スクールライフ

« 2013年5月 | メイン | 2013年7月 »

2013年6月 アーカイブ

2013年6月20日

[気づく]に気づく!

2013年6月14日、千葉県立市川工業高等学校インテリア科3年生のデザインコースに所属する生徒さんたちに向けて、ICSでも主要の指導方法である「チュートリアル授業」を実施してきました!

デザインコースのみなさんは、この夏に提出期限を迎える「全国高等学校デザイン選手権大会(通称:デザセン)」に作品を提出すべく、取り組んでいる真っ只中。
今回は生徒さんたちの考えを聞きながら、チュートリアル授業を経て、より柔軟な視点で作品制作に取り組んでもらおうという趣旨です。


▼まずは各チームごとに、現時点での作品案についてプレゼンテーション!

0614_1 (2).jpg

↑ Aチームのみなさん


0614_2 (480x360).jpg

↑ Bチームのみなさん


0614_3(3) (480x360).jpg

↑ Cチームのみなさん


▼今回、チューターとして参加してくれたのは、ICSでデザインと理論の授業を担当している細川先生と佐々木先生。デザインコースのみなさんのプレゼンテーションを、真剣に聞いています。


0614_8 (480x360).jpg

作品のアイディアを生み出すために、まず着手したことは、[社会や暮らしの中から見つけた問題点]をたくさん掲げること。
当たり前のように通り過ぎてしまう通学路にも、たくさんの[気づき]が落ちていたようですね!



▼改めて・・・[デザセン]のコンセプト!
0614_5 (2) (480x360).jpg


デザインコースのみなさんが気づいた、たくさんの問題点。
それらの問題を、「ダメ!」と否定して解決策を見出すのではなく、解決につながるデザインをポジティブな発想で生み出す。

デザセンのコンセプト[高校生のデザインが、世界を面白くする]を、もう一度再認識してから続けます!

 

▼いよいよチュートリアル授業、本番です!!


0614_4 (480x360).jpg

↑ Aチームに投げかけをする佐々木先生

  0614_5 (480x360).jpg

↑ 細川先生の投げかけに、自分たちの考えを述べてくれるBチーム

 

0614_9 (480x360).jpg

↑ 二人の先生から出たアドバイスを、しっかりメモ・メモ・メモのCチーム


▼デザインコースのみなさんから出てきた、気になるキーワードに対して、二人の先生が様々な角度で刺 激を与えていきます。真剣な眼差し!!!
0614_10 (480x360).jpg


▼授業時間も終わりに近づき、最後の講評です。デザインコースのみなさんも、とても真剣に耳を傾けてくれています。奥にいらっしゃるのは、デザインコースをご担当されている金子先生。真剣です!!

0614_11 (480x360) (2).jpg


0614_12 (480x360).jpg

いつもの日常の中から、何かに「気づく」こと。
その「気づき」から、何かを生み出すこと。

デザインの手掛かりは、あちこちから拾えるものなのですね!!

デザインコースのみなさん、本番の提出に向けて、頑張ってください!!

目指せ、入賞!!!




広報課・佐藤

2013年6月19日

提出前の教室(模型で一杯)

デザイン科の2年生が「物販・ブランディング」のデザインをしています。

kokuban_1.jpg

スタジオに入ってみました。黒板にはシンプルな記載!!

映像が乱れていますが「臨場感ありです。」

教室はかなり広いのですが作品たちが目一杯広がっています。

*田中君は希望があったのでクローズアップしました。

まだプレゼ前の作品達です。

buppan.jpg  

かっこいいオリジナルデザインの物販ショーケース(模型)です。とても工夫がなされています。

全体に結構よいレベルです。(学校で作業している学生は優秀ですね。)

プレゼンテーションが楽しみです。(大村記)

2013年6月18日

6月13日 卒業生ガイダンス[未来予想図Ⅱ]

シトシトと梅雨時期らしい雨が降る中、2名の卒業生をお招きしました。
将来について、いろいろな迷いや不安を抱いている在校生に向けて、業界で活躍している先輩から経験談やアドバイスをお話いただく企画「卒業生ガイダンス[未来予想図Ⅱ]」に講演者としてご参加いただくためです。

 

 ■伊東 裕さん@[SOL Style]
2003年度インテリアデザイン科を卒業した伊東 裕(いとう ゆう)さんは、2004年度インテリアデザイン科卒業の劔持 良美(けんもつ よしみ)さんと一緒に、2009年に[SOL Style]を設立しました。
ICSを卒業してからの10年間、デザイン業界で多岐に渡る活躍ぶりを発揮、有名ブランド等の仕事も数々こなしていらした経験豊富なデザイナーです。

0613_ito (480x319).jpg

伊東さんから、これまで手掛けた作品についての説明がなされると、完成度の素晴らしさに在校生から何度も感嘆の声が上がりました。

最後に、伊東さんから在校生へ向けて奮い立たせる一言!
「ICSの卒業生は、なんでもできる!」

とても感動的な一場面でした。


■張 棋敦さん@株式会社 メック・デザイン・インターナショナル
張 棋敦さんは、2009年度インテリアデコレーション科卒業。昔は不良少年だったそうですが...今では想像するのも難しいくらい、立派な社会人です。
スポーツ選手を目指していましたが、夢やぶれ、人生まであきらめかけていた時、第二の人生を切り開こう!と決心し、来日しました。
日本語の勉強から始め、運命的にICSに入学。デザインの基礎はまったくなく、「線一つ」からじっくり学びました。張さん自身の努力の結果、たった5年という期間で、第一線の土俵にあがりました。現在、三菱地所グループの株式会社 メック・デザイン・インターナショナルにて、環境デザイン部のデザイナーとして活躍されています。

0613_cho (480x319).jpg

波乱万丈の過去をものともせず、現在の成功につなげた張さん。在校生にとても強い感動を与えてくれました!


自分たちと同じ環境から、大きく足を踏み出した先輩方の言葉が、在校生の心に深く響いたようです。

今回のガイダンスは大成功!!

伊東さん、張さん、どうもありがとうございました!
これからも、お二人のように立派な卒業生を輩出するICSであり続けるよう、がんばります!
そしてまた、卒業生のみなさまにご講演いただけることを、楽しみにしております。



キャリアセンター・李

2013年6月15日

伝えることの大切さ。

2013年6月13日、千葉県立市川工業高等学校で行われた[進路ガイダンス]。
就職や進学という高校卒業後の進路選択に向けて、本格的に取り組む3年生のみなさん。このガイダンスでは、同校の卒業生である先輩方から、経験談を踏まえたお話を伺うという内容でした。

同校を卒業し、ICSへ入学。卒業後は独立し、インテリアデザインのみならず、多岐に渡るデザインの場で活躍を見せてくれている上野伸彦くん。
「先輩の代表として参加する」との話を聞きつけ、聴講側で参加させていただきました!

自分が手掛けた現場の写真を映し出し、当時の苦労話や裏話を混ぜ合わせながら、インテリアデザインの面白みについて講義する上野くん。

0613_4.jpg

0613_3 (480x360).jpg

後輩のみなさんからの質問に対し、丁寧に答える上野くん。

0613_5 (480x360).jpg

上野くんの両サイドに座っておられる女性の方々も、みなさん同校の卒業生。
社会に出て大事なことは、[納期管理][勤怠管理][コミュニケーション力]そして、[最低限のモラルとマナー]。このキーワードは高校生のみなさんにはズシッと響いたことでしょう!

0613_7.jpg

先輩から後輩へ、実体験を活かしたメッセージの伝授。
しっかり噛み締めて、高校生のみなさんの頑張りに繋がっていくことでしょう!

ガイダンス終了後、細川先生との記念写真。
肩の荷が降りたのか、上野くん最高(?)の表情です。

0613_1 (480x360).jpg

上野くんは[未来透視図]という事務所を立ち上げ、日々奮闘中!
活躍ぶりを覗いてあげてくださいね!

▼未来透視図 公式facebookページ

http://ja-jp.facebook.com/Miraitohshizu



上野くん、お疲れ様!!


広報課・佐藤

2013年6月12日

フランスの大学生とのワークショップ作品

そろそろロビーの作品展示が変更になるのですが3月に行われ、校外で展示されたワークショップの作品すばらしいので紹介しておきます。

sby3.jpg

借景(しゃっけい)はとても日本的な感性ですね。

廃止になった東急の渋谷駅を使っての課題のようでした。

sby2.jpg

模型も結構すごいです。 sby1.jpg

鉄道模型のマニアにもアピールしそうな模型です。

sby4.jpg

他のグループの作品もなかなかすばらしいです。もう少しでこの点が変わります。興味有る方はぜひ今のうちにご覧下さい。(大村記)

住宅建築賞受賞

佐々木高之先生の事務所(株)アラキ+ササキアーキテクツで「2013年度の住宅建築賞:一般社団法人 東京建築士会」を受賞しました。

skai.jpg

ssken2.jpg

審査員の投票内容まで講評されています。佐々木先生の事務所は最高得点の2作品に入っていました。審査風景も公開されています。

sskken.jpg

西沢立衛・藤本 壮介先生方のコメントが添えられています。

今日の佐々木先生の授業風景です。(DECO1の理論チュートリアル中でした。

sski_3.jpg

右の奥で頭を抱えているのが佐々木先生です。発表内容に問題あり?

1人1人の発表に丁寧のコメントを添え進行していました。(発表になれてない学生にとっては結構ドキドキものでしょう。)緊張感有る授業でした。(大村記)

2013年6月11日

台湾の現地説明会『日本ART&DESIGN 教育交流展』!

2013年5月28日~30日に台湾の高雄と台南で実施された、『日本ART&DESIGN 教育交流展』にICSも参加してきました! 現地の気温は35度!! 出発した時の日本の気温は22度…。かなりの気温差にビックリ!!!

2013年5月28日~30日ICS參加了在台灣高雄和台南舉辦的「日本ART&DESIGN教育交流展」!當地氣溫35度,而出發時日本的氣溫只有22度,溫度差著實讓人大吃一驚!


taiwan_setsumeikai_1.jpg

taiwan_setsumeikai_2.jpg

 

「高苑科技大學」「南台科技大學」「國立高雄第一科技大學」の3大学内で開催された、『日本ART&DESIGN 教育交流展』。たくさんの学生さんたちが集まってくれました! 中には日本語をとても上手に話せる学生さんも多勢いらっしゃいました。

「日本ART&DESIGN教育交流展」在高苑科技大學、南台科技大學、國力高雄第一科技大學三所大學內舉辦。參加展覽的學生人數眾多,其中日文非常流利的學生也來了不少喔。

taiwan_setsumeikai_3.jpg

taiwan_setsumeikai_4.jpg



ICSのブースにも、模型制作に参加してくれた学生さんや、じっくり相談をしに来てくれた学生さんなど、たくさんの方々に訪れていただきました!

ICS的展區也來了很多學生朋友,來參加模型製作體驗或是與擔當教師促膝長談。

taiwan_setsumeikai_5.jpg

taiwan_setsumeikai_6.jpg

taiwan_setsumeikai_7.jpg



私たちは日本語しか話せないので、今、台湾で頑張っている2名のICS卒業生に手伝ってもらいました。やっぱり、実際に経験した先輩からのアドバイスが一番ですね! 王さん、蘇くん、ありがとう!!

因為我們除了日文不會講其它語言,所以我們找來了目前在台灣工作的兩位ICS畢業生來幫忙。果然還是有工作經驗的前輩說出的建議讓人更加信服呢!王桑、蘇桑,謝謝你們!

2013年3月卒業生の王 慧慈さん。とても親身に説明してくれて、相談している学生さんも安心しているようでした。

2013年3月畢業的王慧慈,用親身經歷向諮詢者親切的說明解答,讓每一位前來諮詢的學生都感到安心滿意。

taiwan_setsumeikai_8.jpg

 

2011年3月卒業生の蘇 勇丞くん。開催時間は仕事を休んで手伝ってくれました。フェア終了後には、また仕事に戻ることに…。台湾の設計事務所も、とても忙しいようです。

2011年3月畢業的蘇勇丞,為了幫助我們特地請假前來,展覽結束後又匆匆忙忙趕回去上班。看來台灣的設計事務所也非常忙碌!

taiwan_setsumeikai_9.jpg

 

今回出会えた台湾の学生さんたちは、みなさん笑顔が素敵で温かくて、とても充実した時間を過ごさせていただきました。たくさんの方々と交流できたこと、とても嬉しく思っています。
またいつか、お会いしましょう!! ICSにも遊びに来てくださいね!!

這次遇到的台灣學生朋友們,每一位都笑容滿面非常親切,我們也度過了非常充實的3天。能夠跟這麼多朋友交流,讓我們感到非常欣慰。希望不久的將來能夠與大家再次相見!也請大家有機會到ICS來玩喔!

taiwan_setsumeikai_10.jpg  

広報課:佐藤紀子

2013年6月 6日

中学生が訪問してくれました!

本日6月6日(木)10:30~11:30に愛知県豊川市立西部中学校の生徒さん
(3年生)9名が訪問してくれました。

彼らは修学旅行の一環の『企業訪問活動」としてICSを選んでくれたとか…。
9名全員が『デザイン』に興味を持っている生徒さんです。

まずは、ICSの体験入学でおなじみの「G・Tリートフェルト」のレッド&ブルーチェア
の模型(白木バージョン:レアもの?)を田村先生指導の元、製作に挑戦です!

seisaku_1.JPG

seisaku_2.JPG  
もうすぐ完成!

suwaru.JPG
完成後には、実物のレッド&ブルーチェアの座り心地も体験!!
……………...意外と座り心地がいいんですね!!


模型製作に続いては、田村先生から椅子についてのミニレクチャーです。
recture.JPG
デザイン、加工方法、リ・デザイン、構造 等々、とても解りやすい解説に生徒さん達は
皆感心した様子でした。

kansou_1.JPG
田村先生自慢の玄能(自分で柄を仕込んだという自慢の逸品)をマイク代わりに本日の
感想を述べてくれました。
本日の体験が、皆さんの将来の何らかの指針になってくれれば幸いです。

shugoushashin_2.JPG
最後に模型を持って記念撮影。
この後はディズニーランドへ向かうとのこと。楽しみですね!



 

2013年6月 4日

ICSの学校案内パンフレットが、「第34回2013日本BtoB広告賞」の銀賞を受賞しました!

http://www.bbaa.or.jp/jigyo/sogo/2013sogof.html

上記は「第34回2013日本BtoB広告賞」の入選結果発表のURLです。

「企業カタログ、学校案内・営業案内の部」の銀賞をICSの学校案内パンフレットが受賞しました!

ICSの学校案内パンフレットを制作した株式会社プライムゲートアドバタイジングの大谷氏と広告協会の会長(フジテレビ会長)の日枝氏の記念写真です。

  kinen.jpg

会長は現在の日本を元気にする活動に「広告」の役割が大きいと力説されており、ICSの受賞記念写真も好意的に応じてくださいました。

BtoBhieda_2.jpg

受賞の様子です。

zysyou.jpg  

受賞者の紹介ではクライアントである「ICS」と制作会社の株式会社プライムゲートアドバタイジングが紹介されました。

gamen.jpg

わかりますか? 銀賞にICSの名前が・・・。

いただいたトロフィーは、現在、学長室に飾ってあります。

身近なもののデザインが評価されたことは、ICSとして、さらに学生のデザイン環境作りに繋げていきたいです。(大村記)

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

About 2013年6月

2013年6月にブログ「スクールライフ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年7月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。