スクールライフ

« 2013年11月 | メイン | 2014年1月 »

2013年12月 アーカイブ

2013年12月 2日

イチジクハウス プロジェクト

「イチジクハウス プロジェクト」は、ICSの学生が中心となり、宮城県女川町で開墾中のイチジク畑に隣接する被災住宅「ゆめハウス」のリノベーション支援をしています。このプロジェクトでは現地での支援を前に、今学校で出来る事を考え「ゆめハウス」で使用して頂く家具のデザインと施工を行ってきました。
前回「イチジクハウス プロジェクト」についてご紹介した記事

デザインディスカッションからスタートし白模型を作り原寸大のモックアップを製作。そしてついに形が決まり11月30日、12月1日に工房で実作しました!
スタッキングの出来るとても素敵な椅子4脚と机1台が完成!!!

このプロセスをピックアップしてお伝えします。

先ずは動画をお楽しみ下さい!

先ずはどんな形が良いのか既存の家具をピックアップして方向性を決めます!
1461716_500606293380339_456685255_n.jpg

そしてオリジナルデザインを皆でディスカッションしながら考えていきます。
1472777_10201093021193662_1449527584_n.jpg

ある程度決まったら白模型!
1482841_506146669492968_458291071_n.jpgのサムネイル画像

そして原寸大のモックアップです!
580635_549950241748410_309280945_n.jpg

またまたこれを「あーでもないこーでもない」といじくりまわします!
1452452_549961668413934_937775775_n.jpg
後ろ脚が太いほうがカッコイイ??
IMG_4112 .jpg
でも4脚並ぶと見た目重い?????
ということでフォトショップで両方のバージョンを4脚コピーして検証です。
皆さんはどお思います?
先ずは現状
1452414_340076186130227_1137341318_n.jpg
そして後ろ脚を太くした場合
1005036_340076516130194_1257593750_n.jpg

ここで、このチームの中心と成って運営して下さっている非常勤講師の高塚先生をビックリさせようと常勤のスタッフと学生がグルになって「後ろ足が太いバージョンが4脚有るとどおなの!?という事になり、椅子を2パターン計8脚作りました!!!!」
と、Facebook「イチジクハウスプロジェクト」ページに嘘の投稿。。。
こんなやりとりに  (^^ゞ
スクリーンショット(2013-12-02 15.00.48).png

そしていよいよ製作開始!!
1486844_10201166169982336_110984250_n.jpg1476160_10201166173942435_1626749184_n.jpg1461095_508492229258412_1068295577_n.jpg

完成〜!!
後ろのものがモックアップ。最終形はワイドを30ミリ細くしました。
結果 大正解〜
IMG_4129 .jpg

この椅子は日光地区木材流通研究会に寄贈頂いた杉を使用して制作しました。
杉は非常にぬくもりがあって実際冬でも座っていて冷たく有りません。
でもその反面、柔らかく傷がつきやすいんです。。。
そこで今回全ての面を浮造り仕上げで仕上げました。これにより柔らかい部分が削られ硬い部分が表に出てくるので傷が付きにくく、表情も豊かに成ります!
IMG_4133 .jpg

スタッキングだって出来ちゃいます!
IMG_4141 .jpg

テーブルと一緒に!アクセントにイチジクの葉を形どったマークを!
IMG_4139 .jpg

どおでしょう、有志が集まり課題とは別に放課後や休日に集まって進めて来ましたが、頑張った甲斐があり素敵な家具が出来ました。
参加してくれた学生のみんな、お疲れ様でした。

次はいよいよ現地でのボランティアです。又皆さんにもご報告致しますね!


以下リンクを貼りましたので是非ポチッとしてFacebookページも直接ご覧ください。

ICS「イチジクハウスプロジェクト」 Facebookページ

女川の「ママサポーターズ」 Facebookページ


2013年12月10日

課題完成までの道のり

11月28日(木)、校舎には朝早くから作業に熱中している学生がいました。なぜかというと・・・今日は各学科で後期2課題目の作品を提出する日。どの学生も課題に5週間向き合い、最後まで全力を注ぎました。

今回は課題作品提出の様子をレポートいたします!

インテリアデザイン科1年生は、山手線の駅に飲食店の商業施設を手掛けるという課題。出来上がった作品を持って一人ずつ個別のブースで確認を受けます。

20131128_1.JPG
▲課題作品の1つ、プレゼンテーションパネルを広げています。パネルはコンセプトやイメージ写真、平面図・断面図・立面図の表現を使って、作品を人に伝えるもの。確認しているのはインテリアデザイン科1年生の担任、松本 さくら先生。

20131128_2.JPG
▲もう1つの課題作品は、縮尺1/30の完成模型。写真撮影して記録に残します。目をこすって眠たそう。睡眠時間を削ってがんばったのかな?

20131128_3.JPG
▲松本先生から「よくがんばったね!すごい!」とお褒めの言葉。学生からはほっと嬉しそうな表情がこぼれます。課題作品へ注いだ想いがあふれ出ます。

20131128_4.JPG
▲プレゼンテーションパネルと完成模型の課題作品を提出したら、確認印をもらいます。無事に提出が終わりました!

この課題作品は、どのような作業プロセスを経て完成したのでしょう。

まずはグループワークで敷地と周辺環境を調査します。対象は、新宿・原宿・渋谷・目黒・品川・新橋・有楽町・秋葉原・日暮里の駅の中からいずれか1つ。
どのような敷地なの?どのような生活をしている人がいるの?どのような歴史があるの?etc...。実際に足を運んで、調べて情報を集めます。

収集した情報をもとに、商業施設になくてはならない集客力を考えながら、アイデアを練ります。一人では見つけられないことも、チュートリアル授業を通して先生からアドバイスをもらい、手がかりを見つけながらアイデアを展開させることができます。

そして、固まったアイデアを形にすることもまた難題。図面、模型、写真を使ってアイデアを形にしていくのです。1年生にとっては初めて取り組む商業施設の課題、とまどうこともたくさんあったことでしょう。こうした経験の中で、商業施設を設計するときの基本を学んでいくのです。

20131128_5.JPG
▲提出を終えた学生がロッカーで課題の山あり谷ありについて話していました。終えたあとのすがすがしい会話!お疲れさまでした!

普段は客として利用している商業施設を、課題として手掛け、さまざまな気づきから一段とたくましくなった学生たち。インテリアデザインの面白さを味わえたのでしょうね。この経験を次に活かしてさらなる飛躍を応援しています!

2013年12月12日

世界に1つだけのオリジナルカフェ

課題を提出し終えた翌日の11月29日(金)、後期第2エレメントの講評日です。学生それぞれが手掛けた課題作品を、先生とクラスメイトに向けてプレゼンテーションします。考えたデザインをプレゼンテーションすることは、創作することと同じくらい大事なこと。ICS教育の柱です。

インテリアデコレーション科1年生が手掛けたのは、カフェの店舗デザイン。敷地となる場所は自由が丘です。

カフェとは、みなさんもご存じのとおりコーヒーや軽食が提供される飲食店。日本では2000年代よりブームが起こり、センスや居心地の良いカフェ、ブックカフェや猫カフェなど、特徴あるカフェが数多く登場し多くの人から親しまれています。

自由が丘は、東急東横線と大井町線が交差する駅。ICSがある都立大学駅の隣にあります。駅周辺には洋菓子店・レストラン・美容室・服飾店・雑貨店などの店舗が軒を連ね、その数は1,000店舗だとか。雑誌などのアンケートでは、「住みたい街」として上位に名があがる人気の街です。

インテリアデコレーション科1年生のみなさんは、人気のこの自由が丘にどのようなカフェ店舗を立ち上げたのでしょう。


課題プレゼンテーションを一部ご紹介いたします。

20131129_1.JPG
▲カフェのコンセプトは「水の波紋」。 素材やインテリアを工夫し、清涼感あるお店にしました。店舗の正面には、金属で雫(しずく)の形状をしつらえました。店内の照明は、雫の形状のペンダントライト。メニューにはゼリーが入ったグラススイーツがあります。


20131129_2.JPG
▲メイクパレットのようなカフェ。女性がメイクする時に楽しくなる気持ちを表現したそうです。店内の壁や床に曲線をうまく使いました。自由が丘には女性が多く集まると分析し、カフェのターゲット層にしたようですね。


20131129_3.JPG
▲チョコレートのカフェを考案しました。コンセプトは「ちょこっと贅沢」。店内はクラシックモダンのインテリア。ソファー席や少し大きいサイズの椅子を配慮することでゆったり過ごせそうです。暗くなりすぎないように、光や色のアクセントを取り入れました。お店の売り上げを伸ばすためのテイクアウト商品も考案、店員の動線もしっかり計算されていました。配慮と工夫が行き届いていますね。 


プレゼンテーションの後は、先生からの講評です。

20131129_4.JPG
▲非常勤講師の山本 有子先生。プロフェッショナルの現場を知っているからこそのアドバイスがもりだくさん。自分にしか生み出せないオリジナルデザインを追求することが大事だというお話がありました。


20131129_5.JPG
▲非常勤講師の田中 行先生からは、飲食店を設計するポイントとして清潔感を出す素材を選ぶこと、掃除しやすいレイアウトにすることというアドバイスがありました。


先生の講評はどれも目から鱗(うろこ)です。自分の作品への講評だけではなく、クラスメイトの作品へ発信される講評からも学ぶことができます。一人では気づくことのできない多くのことを、ICSでは学ぶことができます。

いつか自分で手掛けたお店にたくさんのお客様が来てくれることを夢見て、みなさんは課題と真剣に向き合っていました。
次回の課題もがんばってください!

2013年12月16日

東北支援 女川の現地ボランティア 報告

東北支援「イチジクプロジェクト」の現地ボランティア活動のご報告です!!

12月14日朝早くに集合し、いざ宮城県女川町へ!
R0020019 のコピー.jpg

6時間のドライブで無事、現地に到着し、ママサポーターズのお母様達からお昼ごはんをご馳走に成りました。おにぎりと サンマのつみれ汁、本当に美味しかったです!!
R0020021 のコピー.jpg

食事も終わり、お渡ししたかった椅子とテーブルをお披露目!
R0020025 のコピー.jpg

早速ママサポーターズの皆さんにお座り頂きました!
R0020029 のコピー.jpg
皆さんの喜んで下さっている笑顔を見て学生達もホッとしてます。元気を貰いました!!

早速このテーブルセットを使って外壁工事の確認を行ってます。
八木さんはこの後東京に向かわなければいけないのに私達が到着するのを待っていて下さいました。本当に有難うございます。
R0020033 のコピー.jpg
R0020034 のコピー.jpg

いよいよ作業開始です!
外壁下地用の胴縁材の取付です。足場の上では作業しにくいので予めビスを打っておきます。指導してないのに自分で考えて行動する!えらい!!!!
R0020036 のコピー.jpg

2階からの景色です。まさかここまで津波が来るとは思いませんよね。実際にはこの写真を撮っている私の身長(175㌢)の所ぐらいまで水が来たそうです。
IMG_4174 のコピー.jpg

2階内装のボード貼りです。寸法を測ってその大きさに石膏ボードを切って固定していきます。
R0020039 のコピー.jpg

すみません。作業に集中してしまい初日の現場写真はここまで。。。。
明日はちゃんと撮ります。


宿に向かうまでの間に、まだ残る津波の傷跡を
ママサポーターズ八木さんのご主人、八木章介さんと高塚先生のご案内で見学しました。
R0020041 のコピー.jpg
R0020042 のコピー.jpgR0020049 のコピー.jpg
横倒しに成った建物の中にまだ車が残っているのが分かりますか?
目の前にある横たわった建物を見て、当時のお話を八木さんからお聞きし、自然の力に皆あぜんとしています。

今後女川港は全体的に3m地面を盛って行くそうです。本当に大変な工事がこれからも続きます。
R0020050 のコピー.jpg

他にも仮設住宅なども見かけましたが、心情的に写真は撮れませんでした。テレビなどで見てご存知かもしれませんが私が見たのは現場によくあるプレハブです。。。ここに何年も住み続けることの心労を考えると立ち止まってシャッターを切ることは出来ませんでした。どおすれば早く進めることが出来るのか解りませんが早く何とかしなくてはいけないということが実際に目にするとリアルに感じます。自分はどおすれば良いのか?何が出来るのか、今わわかりませんが情報を得るアンテナを伸ばそうと思いました。

宿に帰って夕食です!い〜た〜だ〜き〜ます  いただきます!
R0020053 のコピー.jpg

夕食後は今日決まった外壁の貼り方の模型製作です。
R0020057 のコピー.jpg

皆26:00まで頑張ってくれたそうですが、私は23:00ぐらいに沈没、夢の世界へ!
完成の写真は有りません。。。。ごめんなさい。
今度高塚先生からいただいてご報告致しますね!(^_^;)


2日目 15日
前日から振り続けた雪が積もってました。
先ずは「おらほのラジオ体操」で準備運動!私もしっかり運動してたので写真は有りません(^_^;)実際に現場で見ながら行った動画です!皆さんもご覧ください。ほっこりです。

準備運動も終わり大工さんの後藤さんに作業の指示を貰い、先ずは足場の雪かきからスタートです。
IMG_4179 のコピー.jpg

木下くん、村田くんはソーラーパネルの取付け作業です。(これは発電ではなく、この器具の中で温まった空気を屋内へと送るパネルです。)
IMG_4182 のコピー.jpg

リーダーの畑中君は昨日に続き胴縁の取付です。
R0020066 のコピー.jpg

高橋さんと、台湾の留学生 林さん。軒下の下地調整と塗装です。
R0020068 のコピー.jpg
R0020084 のコピー.jpg
R0020085 のコピー.jpg

高塚先生も塗装の指導です!
R0020082 のコピー.jpg

チョット高い所が苦手な相田さんは大工さんの奥様と一緒に内装工事。
R0020071 のコピー.jpg

そして休憩にはママサポーターズの皆さんより「さんまなたい焼き」を頂きました!
IMG_4188 のコピー.jpg
もちもちして美味しかったです!ごちそうさまでした!!
食いしん坊の私は完全に胃袋を握られてしまいました(^_^;)


この日21歳となった村田くん!やはり昨日とは顔つきが違います!!
R0020074 のコピー.jpg

ランチは贅沢に「女川丼」。地の物がふんだんに入っていて本当に美味しかったです。
IMG_4189 のコピー.jpg

作業風景全体像です!皆頑張ってます!!
R0020077 のコピー.jpg

最後に記念撮影!
大工の後藤文吾さん、奥様、2日間色々ご指導いただき、ありがとうございました。
R0020089 のコピー.jpg
残念ながら写真でご一緒出来なかった
一般社団法人コミュニティスペースうみねこ 代表理事の八木純子さん。
2日間色々とご指導やご案内を頂いた八木章介さん。
ママサポーターズの皆さん。本当にありがとうございました。


2日間でボランティア活動を通じ女川の皆さんから「ありがとう」という素敵な言葉と、素敵な笑顔と、人のために何か出来たと言う喜びを頂くことが出来ました。皆さんも機会が有りましたら是非ボランティアに参加してみてください。本当に心が豊かになります。
是非また女川で何か活動に参加させて頂きたいです。
ありがとうございました。
IMG_4185 のコピー.jpg
田村栄敏

2013年12月24日

写真の極意

12月11日(水)インテリアデコレーション科1年生は、1日中「理論」の授業です。今回の「理論」の授業では、写真家の浅川 敏先生をゲストとしてお招きし、講義とワークショップを通して「写真と展示について考える」授業を行ないました。

20131211_1.JPG
▲浅川先生は、建築、インテリア、アート、プロダクトの写真を中心に雑誌、広告、専門誌等で活躍している写真家です。好きな写真は、「都市」。名前「敏」の音読みと重ねて、2006年写真展「としのしせん」を開催されたそうです。


理論の授業で写真のワークショップとは「???」と不思議な感じかも知れませんが、大きな風景から自分の視点で何かを切り取るのは、実はデザインと同じ作業です。

まずは講義。写真の歴史、メカニズム、神髄、カメラの構造といった基礎知識に始まり、先生の写真を見ながら様々なことを学びます。講義の最後には、浅川氏が世界で撮影してきた写真を、心地よいBGMにのせて鑑賞しました。まるで世界を旅している気分!美しい景色が記録できるってすばらしい!これぞ写真の醍醐味。

20131211_2.JPG
▲理論を学ぶことで撮影する時の心構えが備わり、写真作品に深みが出るはず。


ところでみなさんは、写真を撮るのは好きですか?携帯電話やスマートフォン、デジタルカメラが登場し、写真撮影はとても身近なものになりました。
さて授業は、座って話を聞くだけでは終わりません。講義の後は、実際にカメラを持って学校の周辺を写真撮影します。

20131211_3.JPG
▲カメラを持った学生が校舎内外で撮影します。日常何気なく見ている景色を、カメラのレンズからもう一度見て、風景や物の気配を記録します。

20131211_4.JPG
▲天候は撮影日和!気を付けて撮影してきて下さいね!


撮影後は、写真を持ち寄ってグループワークで展示の準備です。A・B・C・Dの4グループに分かれて行ないました。展示場所はICS校舎内であれば自由です。

20131211_5.JPG
▲どの写真を使う?展示スタイルは?テーマは?どこに展示する?ディスカッションで意見を交換し、仲間と協力し合いながらアイデアを練ります。


アイデアが固まったチームから、展示の準備作業を始めました。

20131211_6.JPG
▲階段も展示場所になります。このグループのテーマは「懐古」。人は昔のことを懐かしむ時、見上げるのではないかと思い、階段を選んだそうです。そして「懐古」のイメージと重なる、薄暗い5階を選んだのだとか。

20131211_7.JPG
▲学食COTOの中庭に展示したグループもあります。おしゃれな空間ですね!

20131211_8.JPG
▲最後は、浅川先生と一緒に展示の見学ツアーをしました。グループごとに時間をとって先生に講評していただきます。

20131211_9.JPG
▲先生から「写真ひとつひとつがとても良い」と講評していただきました。お褒めの言葉をいただき、学生たちもニッコリ。

写真のことを学び、様々なアプローチができた1日。学生たちは写真について、カメラについて、これまで以上に興味が湧いてきたことと思います。そして自分の視点で何かを切り取り、そこから共通のテーマを見つけていくことを体験。ぜひ今後の作品作りに役立てて下さいね!


2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

About 2013年12月

2013年12月にブログ「スクールライフ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年11月です。

次のアーカイブは2014年1月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。