スクールライフ

« 2012年9月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月 アーカイブ

2012年10月19日

ビックサイトで開催された『IFFT/インテリア ライフスタイル リビング』に参加してきました!

『IFFT/インテリア ライフスタイル リビング』。

ICSは、例年通り、今年も学生中心の作業で参加しています。

今年は、中央工学校など他の学校も参加し、プロの製品を見るのと違う興味をもって回ることが出来ました。

(過去には、家具職人を目指す学校も参加していたのですが…)

本日は最終日。平日でしたが、多くの卒業生と会うことが出来ました。

(土日も開催され、一般にも解放されると良いのですが・・・)

さすがに、卒業して20年この世界で働いている人は風格があり、プロとして尊敬できる言動でした。

また、昨年卒業した人は、すでに懐かしい思いです。

年々ですが、卒業生がデザイナーとして出展する数が多くなり、うれしいしだいです。

さて、今年のブースは専門誌からの取材を受けたとのこと、掲載されるのが楽しみです。

その様子です。

121019.jpg

121019-2.jpg

気持ち、昨年より人の数が少なく感じました。


今年のブースデザインのバックです。ちょっとした工夫がなされています。

121019-1.jpg

パネル裏に、はしごが隠されていました。会場からは全く見えません。やりますね!

この気配りは大切ですね。

(大村記)



ICS卒業生を迎えて『キャリアサポート講座』が開催されました!

インテリア、建築、家具業界などで活躍されている企業の方々をお招きして開催されるICS教育の特長的な授業『キャリアサポート講座』。

10月4日(木)には、先日、このブログにてご紹介したIDC大塚家具様に引き続き、ICS卒業生の株式会社 マカロニデザイン・代表取締役 野﨑義嗣(のざき・よしつぐ)氏と有限会社 upsetters architect・取締役 茨田督大(ばらだ・とくひろ)氏を迎えて開催されました。


はじめに、注文家具、店舗什器、オリジナル商品などの木製家具のデザイン、製作、取り付け、販売、修理から日用雑貨の企画、デザイン、販売などまでを手がけられるマカロニデザインの野﨑義嗣氏。

ICS卒業後に国内の木工会社にて8年半あまり家具職人として勤務された後、マイスターの国、ドイツへ腕試しに。

「お金はいらないので、ここで働かせてください」と頼み込み、家具工房で修業を始められます。

「懸命にがんばっているうちに、技術が身につき、仕事を任される幅が広がり、自分の居場所ができて自然と受け入れてもらえていった」と語る野﨑氏。

2008年に独立してマカロニデザインを設立されるまで、日本、ドイツ、デンマークと、じつに12年もの職人経験を積まれます。

「学生のうちに知識の幅を広げて、卒業するまでに自分のやりたいことは “これだ” というものを見つけてください」と、ICSの後輩たちにアドバイスをいただきました。


▼野﨑義嗣氏のドイツでの研修レポートをご覧いただけます!
http://www.japandesign.ne.jp/HTM/REPORT/meister/

▼株式会社 マカロニデザインのウェブサイトはコチラ
http://www.macaroni-design.com/


nozaki_yoshitsugu_480pixel_1.jpg

2008年に独立してマカロニデザインを設立されるまで、日本、ドイツ、デンマークと、じつに12年もの職人経験を積まれた野﨑義嗣氏。ICSの非常勤講師も務められています。



続いて、「都市を観察し風景を再構築する」をコンセプトに、建築、インテリア、イベントなど、都市のアクティビティに関わること全般をデザイン対象として分野を横断して活動を続けるupsetters architectの茨田督大氏。

東京農業大学の林学部で森や木について学ばれた後、ICSに入学。在学中から飲食店のインテリアデザインの仕事に積極的にチャレンジされます。

ICS卒業後も、個人で仕事を請け負われていましたが、クライアント(依頼主)の視点や気持ちを知ることの必要性を感じ、不動産会社に就職して経験を蓄積。

不動産会社在職中の2006年に、同じICS卒業生などといっしょにupsetters architectを立ち上げ、これまでに7カ国、200件以上のプロジェクトを手がけられ、JCDデザイン賞金賞、グッドデザイン賞など多数の受賞をされています。

現在、ご活躍中の茨田氏ですが、ICS在学時に心残りが…。
「在学中から仕事を請け負っていたため、卒業制作が満足いくまでつくれなかったんです」

ご自身の教訓も含めて、課題やポートフォリオ(作品集)の完成度を上げる重要性をICS後輩たちにアドバイスをいただきました。

講義の締めくくりに、ICS後輩たちに向けて教えていただいた、世界的に著名な広告代理店ワイデン・アンド・ケネディ(Wieden+Kennedy)社の伝説のクリエイター、ジョン・C・ジェイ(John C Jay)氏の「これからの若いデザイナー達へ10のレッスン」をご紹介します。

----------

【これからの若いデザイナー達へ10のレッスン】

1.自分に正直でありなさい。君が持っている最大の資産は個性だ。ああしろ、こうしろという他者の言うことには耳を傾けるな。
2.他の誰よりも仕事に励(はげ)みなさい。努力は必ず報われる。
3.パソコンから離れ、生身の人間、本物の文化に触れなさい。これが人間の本質である。
4.技に磨きを掛ける事を怠(おこた)るな。思考の革新のみでは足らない。手先を動かしモノを作りさない。
5.可能な限り旅に出なさい。旅先で自分の無知を再認識するということは、とても謙虚(けんきょ)で刺激的な経験である。
6.現代社会は、テクノロジー率先で流行に翻弄(ほんろう)されやすい。しかし、その中でも、やはりオリジナリティは君臨する。
7.自分も、そうなりたくないのなら、愚(おろ)かな者の元で働くな。
8.本能。直感。己の力を信用する事を学びなさい。
9.黄金律(「おのれの欲するところを人に施(ほどこ)せ」)は真。善意に尽くせ。
10.例え他のすべてが失敗しようとも、「2」(の内容)を維持できれば、それは君のキャリアの最大のアドバンテージになるであろう。

ジョン・C・ジェイ

----------

野崎様、茨田様、ICS後輩たちへの貴重な講義、ありがとうございました!


▼upsetters architectのウェブサイトはコチラ
http://www.upsetters.jp/


barada_tokuhiro_480pixel_1.jpg

2006年に、同じICS卒業生などといっしょにupsetters architectを立ち上げ、これまでに7カ国、200件以上のプロジェクトを手がけられた茨田督大氏。


2012年10月15日

IDC大塚家具様をお招きして『キャリアサポート講座』が開催されました!

インテリア、建築、家具業界などで活躍されている企業の方々をお招きして開催されるICS教育の特長的な授業『キャリアサポート講座』。

10月4日(木)には、IDC大塚家具・執行役員広報部長 岩本修司氏と有明本社ショールーム店長 上野一郎氏をお招きして開催されました。

住まい手とインテリアの専門家が協力しインテリア空間を作り上げるための創造の場として、最新のインテリア情報とあらゆる家具・インテリアが一堂に集められた施設を意味するIDC「International Design Center(インターナショナル デザイン センター)」。

同社は、世界中から集めた商品コレクションと多くのインテリア専門家を擁する世界有数のデザインセンターとして、お客様の個性やライフスタイルにふさわしい生活空間を総合的にプロデュースされています。


この日の講義テーマは、「心を動かすインテリアビジネス」。 驚く


1969年の創業以来、総合インテリア企業として「ひとりひとりのお客様に合った、より豊かな住まいをご提供すること 」を使命とし、商品の価値(材料・つくり・デザイン)の良さを伝えることに徹してこられた同社の歴史に続き、家具の歴史、有明ショールームの魅力やデザイナーの紹介、営業という仕事のやりがい、働いていて本当によかったと感じた思い出などをご紹介いただきました。


「大塚家具さんは、家具専門と思っていましたが、客船の内装まで手がけていると知り、仕事の幅の広さに驚きました」

「90分で何週間分もの講義をしていただいた印象でした。 “楽しい仕事をしている” と胸を張って言えるようになりたいと思いました」

「『幸せ産業』という言葉に、すごく納得しました。小さな出会いを大切にすることで、大きなつながりになるなど、とてもためになるお話を聞けて良かったです」

「ものをつくる人がいて、さらにそれを売る人がいて、仕事が成り立っていることを改めて認識しました。勉強になりました」

「営業は『喋りの職人』という言葉がとても印象に残りました」

など、講義を受けた学生の感想からは、同社の企業現場の話が、いかに貴重であったかが伺えます。


「みなさんの中から有名なデザイナーが生まれたら、いつかきっとコラボレーションしましょう!」と笑顔で仰っていただいた岩本様、上野様、ありがとうございました。 笑顔

2016年11月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

About 2012年10月

2012年10月にブログ「スクールライフ」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2012年9月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。