勤務、株式会社 匠工芸勤務、Moebel Exquisit(ドイツ)勤務、PP Møbler(デンマーク)勤務を経て2008年 株式会社マカロニデザイン設立。


▼『トルテ』ネコ・パブリッシング社のホームページはコチラ
http://www.torte-mag.com/

▼ 野崎先生の株式会社マカロニデザインのホームページはコチラ
http://www.macaroni-design.com/


2015年11月 7日

マイスター科企業研修レポート1/2

Panasonic PROIE プロイエサービス株式会社


元気印のマイスター科2年生は、現在卒業後の就職へ向けて企業研修に出かけており、最近会えずに寂しいです。。

そんな訳で、学生3名がお世話になっている「パナソニック プロイエサービス株式会社(以下、プロイエ)」様に訪問し、研修の様子をのぞいてきました!!


「パナソニック株式会社」
みなさんもご存知の大手企業ですよね!
同社がこれまで培ってきた「住まいのプロ」としての技術と経験を活かし、「暮らしをより素敵に、楽しくするお手伝い」をするために生まれた、プロイエ。


地域密着にこだわりながら迅速・丁寧にサービスを提供されており、「街の住まいのかかりつけ医」として急成長中の会社です。

さて、学生たちはどんな様子なのでしょうか!?

今回お邪魔させていただいたのは、作業進行中のお客様宅。世田谷区の住宅街に位置する、一軒家です。特別に許可をいただき、作業風景を見学させていただくことができました。壁紙の貼り替え、また洗面所とトイレの床の貼り替え作業がおこなわれていました。


▼階段吹き抜け部の天窓から差し込む光が、新しくなった壁・天井をキラキラと照らします
20151028pro1_05.jpg


新しく貼り替えられた白壁に、温かみのある絵画が多く飾られ、広々とした素敵なお家でした。


マイスター科の2年生は、10畳ほどの小屋を在来の軸組木造で学校工房内に実作し、左官や壁紙、フローリング貼り等で、壁・床・天井を仕上げる方法やリペアの施工実習を授業で経験済みです。小屋を建てる前には、図面の製図授業も行っています。日々まじめに学習したことを活かして、プロイエの方々にしっかり指導していただきましょう!

プロイエの作業は、住民であるお客様の生活はそのままの状態で進められていました。お客様の立場からすると、とても利用しやすいサービスであると感じました。

残念ながら、この日はお客様にお会いすることができませんでしたが、実際にお客様のお宅で貴重な作業風景を拝見させていただくことができ、この場を借りて改めて感謝申し上げます。本当にありがとうございました!


▼二人は新しく貼った床材と洗面台の隙間をコーキング剤でうめる作業のお手伝いをしていました
20151028pro1_06.jpg 20151028pro1_13.jpg


20151028pro1_12.jpg

このコーキング作業、中には通常の作業用のヘラを使うのではなく、バターナイフなどの "しならない" 硬いツールを使用している方もいるとか。「なぜですか?」と尋ねましたら、「通常のヘラだと柔らかすぎて微調整がしにくいので、腕や指先をしなやかに使えるプロフェッショナルだけがバターナイフを使います」とのお答え。職人技があるがゆえですね。 






次は、電気スイッチのプレートを交換します。壁紙が新しくなり、こういった部品も取り替えることで、さらにリフレッシュされます。きめ細やかな配慮(はいりょ)が大切なんですね。


20151028pro1_04.jpg 20151028pro1_03.jpg

(左)手前が既存のもので、後ろが新しいプレート
(右)水平垂直に正確に取り付けます。曲がっていたものもここで微調整して、より美しく仕上げます!

いただいたアドバイスをもとに、この後何ヶ所も取り替え作業にあたりました。

作業の進み具合はいかがだったでしょうか?!

社会人になる前の練習としての企業研修ですが、プロの現場ですから一人前のお仕事をしなければなりません。
ですが二人の持ち前の明るさもあり、緊張感を持ちつつも、光溢れる現場で終始和やかムードで安心しました!
「インテリアを施工する技術」を実際の現場で試すという、またとない機会。かけがえのない経験となったことでしょう。

ご指導くださったプロイエの皆様ありがとうございます。

この研修を機に、他のクラスメイトも含め、学生の未来が拓かれることを願っています!

▼右から技術指導してくださった柏倉(かしわくら)さんと営業部長の田中さん。マイスター科2年生の、高橋さんと亀井くん。田中さんは、マイスター科の作業着をはおってくださっています(笑)
20151028pro1_08.jpg

20151028pro1_09.jpg



◀︎亀井くんが持っているものは、今回新しくトイレに取り付けるために作られた造作家具です。
次のブログでは、この造作家具をつくっている作業現場、プロイエの梶ヶ谷事務所にお伺いします。お楽しみに!


(企業研修レポート2/2へ続く...)






事務管理室 GE



2015年11月 9日

マイスター科企業研修レポート2/2

Panasonic PROIE プロイエサービス株式会社

前回に引き続き今回のブログでも、マイスター科企業研修の模様をフィーチャーします!

おじゃましたのは「パナソニック プロイエサービス株式会社(以下、プロイエ) 梶ヶ谷店」。こちらには工房設備も備えられているとか。

お天気も良く、木の香りのする工房はやっぱりウキウキしますよね♪ きっと学生たちも意欲的に参加できていることと思います。


▼川崎市高津区にあるプロイエ 梶ヶ谷店。澄みきった青空に、ロゴマークがキレイに映えていました
20151028pro2_05.jpg

▼事務所の2Fテラスにて。右からマイスター科の亀井くん、高橋さん、高野くん。プロイエの作業着がさまになっていますね!
20151028pro2_04.jpg


研修も2週目に入っているせいか、雰囲気も少し凛々(りり)しく、学校で見ている時より成長しているように感じます。社会人らしい顔つきになってきましたね!


3名は、この事務所の3Fに設置するカタログ入れの棚を製作するお手伝いをしていました。亀井君がデザイン・設計したものだそうです。本当ですか?!


この日には、すでに材料は切り出されていたので、組み立てから始まります。3名いるからでしょうか?3連のキャビネットでした。台輪(だいわ)と呼ばれる土台を組み立て、高さがある本体は、設置する現場で組み立てました。


▼最初につくり方とコツを教えていただき、次に3名が実践(じっせん)します
20151028pro2_07.jpg 20151028pro2_08.jpg
20151028pro2_09.jpg 20151028pro2_10.jpg


学生に研修の感想を聞いてみると、学校では使わない、現場ならではの材料を使っての作業が新鮮だったとのこと。ウォールナット・オーク・チェリーの3種類を使い、並べます。同じ材料でも、接着する場所によって接着剤を使い分けていまいした。


20151028pro2_11.jpg
▲大手企業の強みを感じる瞬間が多々ありましたが、特に使用している機材まで自社製品だったことに驚きです。さすがです!
左から、充電式のインパクトドライバーと壁の下地調べセンサー。




設置場所前で組み立てです。本日ご指導いただいているプロイエの代田(しろた)さん曰く、「組み立てていざ立ち上げる時に照明等にぶつかり立てられないという失敗がよくあります」とのこと。

少しドキドキしながら... ほっ!大丈夫でした〜。できたものは壁の取り付け位置を調べて印をつけ、そこにねじ止めをしていきます。

20151028pro2_12.jpg 20151028pro2_13.jpg
20151028pro2_02.jpg

やっと1つ完成です!3つの棚が設置されるのを待ちきれず、早速記念撮影をお願いしてしまいました。みなさんいい笑顔ですね!


20151028pro2_01.jpg aillis201510300951294.JPG
右側が完成した写真です。
もの作りがメインのマイスター科ですが、色彩検定やカラーコーディネーターを受験できるカリキュラムも行っています。授業の成果が出ているでしょうか?!

天井の高さにバッチリ収まっていて、可変式の棚で使いやすく、たくさん収納できそうですね。梶ヶ谷店のみなさまにも、きっと喜んでいただけることでしょう!

研修も残り2日となりました。明日はまた杉並区のお客様宅の現場でお手伝いとのことで、「期待しています」とのお言葉をいただきました。学生もやりがいを感じているのではないでしょうか。


プロイエのみなさま、本当にありがとうございます!!


日程が決められた現場での作業、「スピードを持ってやるように」とのご指導がありましたので、3名で力を合わせて修練に励みましょう。応援しています!

事務管理室 GE


2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

About 2015年11月

2015年11月にブログ「スクールライフ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2015年10月です。

次のアーカイブは2015年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。