スクールライフ

« 2015年8月 | メイン | 2015年10月 »

2015年9月 アーカイブ

2015年9月24日

インテリアデザインの専門学校ICSカレッジオブアーツ講師のマニュエル・タルディッツ先生が、住宅誌『C・Ready(クレディ)』創刊号にて、「建築家マニュエル・タルディッツの原点」を公開!

インテリアデザインの専門学校ICSカレッジオブアーツ講師のマニュエル・タルディッツ先生が、「建築家マニュエル・タルディッツの原点」を公開した、30代、40代の女性たちの目線で綴(つづ)る、実用的でリアルな情報満載の住宅誌『C・Ready(クレディ)』創刊号。

インテリアデザインの専門学校ICSカレッジオブアーツ講師のマニュエル・タルディッツ先生が、「建築家マニュエル・タルディッツの原点」を公開した、30代、40代の女性たちの目線で綴(つづ)る、実用的でリアルな情報満載の住宅誌『C・Ready(クレディ)』創刊号。

9月に創刊された、30代、40代の女性たちの目線で綴(つづ)る、実用的でリアルな情報満載の住宅誌『C・Ready(クレディ)』(ネコ・パブリッシング社刊)。

「Column on Home & Life」では、海外と日本の暮らし、家づくりについて、建築家やインテリアのプロがコラム形式で紹介しています。

この創刊号のコラムにて、インテリアデザインの専門学校ICSカレッジオブアーツ講師のマニュエル・タルディッツ先生が、「建築家マニュエル・タルディッツの原点」を公開しています。

近代的なフランスのパリと、野生的なアフリカのカメルーンで幼少期を送ったタルディッツ先生。
この相反する環境での生活を同時に体験したことが、現在の "建築家マニュエル・タルディッツ" の誕生には不可欠だったよう...。

タルディッツ先生の建築のスピリッツまでかいま見えそうな、貴重なコラムとなっています!

詳しくは、ぜひ、紙面をご覧ください。


現在の 現在の "建築家マニュエル・タルディッツ" の誕生には不可欠だったものとは? タルディッツ先生の建築のスピリッツまでかいま見えそうな、貴重なコラムとなっています!(画像のクリックで拡大表示します)

マニュエル・タルディッツ 先生
マニュエル・タルディッツ 先生
ICSカレッジオブアーツ 理事・特任教授/マスターコース 日本インテリアアーキテクチュア&デザイン コースリーダー/住居・店舗デザイン担当/建築家/株式会社みかんぐみ共同主宰
1959年 パリ生まれ。1984年 UNITE PEDAGOGIQUE D'ARCHITECTURE No.1(フランス)卒業。1992年 東京大学大学院博士課程修了。1995年 株式会社みかんぐみ共同設立。2005年 フランス芸術勲章シュバリエ受賞など受賞多数。


▼『C・Ready(クレディ)』ネコ・パブリッシング社のホームページはコチラ
http://www.neko.co.jp/?p=94594

▼ タルディッツ先生の株式会社みかんぐみのホームページはコチラ
http://mikan.co.jp/


2015年9月28日

ICS Festival 2015!!

実行委員会が中心となり企画・運営を行なった、ICS初の学生主体による学園祭「ICS Festival 2015」が、9月19日(土)・20日(日)に開催されました!

半年以上前から活動していた実行委員会。
前例がない中、他の学校とは違うICSならではの学園祭を目指して、"インテリアデザインの学校らしさ" "ICSの特色を表現する"など、テーマについての話し合いを重ねてきました。

その結果「自分たちが求めているものを得られる学園祭にしたい!」という想いから決定したテーマが『伝』です!
デザインについて学ぶだけではなく、そのデザインを"人に伝える"ということや"伝わりやすい表現"について、もっと学びたい、もっと知りたいということで、「伝える力」を主軸にした、さまざまなイベントが行なわれました!!

今回は、学生の日頃の成果を伝える「わたしたちのインテリアデザイン展」の模様を、スペシャルゲストとして遊びに来てくれたゆるキャラ「めぐろン」の様子とともにお伝えいたします!

▼実行委員のインテリアデザイン科1年生が中心となって制作したディスプレイデザイン。
icsfes15_001.JPG

▼エントランスでめぐろンと記念撮影。突然の登場に、みんな驚き喜んでいました!
icsfes15_002.JPG

▼佐藤先生も大喜び!
icsfes15_003.JPG

学科ごとにデザインした展示会場にて、日頃の成果をパネルや模型で伝えた「わたしたちのインテリアデザイン展」。
それぞれの特徴を表すような、雰囲気の異なる空間が演出されていました!

▼インテリアデザイン科の展示は、作品の見やすさに重点をおいたシンプルな構成。
icsfes15_004.JPG

▼実作の椅子も展示されていました。
icsfes15_012.JPG

▼学生作品の椅子に座るめぐろン。
icsfes15_006.JPG


▼インテリアデコレーション科では「イマジネーション ブルー」をコンセプトに、全体が青い光で覆われていました。
icsfes15_007.JPG

▼廊下まで青い空間に!
icsfes15_014.JPGのサムネイル画像

▼一緒に展示を見学している学生とめぐろン。
icsfes15_008.JPG


▼インテリアマイスター科では、2年生が制作した収納家具を、実際に部屋で使っているイメージでレイアウトしていました。
icsfes15_009.JPG

▼4階エレベーターホールには、インテリアマイスター科1年生の作品。
icsfes15_010.JPG

▼インテリアマイスター科が課題で行なう実寸小屋制作の写真も展示されてました。
icsfes15_011.JPG

▼めぐろンと楽しそうに交流している学生たち。
icsfes15_013.JPG

最後には、イベント会場である地下ラウンジにめぐろン登場!
めぐろンのおかげでとても盛り上がりました!!

▼みんなで記念撮影。みんな良い笑顔!!
icsfes15_015.JPG

各イベントについては、また後日ブログにてお伝えいたしますのでお楽しみに!!


教育運営室
飯泉

2015年9月30日

インテリアデザインの専門学校ICSカレッジオブアーツの講師 佐々木 高之(ささき・たかゆき)先生、荒木 源希(あらき・もとき)先生、佐々木 珠穂(ささき・たまほ)先生の設計事務所「A+Sa(アラキ+ササキアーキテクツ)」が、建築専門誌『KJ(建設ジャーナル)』10月号の巻頭32ページにて特集されています!

設計事務所「A+Sa(アラキ+ササキアーキテクツ)」が巻頭32ページにて特集されている、国内外のすぐれた建築を写真、図版、コンセプト原稿で紹介する建築専門誌『KJ(建設ジャーナル)』10月号。

設計事務所「A+Sa(アラキ+ササキアーキテクツ)」が巻頭32ページにて特集されている、国内外のすぐれた建築を写真、図版、コンセプト原稿で紹介する建築専門誌『KJ(建設ジャーナル)』10月号。

1961年に創刊され、国内外のすぐれた建築を写真、図版、コンセプト原稿で紹介する建築専門誌『KJ(建設ジャーナル)』(KJ社刊)。

スタディ模型や初期スケッチなどのプロセスにも重点をおき、どのように建築が生まれたのか紐(ひも)解いていく、建築設計者や技術者、研究者、学生などの専門家向け書籍です。

10月号の巻頭では、今、最も勢いのある若手設計事務所「A+Sa(アラキ+ササキアーキテクツ)」の作品および取り組みを32ページに渡って特集。
デザイン、施工技術ともに優れた同社の設計手法を解き明かしています。

「A+Sa」は、ICSカレッジオブアーツ講師のインテリアデザイナー 佐々木 高之(ささき・たかゆき)先生、建築家 荒木 源希(あらき・もとき)先生、建築家 佐々木 珠穂(ささき・たまほ)先生が2008年に設立。

「人間の知性と知覚に訴えかける建築の力を信じて、その場に立つ人のための建築をつくる」「目新しさを追わず、永く愛される親和性の高い建築を目指す」「材料の本質を探究し、誠実に扱う」を設計理念に、インテリアデザインや建築、家具設計をされています。

ちなみに「アラキ+ササキアーキテクツ」の略称「A+Sa」は、1950年代から60年代を中心にイギリスで活躍した敬愛する建築家アリソン&ピーター・スミッソンが、自分たちの名前を「A+Ps」で表記したことに倣(なら)ったもの。
「A+Sa」の設計理念も、スミッソン夫妻の「素直で実直な、偽りのない建築」の考え方を引き継いでいます。

詳しくは、ぜひ、紙面をご覧ください。


特集では、デザイン、施工技術ともに優れた設計事務所「A+Sa」の設計手法を解き明かしています。

特集では、デザイン、施工技術ともに優れた設計事務所「A+Sa」の設計手法を解き明かしています。(画像のクリックで拡大表示します)


佐々木 高之(ささき・たかゆき)先生
佐々木 高之(ささき・たかゆき)先生
造形・住居・店舗デザイン・デザイン理論・デザイン表現担当/インテリアデザイナー/株式会社アラキ+ササキアーキテクツ代表取締役
1978年 広島県生まれ。2002年 東京都立大学工学部建築学科卒業。2005年 イーストロンドン大学大学院修了。2005年〜2007年 NAP建築設計事務所勤務。2008年 アラキ+ササキアーキテクツ設立。2012年 第8回パブリック主催スペースデザインコンテスト飲食部門1位など受賞多数。

荒木 源希(あらき・もとき)先生
荒木 源希(あらき・もとき)先生
家具デザイン担当/一級建築士/株式会社アラキ+ササキアーキテクツ代表取締役
1979年 東京都生まれ。2002年 東京都立大学工学部建築学科卒業。2004年 東京都立大学大学院工学研究科建築学専攻修士課程修了。2004年~2007年 アーキテクトカフェ・田井幹夫建築設計事務所勤務。2008年 アラキ+ササキアーキテクツ一級建築士事務所設立。2013年 一般社団法人東京建築士会住宅建築賞など受賞多数。

佐々木 珠穂(ささき・たまほ)先生
佐々木 珠穂(ささき・たまほ)先生
建築家/株式会社アラキ+ササキアーキテクツ代表取締役
1979年 富山県生まれ。2002年 東京都立大学工学部建築学科卒業。2005年 イーストロンドン大学大学院修了。2006年~2008年 建築設計事務所勤務。2008年 アラキ+ササキアーキテクツ設立。2012年 第8回パブリック主催スペースデザインコンテスト飲食部門1位など受賞多数。2013年 ICSカレッジオブアーツ特別講義にて講演。


▼『KJ(建設ジャーナル)』KJ社のホームページはコチラ
http://www.kj-p.co.jp/book/201510.html

▼「A+Sa(アラキ+ササキアーキテクツ)」のホームページはコチラ
http://arakisasaki.com/


2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

About 2015年9月

2015年9月にブログ「スクールライフ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2015年8月です。

次のアーカイブは2015年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。