スクールライフ

« ロウカ・ファニチャー | メイン | 照明講座のフォロー »

『マネージメント講座』地域開発論「ららぽーと」「東京ディズニーランド」誕生物語。

インテリア、建築、家具業界などで活躍されている企業の経営者の方々をお招きして開催されるICS教育の特長的な授業『マネージメント講座』。

 

去る1018日(木)は、三井共同建設コンサルタント株式会社・代表取締役副社長、(三井不動産グループ)株式会社キャニー・代表取締役会長、三井ホーム株式会社・専務取締役、三井ホーム栃木株式会社(旧 栃木中央ホーム株式会社)・代表取締役社長などを歴任され、さまざまな分野でご活躍されている布瀬川 集(ふせがわ・しゅう)氏をお招きして開催されました。

 

「その施設や町を愛し理解してもらうには、施設や町の成り立ちを知ってもらった方がいい」と、現在は、桜美林大学・北東アジア総合研究所・客員教授として教鞭を執られている布瀬川氏のこの日の講義テーマは、地域開発論「ららぽーと」「東京ディズニーランド」誕生物語。

 

「東京ディズニーランド」の建設には、千葉県浦安市のほかにも、神奈川県横浜市や川崎市、静岡県清水市や御殿場市などの候補地があったことや、建設地となった浦安市の歴史とともに近代都市への変遷(へんせん)などをご紹介いただきました。 驚く

 

さらに、常に増床を続けながらテナントを入れ替え、ショッピングセンターからアウトレットモールへと形態を変えてきた「ららぽーと」。新しい魅力的な企画を矢継ぎ早に打ち出し、リピーターをも新規のゲストにしてしまう「東京ディズニーランド」を例に、人を惹(ひ)きつけ長く愛される施設の秘訣が「施設の更新」であることをレクチャー。

 

布瀬川氏の経営を視点とした講義に、ICSの学生たちは真剣に聞き入っていました。

 

布瀬川先生、貴重な講義をしていただき、ありがとうございました。 笑顔

 

 

management_10.18_2.jpg

人を惹きつけ長く愛される施設の秘訣が「施設の更新」であることをレクチャーされる布瀬川氏。

 

 

management_10.18_1.jpg

布瀬川氏の経営を視点とした講義に、真剣に聞き入るICSの学生たち。

 

 

2016年4月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

About

2012年11月14日 10:45に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「ロウカ・ファニチャー」です。

次の投稿は「照明講座のフォロー」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。