スクールライフ

« 2015年7月 | メイン | 2015年9月 »

2015年8月 アーカイブ

2015年8月 3日

真夏の爽(さわ)やかスケッチ大会

 夏到来!暑い日が続きますが、ICSでは夏休みを前に、全校学生合同のスケッチ大会が2日間にわたって行われました。スケッチを行った会場は『川崎市立日本民家園』です。


20150728ICS_01.jpg


 こちらの施設は、東日本の代表的な民家をはじめ、全国各地から移築保存されている古民家が点在する、野外博物館です。今回の課題条件は、B5サイズ以上の着彩した風景画1枚以上か、フリーサイズ6枚以上のクロッキー(鉛筆、ペン、筆ペンなど)かを選べます。


▼スケッチする際のマナーや暑さ対策への注意事項をアナウンス
20150728ICS_02.jpg

 初めて訪れる学生も多く、留学生にとっても日本の伝統的な木造建築を間近で沢山見学することができ、スケッチ前から興味津々です。一番古いものだと17世紀中期のものが保存されているそうです!

▼建物内部に上がれる民家では、間取りや建具(たてぐ)も入念にチェック
20150728ICS_03.jpg

▼暑い中でも火が?! 実はこれ、害虫などから建物を守るためのものだそうです
20150728ICS_04.jpg

▼それぞれが感じた場所で、スケッチを行いました
20150728ICS_05.jpg 20150728ICS_06.jpg

20150728ICS_07.jpg 20150728ICS_08.jpg

 見所多い民家園での1日目のスケッチは無事終了。皆さん、入学してから受けたデッサンの授業や、今までの授業の中で身につけた実力を発揮できたでしょうか?


 2日目は会場を移し、学校で講評会が開かれました。暑い中頑張って描いたスケッチの数々を、教室の壁に展示します。

▼全校学生が貼り出したスケッチの中から、自分の好きな作品を2点選びます
20150728ICS_14.jpg

▼学生による投票で選ばれた作品は、代表して先生から細かい講評をお話ししていただきました
20150728ICS_15.jpg


 民家園を巡っている時に、園のスタッフの方から説明を聞くこともできました。そこで聞いた話と合わせて、自分の記憶としてスケッチに残している作品が印象的でした。着彩作品では、強い日差しを受けて輝く木々とのコントラストを、上手に描いたものに人気が集まりました。


▼最終的に上位3名が選ばれ、記念の本が贈られました!おめでとうございます!!
20150728ICS_13.jpg


▼最優秀作品 インテリアマイスター科2年生 進藤 崇貴さん
20150728ICS_11.jpg


 スケッチは、最初の一枚を最後まで描き切ると、二枚目以降が描きやすくなるそうです。また、写真を写して描くこととの違いは、その日、その場所でしか見られない、色の臨場感(りんじょうかん)だそうです。たくさんスケッチを行い、自分だけが発見できる場所を集めていくことは、自分のアイデアを表すことができるようになるとのお話しをしていただきました。

 最後に、担当していただいた加藤万利子(かとうまりこ)先生から、「これからも友達と見せ合ったり、評価したり、良い所を真似て、描くことをどんどん好きになって下さい!」と激励のお言葉をいただき、閉会しました。夏の日の、友人たちと過ごす貴重な思い出づくりができたことと思います。

 また、スケッチ当日は民家園の方々にも本当にお世話になりました。ありがとうございました!


担当:事務管理室 GE

2015年8月 5日

目指せベストプレゼンテーター!!

8月になり、学生たちは夏休み!
そんな学生たちにとっての前期のまとめ、前期公開プレゼンテーションが行なわれました!!

ICSでは年に2回、前期と後期の終わりに公開プレゼンテーションを行なっています。
公開プレゼンテーションは、各デザイン課題につき3名程度選抜され、全校生徒、非常勤講師が集まるなかプレゼンテーションを行ないます。普段教わっていない講師からも講評していただける良い機会です!

公開プレゼ01.jpg

▼先生方は、アイレベル(実際の目線の高さ)で模型を覗き込み、学生のデザイン意図を読み取ります。
公開プレゼ02.jpg

1年生にとっては、初めての公開プレゼンテーション。
緊張しながらも、一生懸命自分のデザインについて発表していました!

インテリアデザイン科では、前期は造形課題に取り組みました。
一見、インテリアデザインに関係ないように感じる課題ですが、今後0からモノを考えるときに必要な発想力を身につける大切な課題です。

▼自分と外界をつなぐ「被る空間」課題でマスクをデザインしたインテリアデザイン科1年生。台湾からの留学生です。コースリーダーのリヴィエレ先生がモデルになってくれています。
公開プレゼ06.jpg

インテリアデコレーション科、インテリアマイスター科は、前期のデザイン課題「アトリエの改修」「店舗のファサードデザイン」の2課題を合同で行ないました。

▼ファサードのデザインだけではなく、実寸サイズの照明を実際に造ってきたインテリアマイスター科の1年生。先生方も驚きでした!
公開プレゼ07.jpg
公開プレゼ08.jpg

先輩たちは、パネル、模型、プレゼンテーションどれをとっても、完成度の高い発表をしてくれました。
さすが上級生です!

▼周辺環境をも視野にいれた課題に取り組んだ、インテリアデザイン科3年生。
公開プレゼ09.jpg

▼先生から指摘を受けても、即座に自分の考えを述べていました。
公開プレゼ11.jpg

▼こちらは、インテリアデコレーション科の2年生。自分でブランドを設定したアパレルショップの課題です。
公開プレゼ20.jpg


先生方からは、次のような講評をいただきました。
「初めて聞く人にも伝わるようなコンセプトやデザイン意図の伝え方をしなければいけない」
「商品をただ置いていれば売れるわけではないことを意識して、売れるような仕掛けをもう少し深く考える必要がある」
「やりたいことをストレートに表現するのではなく、少しひねったデザインをしていくことが大切」
学年に見合った講評をしてくださいますが、どのコメントも全員が意識する必要があるコメントばかりですね。


そして、昨年から始まったベストプレゼンテーター賞の発表も!
全プレゼンテーターから各学科、各学年ごとに、パネルや模型、プレゼンテーションが総合的に優れていた学生に贈られる賞です。
今回は、イマキクというプログラムを使い、学生投票によって選出されました!

▼スマートフォンを使い投票を行なう学生たち。
公開プレゼ03.jpg

▼投票をドキドキしながら見守る、プレゼンテーターの学生たち。
公開プレゼ04.jpg

▼スクリーンに写しだされた投票結果。1位の学生、ダントツです!
公開プレゼ05.jpg

ベストプレゼンテーターに選ばれた学生には、エクスナレッジ社からそれぞれの学年に見合った本が贈呈されました!
みんな嬉しそう!!

▼インテリアデザイン科1年生。
公開プレゼ14.jpg

▼インテリアデザイン科2年生。
公開プレゼ12.jpg

▼インテリアデザイン科3年生。
公開プレゼ16.jpg

▼インテリアマイスター科1年生。
公開プレゼ17.jpg

▼インテリアデコレーション科2年生。
公開プレゼ13.jpg


学生のみなさん、おつかれさまでした!
充実した夏休みを過ごしてください!!


インテリアデザイン科
1学年担任 飯泉

2015年8月11日

極暑(ごくしょ)の「秋葉原てくてくツアー」!

毎年恒例の東京都立工芸高等学校インテリア科2年生との奉仕授業コラボレーション。

今年のテーマは、
『2020年の東京オリンピックを見据(みす)えて、外国人留学生と交流する!』

すでにたくさんの外国人の方々が日本を訪れていますが、東京オリンピックが開催される時には、もっと多くの外国人の方々で街がにぎわうことでしょう。

初めての日本に戸惑う外国人も少なくないハズ。
多くの外国人にドキドキしてしまう日本人も少なくないハズ。

そこで・・・
来日して間もない外国人留学生と交流を深めながら、東京の街を散歩する企画を考えました!

今回スポットをあてたのは、外国人観光客にも人気の街・秋葉原。
秋葉原の見どころポイントをまとめた手作りのガイドブックを参考にしてもらいながら、てくてく散歩に出かけます。

そして、てくてく歩きながら、日常生活の中で感じている不安や疑問を、高校生とICS学生が
解決します!

題して、「秋葉原てくてくツアー」!!

ICS留学生の日本語サポートで日頃からお世話になっている、東京・池袋のメロス言語学院様のご協力のもと、工芸高校 × メロス言語学院 × ICSの強力コラボレーションの実現です。


朝からうだるような暑さの8月3日(月)、メロス言語学院にみんな集合しました。
様々な国籍の学生が教室に集まって、いよいよスタートです!
秋葉原a.jpg


夏休み中、高校生のみんなが頑張(がんば)ってガイドブックを作ってくれました。
高校でインテリアデザインを学んでいるみなさん。さすがに上手ですね~!

IMG_1683 (383x480).jpgIMG_1684 (383x480).jpg

IMG_1685 (383x480).jpgIMG_1686 (383x480).jpg

我らがICS・細川先生は、2種類のガイドブックを作成!
「立ち食いそばの秘密」・・・。興味津々(きょうみしんしん)です(笑)
IMG_1687 (480x444).jpg


自分たちが作ったガイドブックで、留学生に向けてプチ・プレゼン!

▼おでん缶 プレゼン
秋葉原g.jpg

▼2k540 プレゼン
秋葉原h.jpg

▼がちゃぽん プレゼン
秋葉原i.jpg

▼ゲーセン プレゼン
秋葉原j.jpg

▼留学生のみんなも、熱心に聞いてくれています!
秋葉原k.jpg


見どころの説明が終わったら、チームに分かれて自己紹介タイム!
ちょっと緊張(きんちょう)していますが・・・今日一日よろしくお願いします!

秋葉原l.jpg

秋葉原m.jpg

秋葉原n.jpg

秋葉原o.jpg


チームでコミュニケーションをはかった後は、いよいよ秋葉原へレッツゴー!
てくてくツアーに出かける前に、細川先生から見学のコツについてプチ・レクチャー。
・・・すでに暑さがこたえます(泣)
秋葉原111.jpg


お昼ごはんもチームごとに食べました。
しっかり食べて、しっかり散歩するぞー!

秋葉原w.jpg

秋葉原y.jpg

秋葉原p.jpg

秋葉原x.jpg


秋葉原の街の見どころポイントは、いっぱいありました。

▼がちゃぽん会館で、満面の笑み!
秋葉原345.jpg

▼おでん缶にチャレンジ!
秋葉原q.jpg

▼2k540は、素敵な空間が広がっていました。
秋葉原てくてく_1778. (413x480).jpg

▼てくてく、てくてく・・・
Dチーム_てくてく歩き中 (361x480).jpg

▼冷房が心地よかったゲーセン
秋葉原てくてく_5072. (378x480).jpg


今回のツアーには、東京ケーブルネットワーク株式会社さんが取材に来てくださいました!
暑い中、本当にありがとうございました!

▼キャスターの佐藤さんと、チーフディレクターの竹森さん。
秋葉原てくてく_3082 (376x480).jpg

▼佐藤キャスターは、おでん缶も購入!
秋葉原v.jpg


汗だくになりながら、てくてく歩いた数時間。
最後の目的地は「マーチ エキュート 神田万世橋(かんだまんせいばし)」です。
ICSのタルディッツ先生、加茂先生たちの建築設計事務所「みかんぐみ」が全体の設計をおこなった建物ですね~。

▼Cチーム、到着!
Cチーム_マーチ到着 (352x480).jpg

▼最後に細川先生からマーチ エキュートのプチレクチャー!
マーチで解散 (480x360).jpg


極暑の中、歩き回った秋葉原。
恥ずかしさや緊張もあって、なかなか積極的に話すことができない子もいました。

でもきっと、メロス言語学院の留学生のみなさんにとって、記憶に残る夏の一日となってくれたことでしょう!

参加してくれたみなさん、お疲れ様でした!!


広報室・佐藤

2015年8月 6日

SketchUp!3Dプリンター!!

夏休み中、学生向けに行なわれる夏期セミナーが始まりました!
台湾の大学とコラボレーションして行なう「デザインコンペティションワークショップ」をはじめ、自己PR作成や模擬面接を行なう「就職活動のためのワークショップ」や校内で使用するベンチなどをデザイン・実作する「木工ワークショップ」。
また、色彩スキルアップ、空間模型写真の撮り方、PhotoshopやSketchUpのCAD講座などさまざまなセミナーが行なわれます。

今回は、SketchUp(スケッチアップ)講座をリポートします!

IMG_1458.JPG

▼SketchUpは、線や図形を描き、その表面を押したり引っ張ったりして3Dの形を造り、引き延ばし、コピー、回転、色塗りなど、自由にモデルを作成できるソフトウェアです。
sketchup_blog.jpg

▼新しい技術を熱心に教わっています。
IMG_1463.JPG

▼家具のモデリング。
IMG_1461.JPG

▼モデリングした家具を写真に合成しています。写真に合わせたパースをつけることができます!
IMG_1460.JPG

▼このようなインテリア空間のモデリングも!コンピュータが苦手だった学生による作品です。頑張りました!!
IMG_1472.JPG
IMG_1473.JPG
IMG_1471.JPG


そして、先日学校の設備に加わった「3Dプリンター」!!
みなさんもご存知だとは思いますが、コンピュータ上で作成した3Dデータを立体として造形してくれる装置です!

IMG_1470.JPG

もちろんSketchUpも対応しています!
なので、インテリアデザイン科の1年生がデザインして、SketchUpでモデリングしたベンチをさっそく3Dプリンターで造ってみました!!

IMG_1466.JPG

考えたことが形になることを目の当たりにして、改めて感銘を受けているようでした。

今後も3Dプリンターを上手く活用していけたらと思います!


インテリアデザイン科
1学年担任 飯泉

2015年8月24日

インテリアデザイナーのICSカレッジオブアーツ講師 佐々木 高之(ささき・たかゆき)先生が、子どものいる生活を楽しむママのためのファッション&ライフスタイル誌『nina's(ニナーズ)』9月号にて、「住まいのリノベーションで成功するコツ」を伝授!

インテリアデザイナーの佐々木 高之(ささき・たかゆき)先生が「住まいのリノベーションで成功するコツ」を伝授する、子どものいる生活を楽しむママのためのファッション&ライフスタイル誌『nina's(ニナーズ)』9月号。

インテリアデザイナーの佐々木 高之(ささき・たかゆき)先生が「住まいのリノベーションで成功するコツ」を伝授する、子どものいる生活を楽しむママのためのファッション&ライフスタイル誌『nina's(ニナーズ)』9月号。

子育て中も、おしゃれに自分らしく暮らしを楽しむママを応援するファッション&ライフマガジン『nina's(ニナーズ)』(祥伝社刊)。

9月号の特集「おうちリノベーション」のススメでは、"実例から学ぶ成功のための秘訣"と題して、5組の家族の実例とともに、インテリアデザイナーのICSカレッジオブアーツ講師 佐々木 高之(ささき・たかゆき)先生が、「住まいのリノベーションで成功するコツ」を伝授しています。

ステキな住まいのリノベーションを多数手がけている佐々木先生も、nina'sの読者と同じ子育て世代。
読者と同じ目線で、住まいのリノベーションを成功させるポイントを、分かりやすく解説しています。

なんと最近では、リノベーションの物件探しから、希望に合ったインテリアデザイナーの紹介や税制、ローンなどに精通したコンサルティング会社が増えており、これらをうまく活用するのも、おすすめとか...。

詳しくは、ぜひ、紙面をご覧ください。


ステキな住まいのリノベーションを多数手がけている佐々木先生も、nina'sの読者と同じ子育て世代。読者と同じ目線で、住まいのリノベーションを成功させるポイントを、分かりやすく解説(赤枠内)しています。 ステキな住まいのリノベーションを多数手がけている佐々木先生も、nina'sの読者と同じ子育て世代。読者と同じ目線で、住まいのリノベーションを成功させるポイントを、分かりやすく解説(赤枠内)しています。(画像のクリックで拡大表示します)

佐々木 高之(ささき・たかゆき)先生
佐々木 高之(ささき・たかゆき)先生
造形・住居・店舗デザイン・デザイン理論・デザイン表現担当/インテリアデザイナー/株式会社アラキ+ササキアーキテクツ代表取締役
1978年 広島県生まれ。2002年 東京都立大学工学部建築学科卒業。2005年 イーストロンドン大学大学院修了。2005年〜2007年 NAP建築設計事務所勤務。2008年 アラキ+ササキアーキテクツ設立。2012年 第8回パブリック主催スペースデザインコンテスト飲食部門1位など受賞多数。


▼『nina's』祥伝社のホームページはコチラ
http://www.ninas-web.jp/

▼ 佐々木先生の株式会社アラキ+ササキアーキテクツのホームページはコチラ
http://arakisasaki.com/


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

About 2015年8月

2015年8月にブログ「スクールライフ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2015年7月です。

次のアーカイブは2015年9月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。