スクールライフ

« 産学連携課題 『スターバックス』 vol.3 | メイン | 特別講義 -工藤 和美先生- »

ICS Football Club!!

建築家たちの、建築家たちによる、建築家たちのためのサッカー大会「A☆CUP」。
全国から建築関係者が集い行なわれたサッカー大会に、キャプテン郷(ごう)先生率いるICSサッカー部「ICS Football Club」も参加してきました!
果たして結果はどうなったのか。2日間の熱い戦いの模様をお伝えいたします。

過去3年間の戦績は、2勝2分5敗とあまり良くない「ICS Football Club」ですが、今年は優勝を目指し、教職員2名、学生14名で決戦の地 茨城県に乗り込みました。

昨年は、大雨のため急遽じゃんけん大会に変更というハプニングがありましたが、今年は快晴!サッカー日和な2日間でした。

acup_003.jpg

▼近くで風車が見守ってくれています。
acup_002.jpg


優勝を目指していると言いつつ、1度も練習を行なうことができず。。。
各自のイメージトレーニングのみでの参戦。
しかし、なぜか学生たちは自信満々!頼もしいです!

1日目に1試合、2日目に2試合のリーグ戦を行ない、各リーグの上位チームが決勝トーナメントに進みます。
まずは、グループリーグ突破を目指しての初戦。


acup_004.jpg

結果は、、、0対3で敗戦。
序盤は良い感じで動けていたのが、失点後、徐々に動きが鈍くなってしまいました。
やはり、イメージトレーニングだけで勝てるほど甘くはないですね。

しかし、初戦の相手は、グループ内で一番強いと思われていたチーム。
残り2戦勝利すれば、決勝トーナメントに進める可能性があります。

▼気持ちを切り替え、2日目に向けて練習。
acup_005.jpg

練習を終え、夜にはシンポジウム。
ペチャクチャナイト」のフォーマットを使用し、各チームがどのような組織で、どのような活動を行なっているかを、チームの代表者がプレゼンテーションを行ないました。

ICSの代表は、インテリアデザイン科の2年生!

acup_001.jpg

▼プレゼンテーションの様子を動画撮影したので、ご覧ください。

ICS副学長、みかんぐみ共同主宰マニュエル・タルディッツ先生の話題で、盛り上がりました。
さすがタルディッツ先生。有名人ですね。

シンポジウム終了後、疲れ切った身体を食事と温泉で癒して、1日目が終わりました。

▼韓国料理店にて、乾杯!
acup_006.jpg

2日目には、ICS非常勤講師の野崎先生と、貴重な女性メンバー広報室の佐藤さんが合流。
A☆CUPでは、30代、40代以上、女性が出場しなければいけないというルールがあるため、貴重なメンバー補充ができました。
また、野﨑先生は、ICS Football Clubの正ゴールキーパーなので、先生の合流でチームの士気が上がり、良い雰囲気に!

運命の2試合目。

▼試合中。攻めています。
acup_008.jpg

しかし、チャンスをものにすることができず、またしても0対3で敗戦。。
グループリーグ突破は果たせませんでした。

仕方がないと割り切り、残り1試合は、中心メンバーのインテリアデザイン科2年生4名をオフェンスに固め、点を取って気持ちよく帰ろう!と、気持ちを高めます。

▼試合前の様子。
acup_007.jpg

3戦目は、お互いに2敗同士。
楽しもうという想いと1勝したいという想いの中、試合が始まりました。
途中、相手選手との接触で、野﨑先生が負傷退場というハプニング。
その後、奮闘しましたが、結局0対2で負けてしまいました。

0勝3敗という悔しい結果になってしまいましたが、メンバーたちは来年に向けて前向きです。
来年は、今回の悔しさを糧に、優勝を目指して頑張ります!

▼今年のメンバー集合写真。毎年変わるユニフォーム、今年はブラジル代表サードユニフォームでした。
acup_009.jpg

「ICS Football Club」は、随時メンバー募集中です!
サッカーをやっていた方、サッカーが好きな方、運動したいという方、ぜひ一緒に「A☆CUP」優勝を目指しましょう!!


広報室 飯泉

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

About

2014年11月10日 11:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「産学連携課題 『スターバックス』 vol.3 」です。

次の投稿は「特別講義 -工藤 和美先生-」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。