スクールライフ

« 2015年3月 | メイン | 2015年5月 »

2015年4月 アーカイブ

2015年4月 9日

二村 悟先生と後藤 武先生の本が出版されました!

本日は、ICSの先生お二人が出された本をご紹介します!

インテリアデザイン理論を担当されている二村 悟(にむら・さとる)先生が監修された 『ニッポン産業遺産の旅』 が、平凡社より出版されました。

北海道から沖縄まで、ニッポン全国の「産業遺産」をめぐる一冊。炭鉱をはじめ、製鉄所、巨大ダム、造船所、鉄道など、ものづくりの情熱の跡を訪ねて旅されています。長崎・軍艦島や三池炭鉱なども徹底取材!「"行って楽しい、見て楽しい"産業遺産100」など、思わず旅に出かけたくなるような内容になっています。

これまでも多数の著書を出版されている二村先生。昨年出版された 『日本の産業遺産図鑑』 (平凡社)が好評につき重版されるなど、ますますのご活躍が期待されます!


▼二村先生が監修された 『ニッポン産業遺産の旅』
150410_hon_01.jpg


▼二村先生が監修された 『ニッポン産業遺産の旅』 の詳細はコチラ
http://www.heibonsha.co.jp/book/b193715.html

▼昨年出版、重版された 『日本の産業遺産図鑑』 の詳細はコチラ
<PC 版>http://www.ics.ac.jp/news/news/20140516.html
<スマホ版>http://www.ics.ac.jp/sp/news/news/20140516.html
<携帯版>http://www.ics.ac.jp/i/news/201420140516.html

【プロフィール】
二村 悟(にむら・さとる)先生
デザイン理論担当/近代建築史 博士(工学/東京大学)/工学院大学建築学部建築デザイン学科客員研究員
1972年 静岡県生まれ。1996年 東海大学大学院工学研究科博士課程前期修了。2008年~2010年 静岡県立大学客員准教授など歴任。2015年より日本大学建築史保存活用論非常勤講師。2001年 第1回O-CHAパイオニア学術研究奨励賞、2013年 SDAサインデザイン賞奨励賞/九州地区特別賞を受賞。著書に『日本の産業遺産図鑑』、『食と建築土木』(共著/辻静雄食文化賞受賞)など多数。

-----------------------------------------------------------

同じくインテリアデザイン理論を担当されている後藤 武(ごとう・たけし)先生が執筆(共著)された 『ヘヴンリーハウス 20世紀名作住宅をめぐる旅 吉田五十八自邸/吉田五十八』 が、東京書籍より出版されました。

数寄屋(すきや)という伝統的な日本の建築様式を現代によみがえらせた功労者である吉田 五十八(よしだ・いそや)。今、私たちが和風だと感じる建築様式の、直接の源と言っても過言ではないんだそう。名匠・吉田 五十八の手による、こだわりの住宅の謎を解き明かす一冊です。


▼後藤先生が執筆(共著)された 『ヘヴンリーハウス 20世紀名作住宅をめぐる旅 吉田五十八自邸/吉田五十八』
150410_hon_02.jpg


▼後藤先生が執筆された 『ヘヴンリーハウス 20世紀名作住宅をめぐる旅 吉田五十八自邸/吉田五十八』 の詳細はコチラ
http://www.tokyo-shoseki.co.jp/books/80096/

【プロフィール】
後藤 武(ごとう・たけし)先生
デザイン理論担当/一級建築士/後藤武建築設計事務所代表/法政大学デザイン工学部非常勤講師
1965年 神奈川県生まれ。1998年 東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。1998年 株式会社隈研吾建築都市設計事務所入所。1999年~2004年 慶応義塾大学環境情報学部専任講師。2007年 後藤武建築設計事務所設立。2012年 神奈川建築コンクール優秀賞受賞。

広報室 大新垣

2015年4月15日

入学式&ICSリニューアル!

4月9日(木)に2015年度の入学式・始業式が行なわれました。

いよいよ式の開始。新しい1年のスタートです!
慣れないスーツに身を包んだ新入生たちは緊張の面持ちで初々しく、学年が1つ上がった在校生が、とても頼もしく見えます。

理事長、学長からの式辞、来賓の方々のあいさつに続いては、教職員の紹介。学科ごとに、ひとりずつ壇上に上がり紹介していきます。


▼教職員の紹介の様子。先生たちも心なしか緊張されているよう(ホワイエ(広間)のモニターにて)。
150413_nyugaku_01.jpg


続いては在校生歓迎の辞です。在校生代表を務めたインテリアデザイン科の2年生は「困った時はクラスメイトや他学科の学生、そして先輩たちを頼ってください。解決することはできないかもしれないけど、一緒に悩むことはできます」と先輩らしい力強い言葉をかけました。


▼在校生歓迎の辞の代表を務めたインテリアデザイン科の2年生。「ICSには一緒に悩み楽しめる仲間がいる、友人を作ることで自分の感性を高められる」と過ごしてきた1年間を振り返り、新入生にエールを送ります。
150413_nyugaku_02.jpg


式も佳境になり、表彰式です。「2014年度 卒業研究作品展」の案内はがきのデザインコンペで優勝した学生への表彰と、各学科の学年から、それぞれ1名ずつ選ばれた成績優秀者に贈られる「2014年度 Student of The Year」の表彰です。


▼「2014年度 Student of The Year」に選ばれた学生たち。
150413_nyugaku_03.jpg


式も無事に終わり、あとは授業にそなえるだけ! なんですが...久しぶりに登校した在校生や学校説明会でICSを訪れた新入生は驚いたんじゃないでしょうか。じつは、この春休みを利用してICSはリニューアルしたんです!!
新しくなったところと、リニューアルの裏側? をご紹介します!

なんということでしょう! 入口を入るとすぐにカラフルな光景が!? 今まで地下にあった工房が1階に移設され、ロビーの印象がガラリと変わりました。


▼色とりどりのガラスで囲まれた工房。授業が始まり、活気あふれる空間になる日が楽しみです!
150413_nyugaku_04.jpg

▼今まで1階にあったプリンターはと言うと、3階、4階のエレベータホールへ。教室から近くなったので便利になりました。
150413_nyugaku_05.jpg


▼同じく1階にあった図書は各階の廊下へ。この本棚は、インテリアアーキテクチュア&デザイン科の卒業生であるMONGO FURNITURE(モンゴファニチャー)の代表、石野 朝幸(いしの・ともゆき)さんの手によるもの! まるで、前からあったようになじんだしつらえです!!
150413_nyugaku_06.jpg


▼この段ボール、じつは本棚に納められる前の図書なんです。すごい量! 教職員と有志の学生たちで無事に移設できました。
150413_nyugaku_07.jpg


▼各階にあったロッカーは、大半を旧401教室に集結。すてきなロッカールームになりました。
150413_nyugaku_08.jpg


▼ロッカーの移動には一苦労。みんな汗だくです。
150413_nyugaku_09.jpg


▼カーリングのように息の合ったテンポで黙々と掃除をする佐藤先生(左)と鈴木先生(右)。
150413_nyugaku_10.jpg


▼地下ラウンジには新たにランチの自動販売機が設置!
150413_nyugaku_11.jpg


新しい1年の幕開けに、生まれ変わったICS!
もっと使いやすく、より良い学校になれるよう、みんなと一緒に成長できればと思います!!

広報室 大新垣


学びの第一歩!!

このところ、モヤモヤした天気が続いていましたが、今日は久々の晴天です!
ICSの玄関先に咲いている花たちも、イキイキしています。

20150415_1 (480x319).jpg

4月9日(木)に入学式・始業式を終え、新年度が始まりました。
新入学生のみんなも、さっそく授業のスタートです。

インテリアデザイン科、インテリアデコレーション科、インテリアマイスター科の1年生は、基礎のスキルを身につける「インテリア表現 1」のカリキュラムを合同で受けています。
今日は、模型制作に必要なスキルを身につけるための授業がおこなわれていました。

▼つい先日、ICSの門をくぐった新入生のみんなです!
20150415_2 (480x319).jpg

自分の作品を表現するために必要なスキルである「製図」や「模型」の制作スキルを、基礎の部分から修得します。

▼カッターで切り出し中。集中している様子がうかがえますね。
20150415_3 (480x319).jpg

▼器用にカッターを使いこなしています。
20150415_4 (480x319).jpg


まだまだ慣れない1年生のために、卒業生や在校生の先輩がフォローに入ってくれています。質問をすることにも緊張してしまうこの時期に、とても力強い存在ですね!

▼留学生には母国語でのフォローも。
20150415_5 (480x319).jpg

▼同じ目線にたって、先輩からのアドバイス。
20150415_6 (480x319).jpg

▼親身なアドバイスに、表情が和らぐ一面も。
20150415_7 (480x319).jpg


作業の進み具合によって、次のステップが説明されます。同じペースで進んでいる学生ごと、説明も複数回に分けられます。

▼冗談を交えながら説明をおこなう木村先生。
20150415_8 (480x319).jpg

▼よりイメージが明確になるように、実際の窓枠を例にとって説明します。
20150415_9 (480x319).jpg


説明を受けたら、次のステップの作業に取り掛かります。


▼余った材料で、うまく糊をのばしています。
20150415_10 (480x319).jpg

▼慎重に、丁寧に。
20150415_11 (480x319).jpg

▼先輩とのやり取りも、だいぶリラックスしてきましたね!
20150415_12 (480x319).jpg

▼小さいですが、立派な立体模型の完成です!良くできました!
20150415_13 (480x319).jpg


この基礎スキルをしっかり体に覚えさせて、たくさんの数をこなしていくことで、先輩たちのように素晴らしい作品を作れるようになるんですね。

▼いずれは、このレベルまで!!
20150415_14 (480x319).jpg


インテリアデザインの学びの一歩を踏み出した、1年生のみなさん。
初めて知ることや初めて経験することが、盛りだくさんの毎日ですね!
わくわくしながら頑張っていきましょう!!


広報室・佐藤

2015年4月22日

ファンデーション カリキュラム 経過報告。

今日はとても気持ちの良い天気ですね!
こんな日は外でピクニック・・・といきたいところですが、基礎スキル習得の真っただ中の1年生。
「ファンデーション カリキュラム」の進み具合を、のぞいてみました!

授業が始まって、まだ1週間程度しか経っていませんが、少しずつ環境に慣れてきたようです。みんなの表情も、だいぶやわらかくなったように感じます。

▼出席の確認中。
20150422_1.JPG

今日の授業のスタートでは、「スタディカード」のテストから!
インテリアや建築の分野に身を置く以上、覚えておきたい著名な建築家や建築物、家具などをしっかり覚えて、知識の引き出しを多く持つことも、大事なことなんですね。

▼これがICSオリジナルの「スタディカード」。押さえておきたいポイントが詰まっています。
20150422_3.JPG

▼今日のテスト内容はこちら! ピンと来る方も多いかも知れませんね。
20150422_4.JPG

▼順調に記入が進んでいる様子!
20150422_5.JPG

▼テスト終了後、大村先生からはシビアなアドバイスも!
 みんな頑張って覚えていきましょう!!
20150422_2.JPG


テストを終え、「ファンデーション カリキュラム」に入ります。
先日は模型制作に挑んでいましたが、今では図面を描く段階に進んでいました。

マンションの「LDK」を描いていくというもの。
リビング・ダイニング・キッチンと聞くと、住空間をリアルに感じ受けますね。

さっそく図面の続きに取り掛かるのかと思いきや、みんなで机を移動し始めました!

▼まずは製図版をどかして・・・
20150422_6.JPG

▼机を縦に重ねています!
20150422_10.JPG

▼コンベックス(長さを測定する道具)で、長さを図っています。
20150422_7.JPG

▼図った通りに机を設置すると・・・
20150422_8.JPG

▼みんなが手掛けている図面の、実寸サイズが表現されました!
20150422_9.JPG

▼見本の図面はコチラ。
20150422_11.JPG

▼実寸を表現したために、外のテラスに追い出された???
 今日は晴れてて良かったです(笑)
20150422_14.JPG


慣れるまでは、図面だけではなかなかイメージがつかみにくいもの。
だからこそ、実際のスケール感を実際に肌で感じて、体感してもらうための工夫だったんですね。

▼自分の歩幅で体感中の学生。
20150422_12.JPG

▼奥の方では、キッチンに立つ際のシミュレーションをしています!
20150422_13.JPG

▼飯泉先生は、なんと大サービス!自分の体を使って、スケール感を学生に提供中!
 居眠り中ではありません(笑)
20150422_15.JPG


今回体感したスケール感。これからの授業にもうまく活かしていけるといいですね!

あっという間に立体机は解体され、通常の教室スタイルに戻りました。
展開図の描き方についてのレクチャーが始まり、各自それぞれの作業に入ります。

▼集中して作業。とてもいい表情です。
DSC_0008.JPG

お昼休みを挟んで迎えた午後には、昨年同じカリキュラムを経験した先輩からのアドバイスが!


▼入学式で在校生歓迎の辞の代表を務めた、インテリアデザイン科2年生の学生です。
20150422_17.JPG

「模型を作るうえで大切なのは、スケール感」
「ゴールデンウイーク中に、自分が作りたい家具の寸法を調べておくと、あとの模型制作で役立ちます!」
「提出のラスト1週間は、模型に集中した方がいいです!」
「あわてて模型を作ると怪我をすることもあるので、注意した方がいいです!」

などなど、実際に自分でも指を切ってしまった苦い体験談も含め、現役学生から送られた生のアドバイスでした。
1年生のみんなもきっと、このアドバイスを後からジワジワと実感することでしょう!


今回もティーチングアシスタントの卒業生が大活躍!
別教室で1年生ひとりひとりに対して、チュートリアルをおこなっていました。

▼じっくり耳を傾けています。
 この距離でアドバイスがもらえるって、とても嬉しいですね!
20150422_18.JPG
20150422_19.JPG
20150422_20.JPG


今はたくさん覚えることがあって、大変な毎日だと思います。
苦手なことも、すんなり覚えられることも、色々あると思います。
慌てずに、ひとつひとつを着実に、少しずつ積み重ねていってくれたらいいなと思います。

頑張れ、1年生!!


広報室・佐藤


2015年4月24日

インテリア店舗・家具デザイン担当の倉島 美和子(くらしま・みわこ)先生が、フランス・パリ郊外のポワシーで『フォールディング・コスモス・ヴィラ サヴォア』展を4月30日(木)~6月21日(日)に開催されます!

続きを読む "インテリア店舗・家具デザイン担当の倉島 美和子(くらしま・みわこ)先生が、フランス・パリ郊外のポワシーで『フォールディング・コスモス・ヴィラ サヴォア』展を4月30日(木)~6月21日(日)に開催されます!" »

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

About 2015年4月

2015年4月にブログ「スクールライフ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2015年3月です。

次のアーカイブは2015年5月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。