スクールライフ

« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月 アーカイブ

2013年11月 1日

研修旅行のお見送り!

ハロウィンイブの10月30日(水)に、インテリアデコレーション科の1年生が研修旅行へ出発!

2泊3日の今回の研修旅行では、横須賀美術館、ポーラ美術館、ザ・プリンス箱根、ザ・プリンス箱根の施設でもある竜宮殿、富士屋ホテルで、施設、建築物などを見学します。
見学だけではなく、目的を学ぶことも研修の大事なテーマ。
宿泊は、なんと、ザ・プリンス箱根と富士屋ホテルです!!

富士屋ホテルは、クラシックホテルとして大変有名。
近代建築物を調べると、必ず名が挙がるほどです!!

さあ、出発の時間。
とってもよい天気で、旅行日和です!


20131030_1.jpg

▲大きな荷物をもった学生たちが、環状7号線に止まっているバスに向かいます。


20131030_2.jpg▲バスに荷物を入れて・・・。


20131030_3.jpg▲乗り込みます。

20131030_4.jpg▲何日泊まるの?と聞きたくなる大きなスーツケース。ほ、ほんとうに2泊3日ですよね!?
荷物が大きい理由は、着彩道具一式とスーツやシューズを持参しているからなのだそう。
マナー研修も受けるためなんですね!


20131030_5.jpg▲鈴木敬子先生と打ち合わせ中のバスの運転手さんは、女性です!
何を隠そう、鈴木先生は超のつく雨女とか・・・(本人談)。
ここ数年、研修旅行は、いつも雨続き。
でも今年は、ウソみたいに晴れている! とニッコリの鈴木先生。
日頃の行ないの賜物(たまもの)ですね!


20131030_6.jpg▲インテリアデコレーション科1年生は、みんな元気に旅立っていきました!
安全で楽しい研修旅行になりますように!
いってらっしゃ~い!

いい思い出をいっぱい作ってきてくださいね。


横須賀美術館
http://www.yokosuka-moa.jp/
ザ・プリンス箱根
http://www.princehotels.co.jp/the_prince_hakone/
龍宮殿
http://www.princehotels.co.jp/ryuguden/
富士屋ホテル
http://www.fujiyahotel.jp/
ポーラ美術館
http://www.polamuseum.or.jp/

学生の考える「スタバ」とは!?

さて今回は、インテリアデザイン科2年生とインテリアデコレーション科2年生が共同で取り組んでいる課題のプレゼンテーションに潜入してきました!

店舗デザインを手掛けるというこの課題。

「スタバ」と聞けば、みなさんも良くご存知でしょう。そうです、スターバックスコーヒーの店舗デザインに取り組むのです!
現在、約1,000店舗を展開されているスターバックスコーヒージャパン株式会社様のご協力のもと、課題に向き合う学生の意欲も、いつも以上に盛り上がっています!

今回は、スターバックスコーヒー目黒店が題材。
実際の敷地面積や立地に対して、学生それぞれがコンセプトを考え、新しい店舗を立ち上げました。
「日本ならではのおもてなしの心を表現した、シンプルで明るい店内」に仕上げられている実際の目黒店が、学生の手に掛かると、どのようなデザインに変化を遂げるのか、楽しみです!

いよいよ、プレゼンテーション開始です。
スターバックスコーヒージャパン株式会社の店舗設計部よりお越しいただいた3名様、また、クラスメイトやICS講師陣など、大勢の前で発表!!

写真1.jpg▲いよいよスタートです。

写真2.jpg

写真3.jpg


写真4.jpg▲ぴりぴり緊張ムード?!と思っていたら、熱意あるクラスメイトたちの温かい視線でとても和やかな雰囲気です。


写真5A.jpg▲プレゼンの順番を待っている学生。ドキドキですね。

A写真6.jpg▲そろそろ自分の出番かな~。

写真7A.jpg▲入学希望の留学生お二人が見学に来てくれました。学生の作品を熱心に見ています。

写真8.JPG▲在校留学生の先輩が、詳しく説明してくれました!林さん、劉さん、ありがとう!


学生の作品を一部ご紹介!
写真9.JPG
A写真10.jpg

写真11.JPG

写真12.JPG

写真13A.jpg


細かいところまで作り込まれた作品、とてもダイナミックなコンセプトの作品。
客層や客単価など、現実をより踏まえて考えられた作品、柔軟で自由な発想の作品など、学生それそれが、あふれる想いを表現していました。
中には、そのままお店のデザインに実用したい!と高い評価を受けた作品もありました。お褒めのお言葉としては最高ですね!

ひとりひとりの個性がいきいきと表現され、お互いが個性を認め合う教室は、熱気で溢れていました!
学生にとって、非常に貴重な経験をさせていただいたスターバックスコーヒージャパン株式会社様には
感謝の気持ちでいっぱいです。

授業潜入リポート、次回も楽しみです!!

2013年11月 5日

インテリアの秋

11月になりました!みなさんはどのような秋をお過ごしでしょうか。

インテリアの秋!を体感する目黒インテリアコレクション2013が11月1日(金)から11月4日(月)まで開催されました。
目黒通り周辺に立ち並ぶインテリアショップ、カフェ、レストランの集まりMISC(=Meguro Interior Shops Community)のイベントです。
コレクション前日に行われたレセプションパーティーにお邪魔しました。

20131031_1.jpg▲会場は、目黒通りにあるCLASKA。古いホテルをリノーベーションした建築。

8階The 8th Gallaryに入ると

20131031_2.jpg▲140cm×140cmのスペースに、各店の商品が並びます。

20131031_3.jpg▲自由が丘にある「クピカ」のガラス製品。芸術品!

ICSの展示もあります。

20131031_4.jpg
20131031_5.jpg▲立ち止まって学校案内パンフレットをご覧になる方へ高桑平和先生(写真右)がご案内。

20131031_6.jpg▲東京都議会議員、目黒区議会議員の方々もご来場。

20131031_7.jpg▲メディアが目黒区長を撮影中。

20131031_8.jpg▲白いソファーにプロジェクションマッピングの光!

20131031_9.jpg
20131031_10.jpg▲次々変わる模様に目が離せません!!プロジェクションマッピング協会の作品です。

目黒区周辺にオフィスを構える建築家とのコラボレーション企画もあります。

20131031_11.jpg▲「建築家ギャラリー in MISC」の紹介。面白そうです!


今回のコレクションでは、MISCスタンプラリー、杉野学園のファッションショー、インテリアショップオーナートークショー、Happy Cycle Rideという自転車イベントなど魅力的な企画が盛りだくさん。

目黒通り周辺にはインテリアショップ、カフェ、レストランが数多くあり、インテリアの秋!が体感できることまちがいなし。

未来には、ICSの学生たちもこの会場にいるかもしれませんね!


Meguro Interior Collection 2013
MISC(目黒インテリアショップスコミュニティ)
CLASKA
クピカ
一般財団法人プロジェクションマッピング協会
学校法人 杉野学園

【建築家ギャラリーin MISC 参加建築家  50音順】

石川利治(3*D空間創考舎一級建築士事務所)
 コラボショップ:Lewis

上間理央+小林憲治(ネジアーキテクツ)
 コラボショップ:TRINITY

木原ツトム+後藤エイコ(Twism design studio)
 コラボショップ:Morgenmarked

小林真人(小林真人建築アトリエ)
 コラボショップ:FushionInteriors

佐藤剛(一級建築士事務所A-SA工房)
 コラボショップ:ACME

南部健太郎+久保緑子(Ar.K一級建築士事務所)
コラボショップ:Blackboard

古川明久(スペースクルーズ一級建築士事務所)
 コラボショップ:インテリアファクトリールドファン

松田泰寛+米谷早苗(A.D.O一級建築士事務所)
 コラボショップ:Karf

道田淳(エイトエフェクト一級建築士事務所)
 コラボショップ:FILE

光本直人+濱名直子(miha design)
 コラボショップ:NO NAME PARISH

山口賢+丸橋浩(アマテラス都市建築設計)
 コラボショップ:souks


2013年11月 7日

一流をめざす! ~マネージメント講座~

10月31日(木)、大和小田急建設株式会社の顧問である高村義明先生に、インテリアデザイン科2年生を対象としたマネージメントの講義をしていただきました。

201310_1.jpg▲高村先生の豊富な経験をお話いただきます!


高村先生は、大学卒業後、大和団地株式会社へ入社。取締役、常務、専務を務められ、大和ハウス工業株式会社常務、大和リース株式会社代表取締役会長を経て、2008年、小田急建設株式会社の社長に就任。同年、社名を大和小田急建設株式会社に変更されました。

 
大和小田急建設株式会社は、新宿にある商業ビルFlags(フラッグス)や小田急サザンテラスをはじめ、数多くの商業ビルや施設などを手がけている東証一部上場企業です。


201310_2.jpg▲一体どんなお話が始まるのでしょう!期待が高まります。


高村先生は、今は当たり前となった住宅ローンの原型を考案。また、石川県能登半島の辺鄙(へんぴ)な土地にゴルフ場を開発して地域の発展に寄与されるなど、そのアイデアで集客の苦難を乗り越えられたそうです。

どうやってアイデアが生まれたのか、どのように苦難を乗り越えたのか、穏やかな口調の中にも熱意を感じます。

201310_3.jpg▲キーワードは、やる気!

仕事の成果は、能力とやる気を掛けあわせて生まれるもの。どちらか一方が0(ゼロ)になると成果は出ない。負けたくない野心、やり遂げる気持ちが道を切り開くとお話される高村先生。
持って生まれた能力より、経験とやる気で成果が生まれるということなのですね!

最後に、社会人経験がある学生から高村先生への質問!

201310_4.jpg▲質問は、「やる気にむらがあります。どうしたらよいでしょうか?」

自分にもむらはあり、うまくコントロールすることが大事。数字の目標を設定し、達成を自分で認識する。目標に近づいていると実感することがモチベーションを保つコツだとお話される高村先生。
早速、実践ですね!

さらに、学生から高村先生に難問です。「北極で氷を販売するとしたらどうしますか?」

みなさんなら、どうします?????

201310_5.jpg▲ひるむことなく「北極にはない氷を売る」と高村先生。
学生たちは、どんな氷か興味津々に聞き入ります。

お話を伺って、更なる意欲を得た学生たち。一流をめざして、がんばってください!!


大和団地株式会社(大和ハウス工業資本の、かつて存在した不動産開発会社)
大和ハウス工業株式会社
大和小田急建設株式会社
Flags
小田急サザンテラス
小田急グループ

2013年11月11日

未来の建築士!

ICSでは2級建築士合格対策のために、資格指導のエキスパートである総合資格学院さんとコラボレーションして、学内講座を開催しています。


20131106_1.jpg▲来年の受験に向けて今からコツコツ勉強です。


本番の試験は、学科試験と設計製図試験に分けて行われます。
7月に学科試験を受験し合格すると、9月に実施される設計製図試験への受験が可能。
2つの試験に合格すれば、晴れて免許取得です!


20131106_2.jpg▲本日の講義は「建築計画」


昨年度の受講生は全員、学科試験を見事に合格!学科試験の合格率はなんと100%!

今年の受講生も、昨年の先輩方に負けないよう、全員合格を目指しています!


現在、建築士の資格保有者の約6割が60歳代なのだそうです。
この世代が退職すると有資格者が激減するため、企業は危機感を持っているそう。
さらに、7年後の2020年に東京オリンピックの開催が決まったことから、建築工事の増加に伴い、有資格者はますます必要とされると言われています。


希望の仕事に就くために!

これからの日本のために!

2級建築士資格取得をめざしている学生たち、ファイト!!


総合資格学院http://www.shikaku.co.jp/

2013年11月12日

マナー講座

11月7日(木)、インテリアデザイン科2年生を対象に、企業研修マナー講座が開催されました。
インテリアデザイン科2年生は、今月末から約5週間インテリア関連企業へ企業研修に出ます。
在学中に5週間もの期間をかけて社会を知る。
ICSで昔から続いている、大きな特長のカリキュラム。


これから企業研修に出る学生たちは、この講座でビジネスマナーを習得します。社会人になる前に押さえておきたい、大事なものですね。


20131107_1.jpg▲よろしくお願いいたします!

講師は、株式会社Tree of Gems(ツリーオブジェムズ)の今村道子先生。

20131107_2.jpg▲日本航空株式会社で国際線客室乗務員を退職後、JALアカデミー株式会社で17年間マナーとコミュニケーションの研修や講演をされてきた、大ベテランの先生です!

まずは、企業研修を受けるための意識や行動の確認です。

20131107_3.jpg▲自分以外はすべてお客さま!気持ちを変えると言動が変わってくるはず。


電話応対の研修です。電話は声だけのコミュニケーション。相手の顔が見えないからこそ、声の質に気を遣います。まずは発声の練習。

20131107_4.jpg▲おあやや ははおやに おあやまり ははおやは おあやを おあわれみ...
みなさん、間違えずに言えますか?


20131107_5.jpg▲2人でお互いの発声を確認。

20131107_6.jpg▲発声の素晴らしいこと!まるでアナウンサー!


続いて、電話を取り次ぐ練習です。外出中、離席中、電話中...様々な応対の練習です。

20131107_7.jpg▲練習では、実際に自分が研修する企業名を名乗ります。働くイメージが湧いてきますね。


次は、名刺交換の練習。実際の名刺を使い、名刺交換の体験。

20131107_8.jpg▲教えていただいたポイントをしっかり押さえて名刺交換。様になっていますね!

20131107_9.jpg▲研修先で自己紹介をする時、ドギマギしませんように!


企業研修マナー講座を終えて、社会に出る準備は整ったかな!?
今村先生、どうもありがとうございました!

20131107_10.jpg▲美しいお辞儀。はじめとは見違えるほど!


今回学んだ事を活かして、いってらっしゃい!
企業研修でたくさんのことを体験して、ひと回りもふた回りも成長してきてくださいね。


株式会社Tree of Gems(ツリーオブジェムズ)
http://www.tree-of-gems.com/

2013年11月13日

インテリアの最先端!

最先端のインテリアを紹介する「IFFT/インテリアライフスタイルリビング」が11月6日(水)から8日(金)まで、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催されました。

インテリアアイテム、インテリア素材が国内外から多数出展され、ライフスタイルをトータルに提案するインテリアデザインの総合見本市です。

20131108_1.JPG▲会場は東京ビッグサイト(東京国際展示場)。佐藤総合計画の1995年建築。建築業協会賞 特別賞、日本照明賞を受賞しています。

ICSの出展は、今年で22回目。展示ブースのデザインから施工までを学生が行ない、学生作品が多数展示されました。

多くの方々にICSの展示ブースをご覧いただきたい!・・・のですが、この「IFFT/インテリアライフスタイルリビング」は商談を目的とするビジネス向け見本市のため、残念ながら一般公開はされていないイベントなのです。

そこで今回は、学生がカリキュラムの一環で見学に訪れた一面を、レポートします!
会期最終日の11月8日(金)、インテリアマイスター科1年生と2年生が会場に集合。ICSの展示ブースは、彼らの手で作り上げられました!

20131108_2.JPG▲家具作りのうえで、無くてはならない素材がたくさん見られる良い機会だと、田村先生。

20131108_3.JPG▲広い会場の回り方や、見るべきポイントについて「会場全体の大きさを把握するために、まずはざっと回り、その後細かく見ること」とは、細川先生からのアドバイス。


見学後、学生たちに出されたレポート課題のテーマは「トレンドを読む」
そして、出展329社の中から、自分なりの1等賞を決めること。


インテリアマイスター科の学生はどのようにトレンドを読み、どの展示を1等賞に選んだのでしょう!?


会場内には、株式会社マカロニデザインの展示ブースもありました。
ICSの非常勤講師 野崎 義嗣先生が代表を務める、家具デザイン・制作の会社です!

20131108_4.JPG▲椅子に腰掛けるのは野崎先生。インテリアにマッチしていて、雑誌の1ページのようです。学生へのメッセージは「遊びも課題も好きなことを沢山して、体験量を増やして」

次回はICSの展示ブースをデザインした、インテリアデザイン科3年生 園田 正裕君のインタビューをお伝えいたします!インテリアデザインへの熱い想い、インテリアデザインを志す方々へ将来のヒントになる話などなど・・・。話題は盛りだくさんです。

どうぞお楽しみに!

2013年11月25日

はばたけ!未来のデザイナー

先日ご紹介したインテリアデザインの総合見本市「IFFT/インテリアライフスタイルリビング」。今回はその続編です!ICS展示ブースとともに展示ブースをデザインした学生インタビューをご紹介いたします。

20131108b_1.JPG
▲展示ブースには、ICSの学生作品が並びます。


20131108b_2.JPG
▲校名看板のまわりに装飾されていた、厚みやサイズもさまざまな木材。これらの木材は、実はたくさんの思い出が詰まっているものなんです。
ICSが創立50周年を迎えるにあたり、学生が使用していた机をリニューアルしました。その際、これまで使用していた机の天板を廃棄せずに再利用したものです。デザインと向き合い、葛藤し・・・多くの学生の喜怒哀楽を見つめてきた机が、この展示ブースでICSの校名を飾ってくれています。中には見覚えのある落書きも・・・!?


20131108b_3.JPG
▲イベントへの来場者はなんと約20,000人!ICSの展示ブースもたくさんの方々にご覧いただきました。

20131108b_4.JPG
▲熱心に作品を見学して下さっています。インテリア業界の方に作品を見ていただくことは学生にとっても励みになりますね!


この展示ブースはICSの学生が作り上げたもの。インテリアデザイン科3年生の園田 正裕君、2年生の高橋 亜由美さん、北野 由さんがデザインし、インテリアマイスター科の学生が施工しました。インテリアマイスター科ブログもぜひ見てください!

20131108b_5.JPG
▲デザインを担当した園田君をちょうど会場で発見。お話を聞かせてください!

20131108b_6.JPG
▲「柱の太さには意味があります。これ以上細いと曲がってしまう」と園田君。試行錯誤の上にたどり着いた太さだとか。

20131108b_7.JPG
▲クロッキー帳には展示ブースに用いた、木材の凹凸を組み合わせてつなげる日本の伝統技法のスケッチがいっぱい。


<園田君インタビュー>

──園田君の将来の夢は何ですか。
この3年間学んできたインテリアデザインを活かしながら、将来は建築の仕事にも携わりたいと思っています。
プロダクトデザインのように手に収まるサイズのものを扱う仕事も経験して、少しずつ大きなものを扱う仕事をしたいです。

──そのように考えるようになったのは、なぜでしょうか。
自分が好きなファッション、カメラ、キャンプを通して、気持ち良いものこそ人の心に届くんだと、感じるようになりました。
僕が手掛けたものから「気持ちよい」と思っていただけるものづくりをするために、まずは日常生活の中にある身近なものから僕自身が気持ち良いと感じるデザインを追求することから始めたいと思うようになりました。少しずつその範囲を広げながら、ステップを進んでいくことが大事だと考えています。

──この展示ブース制作に携わってどうでしたか。
展示ブースでやってみたいことはたくさんありました。でも実際に形にしようとすると不可能なことも多い。自分のやりたいことと形に出来ること。みんなで何度も話し合いながら作業を進めました。
一人だけでは何もできないこと、だからこそ周りの人とのコミュニケーションが大切なのだと気付きました。

──ICSでの経験はどうでしたか。
ICSでは、講師の作品やアイデアにたくさん出会う中で自分の考えが磨かれていったと感じています。
5週間の企業研修では、ものづくりの仕事に携わることができました。
それまでは構想することばかりを考えてきましたが、この研修をきっかけに、構想を実現するためにどうするかを考えるようになりました。
構想が形になるまで、関わるたくさんの人々を繋ぐ仕事が、インテリアデザイナーなのだと思います。

語り方は物静かでありながら、一本筋の通ったまっすぐな考え方を持っている園田君。人を惹きつける魅力の持ち主でした。
卒業後は、企業研修でお世話になったインテリアデザイン事務所に就職する予定とのこと。これからの活躍に期待しています!園田君ありがとう!

2013年11月28日

学年の壁を越えたチーム

秋も深まり日増しに寒さが加わってきた11月21日(木)。インテリアデザイン科の全学年が教室に集合しました。外とは対照的に教室は熱気があふれています。これから3年生の卒業研究中間発表。1・2年生に向けて行ないます。

20131121_1.JPG
▲卒業研究は、真剣勝負の課題!これまでの集大成です。発表する側も、聞く側にも熱が入ります。

なぜ1・2年生に向けて行なわれるのでしょう?
ICSには、3年生で取り組む卒業研究の一部を1・2年生数名とチームを組んで「ワークショップ」を行なう縦割りのカリキュラムがあります。

インテリアデザイン科の教育目標は、1年生は基礎。2年生は実践。3年生は発信。このステップを踏んで、社会に向けて発信できる人材を育成しています。

このワークショップでは、1年生は2年生に向けてさらにスキルアップするため。
2年生は、来年の卒業研究に向けて3年生の手本を見てテクニックを習得するため。
3年生は、1・2年生に卒業研究を手伝ってもらうため、学年を越えて協力し合いながら作業を行ないます。
この経験を経て、学生たちは互いに成長します。ICSの誇るべきカリキュラムの1つです。

今回の中間発表は、ワークショップのチームを決めるために行われるものです。1・2年生は3年生の発表を聞いて、「卒業研究を手伝いたい!」と思える先輩を選びます。

20131121_2.JPG
▲3年生は自分が取り組む卒業研究作品をしっかりPRして、チームを組む1・2年生を集めなくてはなりません!卒業研究に選んだ土地の面積、建ぺい率、建築物の特徴からコンセプトまでを3分にまとめて説明します。

20131121_3.JPG
▲2年生で取り組んだ卒業論文の内容も含めた二階建て構造の作品に取り掛かる学生もいます。時間をかけている分、内容にも深みが増します。

20131121_4.JPG
▲どの先輩のお手伝いがしたいか、真剣に聞いて見極めます。自分自身が大きく成長するためのチャンスでもありますからね!

20131121_5.JPG
▲細かくメモをとって、じっくり考えるのかな?」

20131121_6.JPG
▲このように、3年生からサインをもらってエントリーします。お目当ての先輩がみつかったようですね!

インテリアデザイン科のワークショップは、来年1月27日(月)から2月4日(火)の間、実施されます。どのようなチームが組まれるのか、今から楽しみです。

卒業に向けて、学年の壁を越えた仲間同士の熱いワークショップ。みなさんもどうぞ見学にいらして下さいね!

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

About 2013年11月

2013年11月にブログ「スクールライフ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年10月です。

次のアーカイブは2013年12月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。