[3]ICSで、学ぶ。【世界的な環境で学ぶインテリアデザイン】

3.GLOBAL ENVIRONMENT ICSで、学ぶ。在校生の30%以上が留学生。世界中からインテリアデザインを学びにきています。

世界的な環境で学ぶインテリアデザイン

これまでICSを卒業した学生は、世界30以上の国や地域。
現在は、じつに在校生の30%以上が、世界中からインテリアデザインを学びにきている留学生です。
世界中の留学生たちと同じ環境でインテリアデザインを学習できるのが、ICSの大きな特長の1つ。
さらに、海外の大学とのインターナショナル・コラボレーション・ワークショップも積極的に展開しています。
さまざまな国や地域から訪れた留学生たちの、さまざまなデザインのとらえ方や考え方にふれあう日々は、きっと、あなたに新鮮な驚きをもたらしてくれることでしょう。
このICSの世界的な環境での学びが、あなたの国際人としてのセンスを磨いてくれるのです。

これまでICSを卒業した学生の出身国と地域

これまでICSを卒業した学生の出身国と地域

  • アメリカ
    イギリス
    イスラエル
    イラン
    インドネシア
    ウクライナ
    カナダ
  • 韓国
    北朝鮮
    ケニア
    シンガポール
    スイス
    スペイン
    タイ
  • 台湾
    中国
    日本
    パキスタン
    パラグアイ
    フィジー
    フィリピン
  • ブラジル
    ベトナム
    ベラルーシ
    ペルー
    香港
    ポーランド
    ポルトガル
  • マカオ
    マレーシア
    ミャンマー
    モンゴル
    ロシア

※五十音順。国や地域名は略称。

海外の大学とのインターナショナル・コラボレーション・ワークショップ

  • 2006.3アメリカのニューメキシコ大学(The University of New Mexico:NMU)とのインターナショナル・コラボレーション・ワークショップ「パブリックデザイン」開催

    2007.3アメリカのニューメキシコ大学(The University of New Mexico:NMU)との第2回インターナショナル・コラボレーション・ワークショップ「都市砂漠における巣(Nesting in the Urban Desert)」開催

    2008.2・3東京とパリにてフランス・パリの建築大学エコール・スペシャル・アーキテクチュール(École Spéciale d'Architecture:ESA)とのインターナショナル・コラボレーション・ワークショップ「都市の再生」を開催

  • 2009.2・3東京とパリにてフランス・パリの建築大学エコール・スペシャル・アーキテクチュール(École Spéciale d'Architecture:ESA)との第2回インターナショナル・コラボレーション・ワークショップ「秋葉原およびパリ・シュヴァルレ駅周辺の再生」を開催

    2013.4フランス国立リール建築学校(Ecole Nationale Superieure d’Architecture et de Paysage de Lille:ENSAPL)とのインターナショナル・コラボレーション・ワークショップ「借景または借入れの風景」を開催

    2015.9台湾の大葉大學(Da Yeh University)とのインターナショナル・コラボレーション・ワークショップ「第11回ダイワハウスコンペティション」を開催

ピックアップコンテンツ

ピックアップニュース

一覧 RSS

入学関連情報

一覧 RSS

特別講義

一覧 RSS

学内の動き

一覧 RSS
  • ICSスマホサイト ICSのウェブサイトはスマートフォンからでもチェックできます
  • ICS携帯サイト ICSのウェブサイトは携帯電話からでもチェックできます
  • Apple on Campus 在校生・教職員専用