スクールライフ

« 2015年4月 | メイン | 2015年6月 »

2015年5月 アーカイブ

2015年5月18日

世界にひとつだけの「デザインノート」

5月17日(日)、今年度はじめてのオープンキャンパスが開催されました!
ICSカレッジオブアーツの説明はもちろん、なかでも目玉は・・・

在校生とのワークショップ!

"世界にひとつだけ"のオリジナルデザインノートを制作します。


デザインを学んで行くうえで、ぜひとも身につけたい「スケッチ癖」。
気になる空間、気になるモノ、気になる行為など、日々の生活の中にはデザインのヒントにつながることがたくさんあふれています。

うまい・ヘタは関係なく、気付いたことを自分なりにスケッチする。
これが大切な「癖」なんですね。

楽しみながら「スケッチ癖」が身につくように、自分だけのオリジナルデザインノートを作ってみましょう!

▼机の上にはカラフルな材料が並びます!
yarinaosi.jpg

▼細川先生からのレクチャー。どんなワークショップになるんでしょう!?
20150518_2.jpg


ノートに使用する用紙は、ICSのオリジナル!
スケッチのコツや、名作椅子のエピソードなどなど、ためになるポイントが随所にちりばめられています。


▼製本作業は在校生がお手伝い。
20150518_3.jpg


ここからが個性の見せどころです!
たくさんの生地の中から、表紙をデコレーションする生地を選びます。

▼表紙の台紙に合う生地は・・・
20150518_4.jpg

▼・・・悩みます。
20150518_5.jpg

▼仕上がりをイメージ中。
20150518_6.jpg

▼思い通りのサイズに切り出し!
20150518_7.jpg

▼最後の仕上げに取り掛かり中!
20150515_8.jpg

▼在校生も・・・自分の作業に夢中です(笑)
DSC_0038 (480x319).jpg


参加者のみなさんは、それぞれ自由にデコレーションを楽しんでいました。
ひとりひとり違う素敵な仕上がりに、ICSスタッフもただただ感心するばかり!

▼最後はみんなで記念の一枚!! 後ろの在校生、のびのびしてますね~(笑)
20150518_9.jpg


思い思いに作った、自分だけのオリジナルノート。
すべてのページがスケッチで埋まったら、ぜひ見せに来てください!
楽しみに待ってます!!


ぜひみなさんも、自分だけのデザインノートを作ってみませんか!?
興味のある方は、ICSホームページをチェックしてみてくださいね!
http://www.ics.ac.jp/entrance/experience.html


広報室・佐藤

2015年5月19日

ファンデーション カリキュラム講評会!

こんにちは。
インテリアデザイン科1学年担任の飯泉です。

新年度が始まって、早いもので5週間が経ちました。
ICSで5週間というと、ひとつの課題が終わる期間です。
4月に入学した1年生にも、はじめての課題提出、講評会の日がやってきました!

ファンデーションカリキュラムは、インテリア表現スキルの授業。
図面の描き方や模型の作り方、素材表現の仕方について学び、最終的には、マンションのLDK空間のインテリアデザインをそれぞれが考え、図面と模型で表現しました!

講評会の前に、全員の作品を展示し、みんなで鑑賞会です。
気になる作品にはポストイットを貼ってもらいました。
良い悪いではなく、人の作品を見て「こういう考え方もあるのか」「こういう表現の仕方があるのか」と感じることが大切です!

IMG_1055.JPG

鑑賞のあとは、ついに、初めてのプレゼンテーション!
2分という短い時間で、緊張しながらもがんばって、自分のデザインについて発表してくれました。

IMG_1068.JPG

木村先生、ティーチングアシスタントである卒業生が、気になる点や良い点について講評してくれました。
指摘された点は基本的なことですが、これから先、大切になることばかりなので、早く身につけて欲しいです!

▼ひとりひとりに対して講評する木村先生。
IMG_1066.JPG

▼作品を入念にチェックするティーチングアシスタントの卒業生。
IMG_1067.JPG

最後に、この授業の担当者である木村先生、飯泉、ティーチングアシスタントから、総合的に表現が良くできていた学生に表彰状の授与!

▼選ばれた学生はこちらの6名。
IMG_1072.JPG

▼ひとりひとりに木村先生から表彰状が授与されました。選ばれなかった学生からもあたたかい拍手!
IMG_1076.JPG

▼完成した模型。
IMG_1110.JPG
IMG_1111.JPG

表現の基礎を学び、そのうえで空間のデザインも考えるという、タイトなスケージュール。はじめてのことばかりでしたが、みんな最後にはしっかりと自分なりのインテリアデザインを表現できていました。

1年生のみんな、おつかれさまでした!
これからも楽しみながらインテリアデザインについて、学んでいきましょう!!


インテリアデザイン科1学年担任
飯泉

2015年5月29日

インテリアアーキテクチュア&デザイン科のローダ 範子(ろーだ・のりこ)さんの住まいが、書籍『団地を楽しむ教科書 暮らしと。』に紹介されました!

インテリアアーキテクチュア&デザイン科のローダ 範子さんの住まいが紹介された書籍『団地を楽しむ教科書 暮らしと。』

インテリアアーキテクチュア&デザイン科のローダ 範子さんの住まいが紹介された書籍『団地を楽しむ教科書 暮らしと。』

今のマンションにはない、魅力的なさまざまな団地の暮らしの風景を7つのテーマごとにビジュアルで紹介した書籍『団地を楽しむ教科書 暮らしと。』(青幻舎刊)は、UR都市機構と団地R不動産(団地紹介サイト)がつくるフリーペーパー、シリーズ『暮らしと。』を掘り下げて書籍化したもの。

これまでノスタルジックな外観や歴史的背景などでしか語られてこなかった「団地」を、ライフスタイルの観点から再評価する、まったく新しい暮らしの教科書として、団地の新しい楽しみ方を提案しています。

この『団地を楽しむ教科書 暮らしと。』に、インテリアアーキテクチュア&デザイン科のローダ 範子さんの住まいが紹介されました。

ローダさんは、建築関連の設計をされるご主人と二人暮らし。ご主人の仕事場でもある住まいは、インテリアが大好きなローダさんがセレクトした各国のこだわりの家具や小物と、和室のある団地の部屋とが絶妙に調和しています。


ご主人の仕事場でもある住まいは、インテリアが大好きなローダさんがセレクトした各国のこだわりの家具や小物と、和室のある団地の部屋とが絶妙に調和しています。

ご主人の仕事場でもある住まいは、インテリアが大好きなローダさんがセレクトした各国のこだわりの家具や小物と、和室のある団地の部屋とが絶妙に調和しています。 ご主人の仕事場でもある住まいは、インテリアが大好きなローダさんがセレクトした各国のこだわりの家具や小物と、和室のある団地の部屋とが絶妙に調和しています。(画像のクリックで拡大表示します)

▼『団地を楽しむ教科書 暮らしと。』青幻舎のホームページはコチラ
http://www.seigensha.com/books/978-4-86152-488-2


2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

About 2015年5月

2015年5月にブログ「スクールライフ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2015年4月です。

次のアーカイブは2015年6月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。